「長篠の戦い」 その30

『信長・家康軍の勝利』

信長は3月5日、安土を出発し、6日に仁科盛信(19歳)の首を呂久川で検分して長良川にさ

らした。

14日、波合で勝頼父子の首を見て、これを飯田にさらした。

織田信長
od.織田信長

信長はその首級を見たとき

「日本に隠なき弓取なれども、運が尽きさせ給ひて、かく成らせ給ふものかな」

といったことが、徳川方の記録にある。

20日、上諏訪で徳川家康に会見し、駿河・上野・甲斐・信濃四ヵ国の侍たちが、色々なツテを

求めて挨拶に来ることは勝ち戦の常で、信長の宿舎は門前市をなす有様であったといいます。

ここで論功行賞により、小笠原信嶺・穴山梅雪には旧領を、木曾義昌には旧領筑摩郡のほかに安

曇郡を加え、滝川一益には信濃2郡(小県・佐久)および上野を与えた。

駿河は家康に、甲斐および諏訪郡を河尻秀隆に、信濃4郡(高井・水内・更科・埴科)を森長可

に、伊那郡を毛利秀頼に与えた。

信長は4月10日に甲府を去り、21日に安土に凱旋した。

その陣中から松井有閑にあてた手紙では

「このように30日や40日で一挙に片付いたことは、我ながら驚くばかりである」

といっている。

信長はそうとうに満足であったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180624


                   <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「長篠の戦い」 その29

『武田家の滅亡』

追撃してやってきた滝川一益・川尻秀隆らは、婦人子供を一人ずつ刺し殺し、侍らは斬ってでて、

甲州武士の最後を飾った。

武田勝頼一家の墓景徳院訪問記は「こちら」です。)
ta.武田勝頼一家の墓

このとき自殺・斬死したものは武田勝頼・信勝をはじめとして、長坂釣閑斎・跡部尾張守・小宮

山友晴・小原下総守などであった。

思えば、勝頼は悲劇の人であったのです。

勝頼の母は信濃諏訪郡上原の城主、諏訪頼重の娘です。

頼重が信玄に殺されたとき、姪ではあるが美しい娘は信玄の側室に迎えられたのです。

姫は勝頼を産んで、永禄4年に病没している。

勝頼にとって信玄は祖父の仇であり、母を戦利品として略奪した非道な人物なのです。

そして今は、信玄の占領地域のすべてを失い、父の一族老臣から見捨てられて、死出の旅路を

歩んで行ったのです。

悲劇の部将・武田勝頼の墓は田野の景徳院にあります。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180623



                      <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「長篠の戦い」 その28

『逃げ出す臣下』

織田・徳川の軍勢が武田方の諸城を次々に陥れているのを聞いて、甲斐の諸将が動揺し、逃亡

者が続出した。

このとき真田昌幸は上野の吾妻城に退くように勧告し、小山田信茂は居城・岩殿城に拠るよう

にすすめた。

岩殿城
iw.岩殿城 001

勝頼は信成の勧めに従って、3月3日、新府城に火をかけ、都留郡岩殿城に向かった。

小山田氏は古くから郡内地方に勢力を振るっていた豪族で、信玄の重臣であったし、信濃方面

から圧迫された勝頼の逃げ道としては、郡内地方が最も適切であった。

このとき従う者は500余人であったが、途中から逃げ出すものが多かった。

7日、信茂は、まず帰城して防備を整え、それから迎えに来ると称し、夜ひそかに人質に置い

ていた母を連れて立ち去った。

9日になっても信茂が帰って来ないので、勝頼が怪しみだし、使者を郡内に出したところ、小

山田勢が笹子峠にいて、使者を追い返してしまった。

勝頼は激怒したが、今の落人の身の上でどうすることもできない。

ここ鶴瀬の土民も、勝頼に背いていたので、勝頼父子・妻・一門の4、50人は天目山棲雲寺

に籠ろうと田野というところまでやってきた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180621




                     <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「長篠の戦い」 その27

『武田家の崩壊』

家康は18日、浜松を出発、20日、駿河の田中城を降し、21日、駿府に入った。

永年の間、徳川・武田係争の地をまたたく間に掌握した。

3月2日、家康は駿河江尻城の穴山梅雪に書状を送り、降服するならば甲斐の下山の所領を与え

るし、信長から扶持をもらえるよう斡旋する。

もし不成功に終わったならば自分が扶助すると申し入れた。

穴山梅雪(1541-1582年)
an.穴山梅雪

梅雪は信玄の甥で、勝頼の妹婿にあたり、もっとも近い親戚であった。

しかし、ここにいたって甲府の人質を盗み取らせ徳川家によしみを通じ、のち黄金2千枚を持参

金として信長に謁見している。

穴山梅雪だけではない。あれだけの勇武と忠誠で鳴らした信玄以来の一族と将星たちが、つぎ、

つぎに織田・徳川の軍門にくだり、逃亡してしまった。

武田信豊は信玄の甥で、その子は勝頼の娘と結婚していたが、虚病をついて軍議に参加せず、信

州に逃げて殺されてしまった。

画家として著名な武田信簾は信玄の弟、勝頼の祖父であるが、命令を聞かずに逃げ出して織田に

降参し、殺されてしまっている。

勝頼の弟・仁科盛信が高遠城を死守し、大広間を朱に染めて壮烈な戦死をしたほかは、上下の不

和から、落ち目の武田家のために、織田軍を逆撃しようとするものはなかった。

いかに勝頼に対する信望がなくなっていたかを証明するとともに、大国が解体せんとする末期的

症状として注目されるところです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180620



                      <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「長篠の戦い」 その26

『信長の甲州征伐』

木曾義昌は福島城主で、信玄の娘を妻としていたが、勝頼から連年課役されるのに腹を立てて

信長に通じ、織田軍を導こうとした。

これを知った勝頼は、天正10年2月2日、その子・信勝・弟信豊らと新府を出発し、2万の

軍勢を率いて諏訪に出動、諸将を国境の諸城に派遣して守らせた。

高遠城(高遠城登城記は「こちら」です。)
ta.高遠城問屋門

信長はすでに天正8年本願寺を降し、前後11年にわたる石山合戦を片づけて、ようやく枕を

高くしてねむれるようになっていた。

また、中国派遣軍の指揮官・羽柴秀吉は因幡鳥取城の吉川経家を囲み、10月にはこれを陥れ

て経家を自害させた。

このように信長は戦力に余裕が生じてきたので、多年の懸案であった甲州征伐を計画すること

になった。

木曾義昌からの報告によって、天正10年2月3日、信長は部署を定めた。

徳川家康は駿河口から、北条氏政は関東口から、金森長近は飛騨口から、織田信忠は伊那口か

ら、それぞれ勝頼の進撃する手はずである。

このうち伊那口・木曾口から乱入した織田勢は、敵対するものもなく、高遠城を手に入れ、鳥

居峠に勝ち、16日早くも諏訪に進んだ。

諏訪では、諏訪大明神の神殿・堂舎にも放火し、やがて甲斐に攻め込んだ。

飛騨から信濃に攻め入った金森長近は、信州北部に進み、上杉・武田が争った地域を制圧して

しまった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20180619.jpg




                       <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「長篠の戦い」 その25

『武田家の黄金時代はいずこへ』

高天神城陥落後、武田家は、なお信濃の南部・上野の一部・甲斐・駿河を領有していたが、今や

進んで敵を攻めるよりも、退いて敵を防ぐ状況に陥った。

新府城
si.新府城 004

勝頼は穴山信君の勧めに従い、天正9年7月、韮崎西北方に新城を営み、12月には新府と称し

て移転し、防御を固めた。

信玄は進んで敵を攻め、城郭に立て籠もる準備を必要とせず、躑躅ヶ崎の館で四方経略の方策を

定めた。

勝頼の新府城経営こそは、信玄の黄金時代がすでに遠くなったことを示しているのです。

『信長公記』には、「近年勝頼は新しい税をかけ、新しい関所を設けて通行税を取り立てるので、

民衆の苦悩はつきるときがない。重罪のものも賄賂を取って許し、軽い罪でもこらしめと称し、

はりつけにしたり、死罪にしたりした。嘆き悲しんだ貴賤上下とも勝頼に愛想をつかし、内心で

は織田の領国になりたいと人々は願っている」

天険甲・信の地は、まず木曾義昌の反乱から織田軍の侵入となったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20180618.jpg


                     <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「長篠の戦い」 その24

『高天神城落城』

高天神城は標高218mばかりの高天神山に築かれた城で、天文年間は今川の部将・小笠原

春儀がおり、永禄・元亀の頃、徳川に属し、天正2年に勝頼の手に入っていた。

この高天神城は東遠江を制圧するための争地であったが、武田氏の衰退を見て、天正8年3

月家康は浜松を出発して、高天神城攻略にとりかかった。

高天神城
ta.高天神城

城将・岡部長教らは連署して書状を送り、援軍の派遣を懇請したが、いまや勝頼には後援の

力がなかった。

家康は5月、田中城外を蹂躙し、6月には高天神城外に放火し威嚇をしたりしていたが、勝

頼が出馬しないと見ると、10月、6ヶ所の砦を築いて城に迫り、みずからは馬伏塚に陣を

とって持久戦に持ち込んだ。

籠城には後詰の援軍が必要である。

だが岡部長教の高天神城で天正9年を迎えなければならなかった。

2月、勝頼は1万6千の兵を率いて伊豆に進出、北条氏の3万の軍と対峙したが、会戦にお

よばず甲府に引き揚げている。

伊豆から遠江には来れないのです。

高天神の城兵は力尽き、落胆し、せめて最期を飾ろうと、3月22日夜、決死の突撃を敢行

した。

そして城は陥り、688人はことごとく玉砕して、勝頼最後の拠点たる高天神城は落城した。

『信長公記』には「武田四郎(勝頼)は織田家の武威に恐れ、目の前で、甲斐・信濃・駿河

の歴々のものを、無数に高天神で干殺にさせ、しかも後援しなかったので、天下に面目を失

った」と記している。

武田家の末路は急斜面を直滑降するように迫ってきたのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180617



                    <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ