FC2ブログ

厳島の戦い その30

『山陽の雄に』

弘治2年の春、玖珂郡を手に入れ、翌3年3月、富田若山城に陶晴賢の嫡子・長房が滅び、4月

に入ると、大内義長を討って大内氏を完全に滅亡させた。

毛利元就(1497-1571年)
mo.毛利元就 001

毛利元就は、40余年、この間、波乱万丈、幾変遷、自家でも他家でも、滅亡したものが多いな

か、この元就だけが、幾多の危難を切り抜けて、今日まで無事にいることは、なんとも不思議で

ならないと思ったという。

永正13年(1516年)兄が24歳の若さで病死してから、弘治3年(1557年)元就61

歳に至るまで41年、大永3年(1523年)郡山城主になってから数えても、34年の長い月

日が流れている。

その間、天文9、10年(1540-1541年)郡山に尼子晴久の大軍を破ったこと、特に2

年前の弘治元年に、厳島で大敵・陶晴賢を滅ぼしたことは、忘れなれない思い出になっていた。

いまや元就は、防・長2州を手に入れ、山陽の雄にのしあがった。

やがて、月山の富田城に根拠をおく、山陰の雄・尼子氏との決戦が訪れることになります。


厳島の戦いにお付き合い戴き、ありがとうございます。

次回からは、月山富田城の戦いを勉強してみたいと思います。

よかったら、お付き合いお願いいたします。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20191121.jpg



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

厳島の戦い その29

『合戦が意味するもの』

毛利元就の戦術は、綿密であったが、それより胸中に秘めた戦略を優位にするためにとった謀

略の巧妙さに驚かされます。

厳島の戦い
it.厳島の戦い 004

陶晴賢の勇将・江良房栄が元就に降ったのも、謀略だったのでしょう。

また、晴賢を厳島へ誘うための謀略がすごかった。

これは晴賢が渡航するであろう、と信じていたうえでの謀略だけに、用心深い元就の人物が知

られます。

厳島の戦いは上陸作戦なので、陶の軍船に匹敵する兵船が必要である。

そのため、能島・来島の両水軍を味方につけた乃美宗勝は、高く評価されます。

また、毛利軍の上陸まで、城を支えぬいた宮ノ尾城の守備軍は、厳島戦史を飾るものです。

この合戦によって、元就は、安芸・備後の攻略をしめくくり、さらに周防・長門の攻略へ踏み出

すことになる。

守備から攻勢への転化するのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20191119.jpg



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

厳島の戦い その28

『元就の勝利は晴賢の油断』

厳島の戦いは、毛利元就4千の兵が、陶晴賢2万の大軍を全滅させたもので、少数の兵で多数

の軍に勝つことができる証拠にされています。

吉田郡山城の元就公(吉田郡山城登城記は「こちら」です。)
mo.毛利元就 002

しがし、もし元就が初めの作戦(戦術)のように、晴賢の大軍を安芸の原野で迎え撃ったなら、

その結果は、どのようになったか、予断を許さないのでしょう。

嵐をついて奇襲作戦に出たから、勝利を得たといえるのでしょう。

これは、言い換えると晴賢の油断なのです。

奇襲作戦は、背水の陣でなくては成功しない。

元就は厳島に逆上陸した後、乗船の廻航命令を出し、決死の覚悟で大敵にあたった。

これがよかったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20191119



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

厳島の戦い その27

『一武人の心』

厳島の戦いでの陶軍の戦死者は4千7百余人ともいわれる。

毛利元就は、この死骸を対岸の大野に運ばせて埋葬させたといいます。

また、流血の厳島の土砂を洗い、社殿を清め、大勝を奉謝したという。

陶晴賢の墓(洞雲寺)
su.陶晴賢の墓

そして、10月5日に廿日市桜尾城に凱旋し、陶晴賢の首実検を厳粛に行った後、黄龍山洞雲寺

にあつく葬り、石塔を建立した。

血で血を洗う戦国の世の、一武人の心だったのでしょうか。

厳島の合戦は元就の全生涯のなかで、もっとも特筆しなければならない事項で、毛利氏の発展史

上、どうしても忘れることのできないものであった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


11月15日で、robinは2歳になりました。

robin 20191118 01

robin 20191118 02

robin 20191118 03

robin 20191118 04



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

厳島の戦い その26

『弘中隆兼の討死』

厳島の戦いで、最後まで毛利軍に対抗したのは、悲運の智将・弘中隆兼(隆包)であった。

隆兼はその子・隆助とともに、塔ノ岡の本陣が攻撃された時、手勢500人を率いて、厳島神社

の後方滝小路(滝町)で、吉川元春の軍を迎え撃った。

厳島神社
it.厳島神社 008 高舞台

一時、吉川勢も危うく、元春みずから鎗をふるったほどの激戦であった。

戦いは、熊谷信直・天野隆重らの参加によって、弘中方が敗れた。

敗残の雑兵が民家に火を放ったため、元春は声高く

「弘中は逃げてもかまわぬ。神殿を焼くな。全力をあげて消火に集中せよ」

といった。

この間に隆兼父子は、弥山のふもとの大聖院へ逃れ、さらに山の峰つづきの瀧ノ岩(絵馬ヶ岳)

に登って抵抗したが、10月3日、ついに戦死した。

負け戦と知りながら、主の陶晴賢に従軍し、わずかの手兵で、最後まで毛利軍を悩ました隆兼

は、ある意味、戦国武将の鑑といっていいのかも知れません。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20191117



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

厳島の戦い その25

『陶晴賢の終焉』

逃げる陶晴賢を追うのは、小早川隆景で、三浦清房らに反撃されて、3ヵ所に傷を受けたとい

う。

小早川隆景(1533-1597年)
ko.小早川隆景

大和興武もたびたび反撃したが、生け捕られてしまった。

この間に晴賢は、大江浦に辿りついた。

しかし、そこにも兵船の影を見ることはできなかった。

さらに晴賢は、房清に、東岸の青海苔浦をさぐらせたが、やはり船はなかった。

房清はこの地で、吉川元春配下の勇将・二宮俊実と戦い、壮烈な最期をとげた。

房清戦死の悲報を聞いて、晴賢は天命を悟ったという。

わずかに残った主従は、水盃を酌み交わし、晴賢は世辞の一首を詠んだ。

『何を惜しみ何を恨みん元よりもこの有様の定まれる身に』

そして、伊香賀房明の介錯で自刃し、35年の全生涯を厳島高安原に終わった。

晴賢の辞世の歌は後人の偽作でしょうし、自害の場所も、諸書に異同があり、はっきりしませ

ん。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20191116



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

厳島の戦い その25

『毛利軍の攻撃開始』

天文24年(1555年)10月1日、東の空が白みかけた寅の刻(午前4時)、毛利元就の

陣から、太鼓が3つ鳴った。

塔ノ岡
it.厳島の戦い 塔ノ岡 003

全軍が一斉に鬨の声をあげ、この声を合図に、毛利軍は塔ノ岡の陶の本陣に斬りこんだ。

不意を突かれた塔ノ岡では、まったくの狼狽であったという。

狭いところに2万余りの大軍が詰めていたのだから始末が悪い。

陶方の弘中隆兼・大和興武・三浦房清らが、陶晴賢の本陣に集まって、毛利軍を防いだが、

今となっては防ぎきれるものではない。

たちまち総崩れになって、大元浦方面へ敗走する。

しかし、先を争って船に乗ったため、船が傾き、多くの兵は海底に消えた。

たまたま乗船した者も、その船が、待っていた能島・来島・安芸の水軍に破られ、周防に逃げ

帰った者は、全軍の中で一小部隊しかなかった。

戦いに敗れた晴賢は自殺しようとしたが、三浦房清に諫められ、山口に帰って再挙を計ろうと

考えなおしたという。

房清や伊香賀房明らに守られ、大元浦に退いて船影を求めたが、船はなかった。

さらに、島の西岸に船を探した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20191115



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ