「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その11

『秀吉の台頭』

Sa-ko嬢とのお別れに、時間をとってしまいましたので、「ガラシャさんの娘」おろそかになっ

てしまいました。先に進めたいと思います。


石山は信長の相続人を取り決めた清須会議で、隣接する尼崎や伊丹を領する池田信輝の領地とさ

れた。

豊臣秀吉(1537-1598年)
to.豊臣秀吉

秀吉は柴田勝家を賤ケ岳で破ると、一気に北ノ庄(福井)まで柴田を追い詰めて自害させた。

岐阜城にはその頃、信長の倅の三七信孝が入っていて、信孝は柴田と手を結んでなにかと秀吉に

抗していたが、勝家が賤ケ岳で敗れると信孝のもとにいた家来たちは、くしの歯が抜けるように

逃げ、信孝もまた逃げた。

これで秀吉は美濃一国も支配下におさめた。

秀吉は池田信輝に石山を含む伊丹・攝津の所領を美濃大垣13万石と交換してもらえないかと持

ちかけ、二つ返事で受け入れて大垣に移った。

秀吉は9月に、石山に城、大坂城を築こうと普請にかかり、これを創建奉行として前野長康に命

じた。

秀吉は墨俣に一夜城を築城した。信長はそれを真似て、浅井長政の小谷城攻めに大規模な土木工

事を行って長堤を築いた。

これは実は、小谷城攻めにそれほどてこずっていると信玄に思わるためのジャスチャーで、つら

れて信玄が信長の背後を衝くべく遠州に姿を現したとき、信長は難なく兵を尾張に返した。

小谷城の包囲は秀吉の軍団だけで事足りている。

そうと知らされた信玄は尾張に兵を進めることができず、行く当てがなく、一帯をふらふらと彷

徨ことになったが、この小谷城攻めの長堤の構築を、今度は秀吉が真似て、三木の陣で大規模

土木工事を行い、大包囲網を築いて城を落とした。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170524


               <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「10歳を目の前にして」 その9

『元気に過ごせた8歳と9歳』

sa-ko嬢は、6歳、7歳に病院通いが続きましたが、症状が安定し元気に過ごすことができました。

2016年の年明けは、サッカーから始まりました。

1月1日
sa-ko 20160101

早春の館山ファミリーパークで、pigletと水入らずのデートです。

2月3日
sa-ko 20160203

ラブラブの2人です。

3月3日
sa-ko 20160303

早すぎるハロウィンの準備

9月9日
sa-ko 20160903

ハロウィンの準備完了

10月26日
sa-ko 20161026

やっとハロウィンがやってきました。

10月30日
sa-ko 20161030

sakuraとのお別れ

11月3日
sa-ko 20161103

悪ガキ、tiggerが浜松からやってきました。

12月2日
sa-ko 20161202

ボクは9年も一緒にいたので、悲しいです。

2017年5月1日
sa-ko 20170501

4月に入り食欲を落としていたので、「10歳オーバーまで頑張ろうネ」と励ましていましたが、

愛娘やsakuraが待つお月様に帰ってしまいました。

長年に渡り、みなさまに可愛がって戴いたことに感謝いたします。

残されたpigletは、sa-ko嬢が果せなかった10歳越えをするのだと頑張っていますので、期待

しております。

今後とも、pigletとtiggerの応援をよろしくお願い致します。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

『女城主・井伊直虎』 その18

『直親には子供がふたりいた』

「寛政重修諸家譜」では、直親(亀之丞)の子供は2人になっていて「女子」と「直政」とある。

女子は直政より先にあって、「母は某。家臣川手主水則が妻」と書かれています。

直虎 012

この女が、亀之丞が市田郷で塩沢氏の娘に生ませた子であった。

井伊家に残る記録では。直親の子供は直政以外にはこの女子ひとりです。

三遠南信交流誌「Ami」別冊「長野県高森町・静岡県引佐町歴史浪漫を未来にむけて」にはこんな

記事もあります。

「伝えるところによれば、亀之丞は島田村(現飯田市松尾)の代官塩沢氏の女との間に一子吉直を

もうけ、帰国の時に一振りの短刀を託した。吉直はこの地に留まり、母の実家塩沢家で養育された

が、数代の後、飯田城下大横町に出て麹屋を創業し、そこで旧姓・井伊氏を名乗り、吉右衛門を襲

名、代々島田屋を屋号として飯田藩ご用達として栄えた。明治初年に当主・井伊誠一郎氏は蘭医学

を志し、麹屋を別家に委ねて今尚存続している」

この家に亀之丞が息子に託した短刀が家宝として伝わっているとしています。

亀之丞が信州に落ち延びた時にもうけた子は、男子、女子、どちらだったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170520.jpg


                    <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「10歳を目の前にして」 その8

『すっかり元気になった2015年』

長かったsa-ko嬢の病闘も2015年には、sa-ko嬢の勝利となり元気な一年を送ることが

できました。

お正月ですよ「お年玉は?」

2015年1月1日
sa-ko 20150101

青屋城で大人買いに喜びのsa-ko嬢

1月18日
sa-ko 20150118

一家で荒川土手に遊びに行き、愛を確かめ合うpigletとsa-ko嬢の夫婦

3月29日
sa-ko 20150329-1

元気です! みなさんも健康でいてくさだい。

sa-ko 20150329-2

sa-ko嬢、8歳の誕生日。

7月7日
sa-ko 20150707

千葉に引っ越しをして、うさーずたちの専用部屋ができました。

9月30日
sa-ko 20150930

広いですから、まったりできます。

10月12日
sa-ko 20151012

うさーず部屋のX’マス、ツリー点灯。

12月12日
sa-ko 20151212



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

「10歳を目の前にして」 その7

『病気と闘った2013、2014年』

sa-ko嬢は2013年から2014年の前半まで、左目の病気と闘い完治することはありません

でしたが、症状が安定し元気に過ごせるようになりました。

今日も病院ですか?

2013年4月7日
sa-ko 20130407

外出することはありませんでしたが、気丈にも室内遊びはかかしませんでした。

5月13日
sa-ko 20130513

元気してますよ。

9月3日
sa-ko 20130903

七夕の短冊は「健康で長生きしたい!」

長かった闘病もほぼ落ち着き、この頃から元気になりました。

2014年7月7日
sa-ko 20140707

もう大丈夫ですよ!

7月11日
sa-ko 20140711

おがくず遊びも復活です。

9月16日
sa-ko 20140916

3年ぶりの、チョット早いX’マスです。

12月15日
sa-ko 20141215

sa-ko嬢の病気は結果的にわかったことですが、歯が内側に伸び眼球を痛めるという外科的な

病気でしたが、右目を失った代償に症状が安定してくれました。

うさぎは寡黙な動物で、その痛みをあまり訴えることもなく元気なふりをした1年間であったと

思います。

これをバネにして長生きしてくれたのだろうと思っています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

「10歳を目の前にして」 その6

『イベントが不作の一年』

2012年はイベントが不作の一年で、正月の記念写真もありませんでした。

sa-ko嬢が、この年にはまったたのが「おがくず遊び」です。

他の誰もがやらないのに、彼女だけは日課として遊んでいました。

2月26日
sa-ko 20120226

わたしたちの東京暮らしは、マンションの中に、さらにマンションで暮らしていましたよ。

4月16日
sa-ko 20120416

「お邪魔します!」  君はまだ生まれていないのだから、出るのが早すぎます。

tigger.jpg

sa-ko嬢が一番の好物で、これには目がありません。

7月21日
sa-ko 20120721

う〇ちは、鹿さんがいるのです。

9月18日
sa-ko 20120918

家族揃って、近くの公園で遊びました。 わたしは監視役です。

10月13日
sa-ko 20121013

X’マスプレゼントのマットを使い始めたので、今年のX’マスはなかったような気がします。

12月12日
sa-ko 20121212

この年はイベントの少ない年でしたけど、うさーずたちは健やかでいい一年だったと思います。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

『女城主・井伊直虎』 その17

『川名のひよんどり』

直虎が鐘を寄贈した川名の福満寺の「ひよんどり」は、「火踊り祭り」がなまって「ひよんどり」

になったといわれます。

五穀豊穣、子孫繁栄、皆の健康を祈る祭りで、600年続いているといいますから、井伊家の人々

も参加し、踊ったことでしょう。

直虎 011

真言宗の寺で正式には福満寺薬師堂、別名、八日堂の名で親しまれるのは1月8日が祭りであった

からといいます。

この「ひよんどり」で祭りを取り仕切る大禰宜は5人、これを補佐する小禰宜も5人、それに堂守

8人はすべて世襲で男性であった。

しかし、川名地区の所帯数は120、小学生は数人になって小学校は廃校になり、若者は外に出て

農協も消え、まさに限界集落寸前。

それ故に内陣の女性禁制、男だけの堂守は昔の話です。

8日開催も難しくなって、現在では正月休みで人がいる4日に変更されています。

上半身裸の若衆6人が、しめ縄を腰に巻いて真冬の川に入って、歌をうたいながら身を清める。

昔はいくじのない者はやらなく、一人前の男になった証明であったといいます。

だが、その若衆がいなくなって、やむなく同じ人が2回、3回とやらされるようなっているそう

です。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170513.jpg



                    <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ