FC2ブログ

明智光秀 season2 その15

『武田家滅亡』

丹波の平定が終わった1579年の初秋から1582年の春にかけては、信長の事業が順風満帆の

勢いをもって進んだ時期です。

1579年10月には、1年の長きに渡って頑強に抵抗していた荒木村重の有岡城が落城した。

甲斐大和駅前の武田勝頼
ta.武田勝頼像(甲斐大和駅前)小

1580年の正月には、2年に渡って反抗し、さすがの秀吉をてこずらした別所長春の播州三木城

が陥り、3月には本願寺との講和が成立して、本願寺は石山城を明け渡した。

本願寺との抗争は前後実に11年に渡っていたのです。本願寺の大坂退去は、ふさがっていた中国

への進路が開けたという意味で大きかったのです。

1581年10月には、信長の中国方面派遣軍の司令官である秀吉が鳥取城を陥れた。鳥取城は山

陰道における毛利氏の前線拠点であったから、ここを失っては毛利氏としても後退を余儀なくされ

ている。

1582年の3月には甲州の武田氏が滅んだ。

この年の2月はじめ、信長は徳川家康とともに兵を向けたが、以前あれほど精強で、信長を恐れさ

せていた武田軍はまるで闘志を失っていた。

連合軍は無人の野を行くがごとく進撃して3月11日には主将・武田勝頼以下家族の逃げ篭ってい

る天目山を攻めつけ、これを自殺させた。

この甲州征伐には光秀も従軍しています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200920



<参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎)>
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

九州の群雄割拠 その21

『陶晴隆が義隆を討つ』

翌年の天文20年8月27日、大友義鎮が遣わした使僧が山口に着いた日、大内義隆は饗宴の後、

猿楽を催して接待したが、その夜、陶晴賢は突然大兵をもって山口館を急襲した。

復元された大内氏居館西門
oo.大内氏居館西門

義隆はあわてふためいて館を逃れたが、晴隆の兵に追われて長門の大寧寺で自殺した。

当時、西日本第一と呼ばれた山口の町は、8日間、火と血にまかせられ、義隆の保護を受けてい

た耶蘇会士も狙われ、会堂も破壊されてキリスト教信者は離散した。

この動乱のもとは、義隆が異教を保護したので、在来の守護神の怒りふれたのではないかと、い

いはやされたという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200919.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

九州の群雄割拠 その20

『周防からの救援依頼』

周防においては大内義隆と家臣・陶晴隆との対立が目立ってきた。

大内義隆(1507ー1551年)
oo.大内義隆

天文19年(1550年)になると、晴賢は大友義鎮に密書を送って、

「自分は主人の義隆をなきものにしたいと考えている。もし成功すれば貴弟・晴英を迎えて大内氏

を継がせたいと思うが、どうか援助を貸してほしい」

と依頼した。

一方、義隆もまた義鎮に書状を送り、

「山口城下で事変が起こることがあれば、自分を救援して欲しい」

と頼んだ。

義隆の姉が義鑑の妻になって、義鎮・晴英を生んでいるから、義隆は義鎮の叔父にあたるのです。

義鎮は両方からの働きかけを受けて、晴賢の密書には喜んで応じ、義隆の依頼に対しては承諾を

与えなかったという。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200918



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

九州の群雄割拠 その19

『戦国大名の麾下に』

肥後のような動きは、肥後に限らず戦国時代の九州では、どの国でも大同小異の様相として見ら

れるものであった。

戦国実力の時代では、戦争に勝つために必要な条件は、何よりも強力な武力であった。

その武力は家臣の数の多少によって決まる。

竜造寺隆信(1529-1584年)
ry.龍造寺隆信

強力な家臣を養うには多くの土地を手に入れ確保することが必要で、そのために領土の獲得・拡

張の戦争が続けられることになる。

結局、少しの兵力しかもたない小さい豪族では、大兵力を持つものにかなわない。

小豪族は戦国大名麾下に編入され、その統制の下に、もっとも危険な戦場にかり出され、平時は

人質を出して二心のないことを保証するといった不安な生活を余儀なくさせられた。

戦国時代、こうした地方小豪族をゆり動かす原動力となる大勢力は、九州では周防の山口に根拠

をもつ大内氏、豊後府内の大友氏、肥前佐賀の竜造寺氏、薩摩の島津氏、この4氏であった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200917.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

九州の群雄割拠 その18

『大友氏の肥後支配』

大友義長・義鑑・義鎮(宗麟)の3代、永正・大氷から天文にかけての40年にわたる権謀によって、

大友氏は肥後一国の実質的支配権力と守護職を手に入れた。

大友義鎮(宗麟)(1530-1587年)
oo.大友宗麟 001

その間、義長・義鑑・義鎮の偏諱を与えられて主従関係を結ぶものは多く、隈本(熊本)の鹿子木

氏の親員・親俊・鑑員、阿蘇家臣甲斐氏の親宜・親直・親昌、菊池家臣城氏の親冬・親賢、同じく

赤星氏の親家・親隆、同じく隈部氏の親永・親安、山本郡内古閑氏の親貞・鑑資・鎮房など、あげ

ると際限がない。

これらは阿蘇氏や菊池氏のような旧名族ではなく、戦国時代になって、その下から興ってきた国侍

・国人といわれるものであり、肥後の古い豪族の建設しようとする守護大名クラスの領主制をのり

こえて、せまい範囲ながら自分の土地・人民にたいする領主的支配を確立しようとして、隣国の大

友氏の勢力を利用し、これに服従していたのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200916




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

九州の群雄割拠 その17

『肉親関係も否定』

天文3年(1534年)、義武は菊池を追放されて八代の相良義滋にたよったが、天文19年に

なると、隈本城主・鹿子木鑑員は、菊池の重臣であった田島重実とはかって、八代にのがれた義

武を擁立し、菊池の隈府を大友氏の支配から取り返そうとした。

相良義滋(1489-1546年)
sa.相良義滋

義鎮は小原鑑元・佐伯惟教をおくり隈本城を攻め、義武は隈本に近い金峰山を経て肥前島原の有

馬晴信のもとに逃れた。

翌20年(1551年)8月、義鎮自身2万3千の兵を率いて肥後に攻め入り、9月いっぱいで

肥後全部を平定し、肥後の守護となり、志賀親安を守護代に、小原鑑元を目代に任じて、11月

に府内に帰った。

義武は肥前から天草に渡って、天草種元・志木麟泉をたより、さらに薩摩の島津義久のところに

行き、球磨の相良晴広に身を寄せた。

しかし、23年10月、晴広は義鎮に圧迫されて義武を豊後に引き渡すことにし、豊後へ送る途

中、直入郡城原山中で毒殺した。

義鎮が叔父・義武をあくまで追求して、ついにこれを捕らえて殺したのは、肉親関係というもの

も戦国大名の主従制のもとては否定されるという、新しい領国建設のきびしさを証明するもので

あった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200915.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

九州の群雄割拠 その16

『大友氏の菊池戦略』

菊池能運には嫡子がなかったので、また従弟にあたる14歳の政朝(正隆)にあとを継がせるよう

に遺言した。

肥後で最も古い豪族は阿蘇氏であるが、当時、阿蘇大宮司は肥後益城郡の浜館におり、大友義鑑と

同盟を結んで保護を受けていた。

菊池能運(1482ー1504年)
ki.菊池能運

義鑑は大宮司惟長に菊池の家督を継がせ、政隆を排して惟長を守護にした。

惟長は名を菊池武経と改めた。

政隆には城重岑の子・政元、隈部運治の子・鎮治が後援したが、永正6年(1509年)8月、合

志郡久米の安国寺で自殺した。

武経を迎えた菊池では、大友・阿蘇の勢力のため家臣団が分裂し動揺がやまず、武経も追われ、大

友・菊池両氏の親族にあたる詫磨武安の子・武包が迎えられ守護となった。

しかし、これも追われて、義鑑の弟・義武が送り込まれた。

大友氏の菊池侵略は以上のように、しだいに露骨になってきたが、義武は肥後にあって独立の形勢

をとり、義鑑ならびに義鎮に対して反攻するようになった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200914



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム