『女城主・井伊直虎』 その11

『城主・直親謀殺される』

小野氏は父の和泉守直政が直満・直義兄弟を讒言したように、またもその子を・但馬守道好が、

直満の子の直親を訴えたのです。

直親は申し開きをするため駿府に出向き、いよいよ掛川城が近づいてきたときだった。

直虎 003

『井伊家伝記』は

「掛川御通りの節朝比奈備中守取り囲み一戦に及び、直親主従共粉骨を尽くすといえども、無勢

故ついには傷害成され候」と記す。

直親が今川を攻めると誤認して討ったとするが、氏真の命令を受けて城下への入口で待ち伏せ、

問答無用に謀殺したのでしょう。

直親の遺骸は同行して生き残った足軽や中間に担がれ、直親の屋敷があった祝田(浜松市北区

細江町)まで運ばれた。

この遺骸は、南渓和尚が蜂崎神社の荻原宮司を使いに出して、掛川城からもらい受けてきた。

27歳の元許婚の短い人生は、今川家への怨嗟の生涯だったと、直虎は改めて思ったことでしょ

う。

火葬の現場に直親の妻はいたが、一粒種の息子・虎松の姿はなかった。

直親が殺された時、氏真から虎松も誅殺するよう命が出されたのです。

駿府にあった新野左馬助が、身命を賭し虎松の助命を嘆願し、やっと許されたが、いつ殺せとの

命令が出るかわからない。

左馬助は母親から虎松を預かり、まず井伊谷城の居館三の丸の南に隣接する新野屋敷に保護

した。

そして暫くして小野但馬守にわからないように、虎松を母親とともに安全な場所に匿った。

「礎石伝」は、虎松と母が隠れ住んだのは、新野左馬助の伯父が住職である引馬の浄土寺という。

直親を助けて信州松源寺まで従った忠臣の今村家が今回も供をした。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20170325.jpg




              <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

『女城主・井伊直虎』 その10

『遠江は草刈り場に』

家康は氏真に失望し、桶狭間の戦いの年、織田信長と早くも和睦し、尾張清洲城と会盟します。

井伊家の家督を継いだ直親にとって、家康の妻・築山殿は6歳年下の従兄弟であった。

今川氏真(1538~1615年)
im.今川氏真 02

このためその夫である家康に親近感をもって当然であり、今川氏には父・直満を殺された恨み

があり、さらに今川氏のために死んでいった直盛主従らはじめ、先祖たちの辛酸を思うと、直親

の心は親家康、反氏真になっていた。

だが、小野但馬守は家康に傾倒する直親がだんだん目障りなってくる。なにしろ小野家は今川

に忠誠を誓って、井伊家を威嚇し穏然たる勢力を保持してきたからです。

一方、南渓は井伊家の先行きに不穏なものを感じていた。

今川のタガが緩み、遠江の武将たちは新たな主人を捜しはじめた。

遠江は草刈り場となり、武田信玄の目が遠江に向くことは決定的だったからです。

信長と同盟を結んだ家康も三河から当然、遠江を狙うことは間違いない。そうなれば政局にうと

い氏真もこれを見て見ぬふりはできない。

混迷の時が目の前にみえていた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170318



                 <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

『女城主・井伊直虎』 その9

『桶狭間後の騒動』

桶狭間の悲劇が起きた年末、さらに由々しい事件が起きた。

奥山朝利が小野但馬守によって殺害されたのです。

20170312.jpg

この奥山朝利の3女は、小野但馬守のすぐ下の弟・小野玄蕃朝直に嫁いでいたので。

そんな血縁関係にありながらも、あえて但馬守は凶行に及んだのです。

動機を推察すると、井伊家分家の中で最大の実力者が奥山氏だった。その当主・朝利が婚姻に

よって有力家臣の間に入り込み、権力を持ち、桶狭間で死んだ宗家の直盛に代わって、井伊家

を支配するのを恐れたからでしょう。

かつて父・和泉守は、直満の息子・亀之丞と直虎が結婚することで、直満が大きな権力を握る

のを恐れて殺害した。

今度も同じ動機といえます。

あくまでも井伊家の補佐役の一番は小野家でなければならなかった。

父・和泉守の思いは、そのまま子の但馬守に引き継がれていたのです。

災いの芽は早く摘み取るにこしたことはない。

氏真に何かを訴えて、氏真の了解のもとに殺害したことは間違いなく、周囲は手が出せなかっ

たのでしょう。

小野但馬守は、井伊家にとって恐るべき存在だったのです。

一方、桶狭間での義元の死は、今川氏に従属してきた遠江、三河の武士たちを大いに動揺させ、

さらに氏真は連歌・和歌・さらに蹴鞠は上手で酒宴遊興にばかり心を寄せて、政治の道には疎く、

父の仇討ちもできない暗愚な後継ぎと馬鹿にされるようになり、今川に背く者が増えはじめた。

その最たるものが徳川家康であった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20170311.jpg




               <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

『女城主・井伊直虎』 その8

『桶狭間の戦いで敗戦』

井伊直盛は先陣を命じられ、前日駿府館を発った先発隊に合流した。

総勢は公称4万というが、実際は2万5千とされ、義元の本隊は翌12日に出発した。

直盛ら先発隊は15日には池鯉鮒(知多市)に、17日には鳴海方面に至り、付近の村々に放火

した。

桶狭間 (桶狭間訪問記は「こちら」です。)
ok.桶狭間古戦場公園 002

義元は18日、本陣を沓掛(豊明市)に置き、その夜、大高城に兵糧を入れさせた。

19日明け方、今川軍は織田方の砦を襲い、松平元康(家康)は苦戦して丸根砦を落とし、隣接

した鷲津砦も朝比奈泰朝が落とした。

沓掛から大高に向かう途中、義元は丸根・鷲津の勝利を聞き、気をよくして桶狭間で乗っていた

輿を降りて休憩した。

夕立が来る。風雨が急に強くなって、あっという間に通り抜けていった。

織田信長の2千の兵は二手に分かれて今川の軍勢を襲う。

一手は直盛らがいる先手衆に攻めかかり、もう一手は完全に油断していた義元を直撃した。

義元は刀を抜いて、突きかかってきた服部小平太の槍を切り折って、さらに相手の膝を割る力戦

をした。だが、助っ人に入った毛利新助に首を取られた。

その際、義元は相手が口に突っ込んできた左の指を食いちぎって果てたという。

有力武将たちも次々に討たれた。

「井伊家伝記」は直盛が死に際に残した遺言を伝えています。

小野但馬は二心合ってあって心もとないので、井伊一族である中野越後守直由に留守を頼んで

きた。

これからも但馬守と直親の主従の間が心もとないので、中野越後守に井伊谷を預けたい。時節を

みて引馬城へ直親を移したいので、このことを祖父・直平に伝えて欲しいといって、奥山孫四郎に

介錯させて切腹した。

逃げ帰った兵士などから戦況を聞いて、井伊谷は悲鳴と嗚咽に包まれる。

直虎も父の死に茫然とし、龍潭寺に籠って、亡くなった人々の魂の平安をただひたすら仏に祈るし

か、直虎には術がなかった。

直盛享年55歳、亡骸は龍潭寺に戻ってきた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170304.jpg



                 <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>

『女城主・井伊直虎』 その7

『今川氏西上の目的は』

運命の永禄3年(1560年)が訪れる。

直親とその妻は結婚して5年が過ぎようとしていた。だが、いまだ子供は授かっていなかった。

夫婦は元旦の朝、龍潭寺に参詣し、

「なにとぞ一国一城をもてる器量の男の子を授かり、井伊家を相続し、武光を万代へ伝えたく

思います。この直親25歳の厄年ですが、観音に立願する次第です」

と手を合わせ、念持仏として世継千手観音を作った。

その小ぶりの観音像は龍潭寺にあります。

この後、幾度も夫婦で参詣し祈願を続けたという。

そして5月、懐妊がわかり夫婦は無上の喜びに包まれます。

井伊直盛
ii.井伊直盛

しかし、その5月、井伊家は奈落に突き落とされるのです。

5月11日、軍装も麗々しく蹄の音を響かせて、直盛が率いる井伊家の軍団は井伊谷を後にし

た。

一族から選りすぐった武勇の士たちが従う。

尼姿の直虎は母と、馬上の父の勇荘な姿に魅入った。

「どうかご無事でお帰りください」

直虎は数珠を手に合掌する。

守護の今川義元は前年から、軍用皮革の納入を命じ、戦場掟書を各所に発して征西の準備をし

ていた。

これは将軍を補佐し、門地や実力の高さから、あわよくば天下の実権を握ろうと、上洛するの

が目的であったと長くいわれてきました。

しかし最近は、今川氏が支配していたとはいえ、西三河は尾張の織田方によしみを通じる土豪

も多く、三河を完全支配するには尾張を切り従える必要があるとして、尾張の制圧をめざした

出陣であったといわれるようになっています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170226



                <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ