『女城主・井伊直虎』 その29

『虎松が家康の家臣になるまで』

永禄4年(1561年)2月19日、今川氏の家臣である井伊直親の嫡男として、遠江国井伊谷近

くの祝田で生まれる。

母は奥山朝利の娘・おひよ、幼名は虎松

虎松(井伊直正 1561-1602年)*大河ドラマより
to.虎松

父の直親は、虎松が生まれた翌年の永禄5年(1562年)、謀反の嫌疑を受けて今川氏真

に誅殺された。

当時、虎松はわずか2歳であったため、井伊直盛の娘・次郎法師が井伊直虎と名乗り、井伊氏

の当主となった。

虎松も今川氏に命を狙われたが、新野親矩が助命嘆願して、親矩のもとで生母・おひよと共

に暮らす。

しかし永禄7年(1564年)、親矩が討死し、そのまま親矩の妻のもとで育てられたとも、

親矩の妹で直盛の未亡人・祐椿尼とおひよが養育したともいうが、永禄11年(1568年)、

甲斐国の武田氏が今川氏を攻めようとした際、井伊家家老の小野但馬が今川氏からの命令と

して、虎松を亡き者にして小野が井伊谷の軍勢を率いて出兵しようとしたため、虎松を出家

させることにして浄土寺、さらに三河国の鳳来寺に入れた。

天正2年(1574年)、虎松が父・直親の13回忌のために龍潭寺に来た時、祐椿尼、直虎、

おひよ、龍潭寺住職・南渓瑞聞が相談し、徳川家康に仕えさせようとする。

まずは虎松を鳳来寺に帰さないために、おひよが徳川氏家臣の松下源太郎(清景)に再嫁し、

虎松を松下氏の養子にしたという(『井伊家伝記』)。

天正3年(1575年)、家康に見出され、井伊氏に復することを許された虎松は、名を井

伊万千代と改める。

さらに旧領である井伊谷の領有を認められ、家康の小姓として取り立てられた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20170805
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

クルージング披露宴

『クルージング披露宴』

竹芝での結婚式の案内を頂いていましたので、久しぶりのシンフォニーかと思いつつ行ってきま

した。

ke.結婚式 000

当日、冷静に考えてみると、シンフォニーは日の出だったなぁ~と思いつつ、アクアライン経由で

竹芝に到着です。

結婚式は館内で行われ、写真撮影は禁止です。

プロのカメラマンの写真を買うようにでしょうかねぇ~


結婚式が終わり、披露宴会場の船に案内されました。

ke.結婚式 001

船はさほど大きくないので、こじんまりとした会場です。

ke.結婚式 002

主役たちの登場です。

もう既に幸せそうです。

ke.結婚式 003

船はレインボーブリッジを通過し、羽田沖へと向かいます。

ke.結婚式 004

シンフォニー クラシカもお祝いに駆け付けてくれました。

ke.結婚式 007

羽田沖をぐるっと廻って、2時間半のクルージングです。

ke.結婚式 006

幸せそうですね!

ke.結婚式 005

16時30分出港の19時00時下船でしたけど、この時間に出港であれば、レインボーブリッジや

ウォータフロントのライトアップがきれいだったでしょうね。

ke.結婚式 008

乗船した船をカメラに収めることはできませんでしたが、船内にパネルがあったのでバチリと撮って

きました。

ke.結婚式 009

天気が良く波も穏やかで、船酔いされる方もなくハッピーな結婚式でした。

いっぱい幸せになってくださいねー。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

「近江国へ」 その3

『プチ贅沢な大津の夜』

長かった一日が終わり、やっと大津にたどり着きました。

こよいの宿はここ。

高所は苦手ですけど、勇気をもっての宿泊です。

12 031

12 032

やって来たのは、創業明治30年、近江牛の老舗「かね吉」さん

12 033

なんと、お茶も出ないで待っているだけです。 もちろんビールも・・・。

12 034

しかし、これを見たら思わずニコリとするしかありません。

すでに仲居さんが鍋に入れてくれていますので、形が崩れています。

12 035

びわ湖噴水の時間は、食事中だったので見ることはできませんでした。

12 036

朝はこんな感じで、正面が比叡山のようです。

12 037

さあ2日目は、びわ湖西岸を走って長浜まで北上します。

12 038



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

100万回

『みなさまに感謝です!』

ブログを始めたのが2009年5月6日ですから8年足らずで、アクセスカウンターが100万回

を突破しようとしています。

ka.カウンター


こんな拙いブログにお付き合い戴けることに、『感謝』するばかりです。

たぶん、1,000,000回の数字が出るのは、今週の日曜になると思いますが、100万回目に

訪問頂いた方には記念品でも出さないといけないですね。

カウンターは右下に設置してありますので、チョット確認して戴けると嬉しいです。


100万回を区切りに、数年前は「休止かな?」とか思っていましたが、現在は皆さまのブログ

を楽しく拝見させて頂いておりますので、もう少し続ける予定です。

お付き合い戴ければ嬉しいです。

100万回の声掛けをお待ちしております。

よろしくお願いいたします。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20170225

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

『女城主・井伊直虎』 その3

『かろうじて直虎の存在が』

寛政年間(1789~1801年)に江戸幕府が編纂した「寛政重修諸家譜」というものがあり

ます。

直虎 002

これは大名や旗本などの系譜の書です。

井伊家の項には

「備中大夫共保遠見国引佐郡井伊谷に住せしより、井伊をもって家号とす」

との前書きにはじまる系譜が載っているという。

直虎が生きた時代とその前後の当主は「直平―直宗―直盛―直親―直正―直孝」と続いています

が、直虎の名前はないのです。

だからといって完全に無視はされていません。

なぜなら直盛のところに、その嫡子を直親(養子)とし、その妹として「女子」と記され、そこ

に「直親に婚を約すといへども、直満(直親の実父)害せられ直親信濃国にはしり、数年にして

かへらざりしかば、尼となり、次郎法師と号す」

との記述があるからです。

この女子がどうやら直虎らしいことがわかります。

なぜなら直盛の娘なっていて、「直親に婚を約す」と書かれ、何となくあやふやな表現ながら、

「尼となり、次郎法師と号する」

と記されているからです。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170127




<参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ