FC2ブログ

出羽国米沢藩第9代藩主・上杉鷹山 その6

『先例や故格』

鷹山は、江戸藩邸に緊急政策を布いた後、次は米沢にかかります。

米沢城
yo.米沢城 01

執政の千坂高敦を米沢から呼び寄せ、懇々と説明して聞かせたうえ、言います。

「その方、帰国の上は、国もとの諸士を城中に召集して、わしのこの方針を申し渡してくれるよう」

千坂は腹に一物があります。

「おことばを返すようでございますが、わたくし一人が承って、帰って申し渡しても、家中の者ども

は、親方の真の思召しから出たものでなく、わたくしが勝手に思い立って、親方様の名前で申して

いると思うでありましょう。先例では、かかることは重役らに対してだけ通達することになっていま

す。わたくとしては、そうするより他はございません」

大名の家では、先例や故格がなかなかの比重を占めているので、新しいやり方はまことに行われ

にくいのです。

そこで、鷹山は「志記」と題する文書を自ら草して、千坂に託した。

内容は、藩の財政難を訴え、立直しにかかるから協力してくれとの意味です。

驚くのは、その書きぶりの丁寧を極めていることです。主君が臣下に対するものとは思われないほ

どです。

鷹山の人柄にもよることですが、小身の家から養子に来た身として、家つき重臣らを纏めなければ

ならなかったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20160518



                         <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

出羽国米沢藩第9代藩主・上杉鷹山 その5

『緊急政策』

当主となった鷹山が先ずしなければならなかった仕事は、財政の立直しであった。

上杉家江戸藩邸跡碑
ue.上杉家江戸藩邸跡

家を継いで5ヶ月目の9月18日、彼は在江戸の役人や平侍らを集めて、家の財政の逼迫を告げ、

「今のありさまでは、水難、火災、手伝い普請等のひとつでも起こったら、もう家は立たない。

こんなになったのは、身代縮小に応じて支出を縮小することを忘れ、見栄を張った生活を続け来た

からである。なんとしても経済を立直ししなければならない。ついては、わしが率先して諸倹約を

行う。皆もそうしてくれ。緊縮生活を行えば、下々は一時困るかも知れないが、永久のためを思え

ば、これが良いのだから理解して欲しい」と、言い聞かせ、自らの倹約の具体策として、次を掲げ

ています。

一つ、公式の場合以外は、木綿の衣類だけを着用する。

二つ、式日以外、膳部は一汁一菜、歳の暮れだけ一汁二菜にして年越しを祝う。

三つ、藩主の年間の衣食の費用は従来は1千5百両であったが、自分は世子の時のまま2百9両に

 する。

四つ、奥女中が50余人あるものを9人に減らす。

このように、江戸藩邸に緊急政策を布きます。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160517



                             <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

出羽国米沢藩第9代藩主・上杉鷹山 その4

『財政逼迫の上杉家』

鷹山は17歳の時、上杉の家督を相続し家の規格である弾正大弼(だんじょうたいしつ)に任官

しています。

養父の重定は、まだそう老人でもなく、元気なのですが隠居したのです。

米沢城
yo.20100320 米沢城 01

その時、鷹山が詠んだ和歌があります。

“受けつぎて国の司の身となれば忘るまじきは民の父母”

国守というものは民の父母なのです。

今自分はそうなったのだから、片時も民の父母たる心がけを忘れまいという意味です。

当時、上杉家の経済状態は窮迫のドン底にあったのです。

参勤交代、手伝い普請、領内の凶作、飢饉、大洪水など、色々なことがあったためであったが、

最も大きいのは、上杉家120万石から30万石、30万石から15万石と、わずか60年の間に

急速に身代が縮小したことにあったのです。

武家が最も重んじるのは名誉です。

したがって、大名ほど格式を重んじ見栄を張るものはありません。

身代の縮小に応じて、支出を縮小することが出来ないのです。まさか15万石になってから、12

0万石の時代の支出を続けてはいなかったでしょうが、交際費などは従来どおりであったのかも

知れません。

その頃、口の悪い江戸っ子らは、

「上杉弾正大弼と紙に書いて、鍋釜に入れてくらぐら煮立てれば金気ぬきになる」

と言っていたというから、その貧乏ぶりがわかります。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160516





                          <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

出羽国米沢藩第9代藩主・上杉鷹山 その3

『鷹山の師』

減らしに減らされて、15万石になったとはいえ、3万石の秋月家の5倍の身代です。しかも、その家柄は

関東管領家、日本歴史上の第一級の名将・不識庵謙信を先祖としています。

米沢城の謙信公
ue.上杉謙信 米沢城

上杉家の家来らの少年鷹山に対する心は、軽蔑感に満ちていたのです。

「3万石という小身代の家から来られたのだ。秋月家は古い家ではあるが、とてもわが上杉家ほどの名誉

ある家ではない。身代といい家柄といい、お月様とスッポンほど違うのに、ご当家の跡継ぎになられたのじ

ゃ。よほどよい星の下に生まれなさったのじぇて。フン」

と、いった気持ちだったのです。

養父の重定は、鷹山のために家臣の藁科松伯という者を学問あいてに選んだ。この松伯は医者が本業で

あったが、学者でもあったので、侍医兼侍講としたのです。

鷹山が14歳のとき、松伯はひとりの学者を発見して、重定に勧め鷹山の師としました。

細井平洲です。

平洲は尾張の人で学者であったが、この頃は貧乏で江戸の町の大道で太平記の講釈をして衣食を得てい

た。

ある時、松伯が通りかかって、その講釈を聞き、いかにもすぐれた人品と深い学識に感心しての推薦であっ

たという。

平洲はこの時から月に6日、上杉家に来て鷹山のために学問を教授することになったが、鷹山は平洲を終

世師と仰ぎ、学問のことだけでなく、政治面にも指導を受けています。

彼の儒教的政治は、ここからくるのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160515




                                    <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

出羽国米沢藩第9代藩主・上杉鷹山 その2

『鷹山は九州・秋月家からの養子』

鷹山の名は治憲、鷹山は号です。

宮崎県高鍋は秋月家3万石の城下です。

秋月家というのは、もともと福岡県の秋月にいた大名だったのですが、秀吉によって配置換えで高鍋に移さ

れたのです。

上杉謙信(1530-1578年)
ue.上杉謙信 001

鷹山は、ここの次男として生まれたが、10歳の時、上杉家の養子となっています。

この当時、上杉家は石高こそ米沢15万石に過ぎなかったが、家柄はたいへんなものです。

関東管領の家であり、上杉謙信の末孫なのです。石高も謙信時代には300万石はあったでしょう。

その次の景勝の時には会津で120万石、このほかに佐渡も持っていたので、金山からの収入を合わせて、

少なくとも150万石はあったのでしょう。

関ヶ原役の時、西軍に属して会津でアンチ徳川の色を立てたので、米沢30万石に切りちぢめられたのです。

さらに4代将軍・家綱のとき、その頃の当主・綱勝が急死したした際に、養子届けをしていなかったため、武家

諸法度の条文によって本来なら取り潰しになるところであったが、百方運動して高家旗本の吉良義央の長男・

綱憲に家を継がせることに成功しています。

その代わり、領地は半分に削られて15万石になったのです。

なぜ、吉良家からということですが、家を継いだ綱家の母は、上杉家から吉良家に嫁いだ人だったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。




pig 20160514




                            <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム