FC2ブログ

摺上原の戦い その21

『政宗の仙道経略完成』

政宗は治城を黒川に定め、8月、伊南・伊北の地を平定、白河郡主・白河義親も麾下に参加し

た。

伊達政宗(1567-1636年)
da.伊達政宗

今や仙道では須賀川の二階堂氏のみが、政宗に対抗していたが、これよりさき、二階堂氏は当

主・盛義が没し、夫人が家政をとっていた。

夫人は伊達晴宗の娘で、政宗の伯母にあたります。

政務を握りこと10年、よく民心を収攬し、佐竹・岩城氏と連盟して伊達・田村氏と対抗して

きた。

10月になり、政宗は書を送って和を勧めたが、きかないので、ついに伊達軍は須賀川城の攻

撃を開始し、城兵6百は死守したが、26日、ついに落城し、二階氏は亡んだ。

政宗は伯母を信夫郡杉目におき厚遇したが、彼女はまもなく去って岩城氏に頼り、さらに佐竹

氏の保護を受け、佐竹氏が秋田に移る際にも同行し、途上に没した。

宝樹院と号し、須賀川の二階堂氏菩提寺長禄寺に葬られた。

11月、石川郡の石川昭光が麾下に属し、12月には岩城常隆も和睦して、田村領の侵略地を

返還したので、政宗の仙道経略は、ここに完成しています。



摺上原の戦いにお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回は、長宗我部元親の四国制覇を勉強してみたいと思います。

よかったらお付き合いお願いします。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200124




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

摺上原の戦い その20

『芦名氏の滅亡』

芦名軍は内部に国家老と佐竹家からの付家老の対立があり、戦闘中にも白石宗実らが進撃した

際、見物の百姓・雑人が騒いだのを、離反と勘違いし色めいたといい、統制も不統一であった。

個々の武士はよく奮戦したが、全軍の士気は伊達軍には及ばなかったという。

芦名氏家紋
as.蘆名氏家紋

政宗は休む暇もなく黒川に進軍し、芦名方では世臣の富田美作・平田左京らが降服したため、

態勢を立て直す余裕がなく、同月11日、義広は会津を捨てて常陸に走り、鎌倉以来の名族・

芦名氏はここに滅亡した。

芦名氏の滅亡により、会津・大沼・川沼・耶麻4郡・安積半郡・下野の塩屋・越後の蒲原両郡

は伊達領となり、政宗は名実ともに奥羽最強の大名となった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200123



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

摺上原の戦い その19

『芦名軍の大敗』

当主・芦名義広は退却した諸隊をまとめて、政宗の本陣に対し最後の決戦を挑み、追いつ追わ

れつの激戦となった。

su.摺上原合戦 03

芦名軍は小勢であり、かつ譜代の富田・平田・松本などの諸氏は、背後にあって反旗をひる

がえし、新橋川の橋を焼いて退路を絶ったから、芦名軍はついに大敗し、義広はかろうじて黒

川城に入った。

この戦闘で、芦名軍の戦死は2千5百だったといい、また一説には会津勢18百、伊達勢5百

の討死ともいいます。

当時、政宗は23歳、義広は20歳に満たない青年であったから、戦いも機動性に富み、まれに

見る激烈なものであったという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200121.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

摺上原の戦い その18

『摺上原の激戦』

芦名軍は、湖岸、山麓と2列になって摺上原へ進軍した。

芦名軍は先陣が、まず猪苗代隊に打ちかかり、ついで伊達の2陣・片倉隊をも突き崩し、全軍

が政宗の本陣目がけて突撃した。

摺上原合戦図
su.摺上原合戦図 02
*画像は磐梯山ジオパークHPよりお借りしています。

たまたま西風が吹き、砲煙・馬煙が立ち込めて、形勢は伊達軍に不利に見えたが、4陣・白石

隊と3陣の伊達成実隊が湖水の方から横合いに鉄砲を打ちかけ、大内・片平の両隊も左右から

救援して芦名の本隊に攻めかかり、乱戦となった。

朝には西から吹いていた強風が、東に変わり、砂塵と硝煙で方向もわからず、馬の足音、太刀

の響きだけが聞こえたが、ここで芦名軍は津川城主・金上森満らが討死した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200121



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

摺上原の戦い その17

『摺上原合戦』

一方、猪苗代氏の謀反を聞いた当主・義広は、安積・安達への進軍をあきらめて急ぎ帰国し、兵

7千を12隊に分け猪苗代に進出した。

伊達政宗公
da.伊達政宗騎馬像

当主・義広帰国の報を聞いた政宗は、老臣の慎重論をしりぞけて猪苗代に急行、兵5千を8隊に

分け、赤埴山下の八ツ森に陣した。

6月5日、奥羽最大の戦闘が、磐梯山麓、湖水を見渡す摺上原(すりあげはら)に展開されよう

となった。

伊達軍は先鋒・猪苗代盛国、2隊・片倉景綱、3隊・伊達成実、4隊・白石宗実・5隊は政宗本

隊、6隊・大内定綱、7隊・片平親綱、後隊・浜田景隆であった。

一方、芦名軍は普藤村高森山に陣を敷き、1番に新国上総介、2番に羽石駿河、3番に益子新右

衛門・阿子島治部之助・湖水の岸には金子遠江・荒井長門・二本松右京・新庄弾正が陣を取り、

八ツ森の伊達軍と相対して、戦機を待った。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200120.jpg


<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

明智光秀 seasonⅡ その1

『出生は不詳』

清和源氏の土岐氏支流である明智氏に生まれる。

父は江戸時代の諸系図などでは明智光綱、明智光国、明智光隆、明智頼明など諸説がある。

また、父親の名前も伝わらない低い身分の土岐支流とも言われます。

明智光秀(1528?-1582年)
ak.明智光秀

生年は信頼性の高い同時代史料からは判明せず、不詳です。

ただし、後世の史料によるものとして、『明智軍記』などによる享禄元年(1528年)説、

および『当代記』による永正13年(1516年)説の2説があります。

また、橋場日月は『兼見卿記』にある光秀の妹・妻木についての記述から、光秀の生年は大幅

に遅い天文9年(1540年)以降と推定しているが、この場合、天文3年(1534年)生

の織田信長より年下となってしまいます。

生地は岐阜県可児市広見・瀬田(旧・明智荘)の明智城とも言われる。

少なくとも、美濃国(岐阜県南部)あたりで生まれたことは事実であるとみられています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200119.jpg

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

摺上原の戦い その16

『伊達軍猪苗代へ進軍』

郡山対陣の撤兵後、伊達氏の友邦田村氏は内部に動揺があり、天正17年(1589年)4月、

相馬氏や岩城氏が田村領に侵入した。

伊達氏の本拠米沢城
yo.米沢城 016

政宗は会津・岩城討伐のため米沢を発し、5月、安積郡の阿子島・高玉両城を攻略した。

これは芦名氏の支配する城で、仙道より猪苗代への入口にあたる要衝であった。

これに対し、佐竹・岩城・相馬の諸軍は田村領を侵略し、芦名義広も岩瀬郡に進み、諸軍と連合

して安積郡に進出しようとした。

こうして第2の郡山対陣が出現する形勢になったが、これを一挙に打破したものは、猪苗代盛国

の伊達氏への降服であった。

猪苗代氏はもともと芦名家にとっては半独立の外様的家臣であり、盛国は当主・義広と不仲だっ

たので、政宗は伊達成実・片倉景綱に盛国と密約を結ばせ、6月2日、猪苗代進軍を布告したの

です。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200118.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ