FC2ブログ

賤ヶ岳の戦い その52

『賤ケ岳九本槍だった』

賤ケ岳の戦いといえば七本槍が有名ですが、これは寛永2年(1625年)に小瀬甫庵という儒

医が、『太閤記』と題する太閤秀吉の一代記のなかで記しているのです。

熊本城の加藤清正
ka.加藤清正像 002

加藤虎之介(清正)・加藤孫六(嘉明)・福島市松(正則)・脇坂甚内(安治)・加須(糟)屋

助右衛門尉(武則)・平野権平(長泰)・片桐助作(且元)という7人の武勲者の履歴を述べ、

右の7人を七本槍と称しているのです。

この感状の実物が9通も現存し、どれも同文で、日付も同じ天正11年6月5日になっていると

いうのです。

ただ、福島市松あての感状だけが、5千石の知行を賞賜しているが、あとの8人は3千石になっ

ているという。

これから推測すると、賤ケ岳合戦の直後に、七本槍などというものが決まったわけではなく、天

正11年の6月5日付けで、合戦当日、一番槍をつけた9人の勇士に感状が与えられ、知行3千

石、または5千石が下賜されることになった。

ところが、この9人のうちで、石川兵助は合戦の場で討死し、桜井佐吉は、天正14年に病死し

た。

そこで、残る7人を天文年間の織田信秀(信長の父)の小豆坂七本槍の例にならって、賤ケ岳七

本槍と名づけたもので、少なくとも慶長年間に定められたのでしょう。

賤ケ岳七本槍という俗称を有名にしたのは、『太閤記』という大衆的歴史評伝の影響力なのでし

ょう。


賤ケ岳の戦いは、柴田勝家の敗走により、羽柴秀吉の勝利となりましたが、その後の北ノ庄城の

落城は、『北陸平定』で勉強してみたいと思います。

よかったら、お付き合いください。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robinは生まれて初めての場所に行ってきました。
さあ、何処に行ってきたのでしょうネ。

robin 20190117




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

賤ヶ岳の戦い その51

『勝家の敗走』

正午頃になって、敵の陣営に動揺の気配を認めた堀秀政は機を逸せず攻勢に転じた。

また、秀吉も集福寺坂をくだって、その麓に兵力を集中し、まさに柴田勝家の左側を攻撃しよ

うとし、堂木山・神明山の砦の兵も秀政の部隊に加わり、木ノ本・田上山の軍勢も、後方から

続いた。

北ノ庄の柴田勝家
sh.柴田勝家像 01

勝家は背進するにも、まず、この羽柴軍に一撃を加えなければどうにもならない。

そこで、勝家は反撃に出て、いちど羽柴軍を退けてから、馬標を毛受(めんじゅ)家照に授け、

100余人の近臣を連れて柳ヶ瀬の戦場を脱出し、北国街道を越前に向かって疾走した。

毛受家照は、狐塚から約1km退き、林谷山の原彦次郎のいた砦に入った。

堀秀政の兵は、これを勝家と誤認し、逃げるのを追って、林谷山の砦に迫った。

秀吉は、この攻撃を監視していたが、損害を少なくするために、砦を包囲させ鉄砲の集中攻撃

をさせている。

家照の兵は少なかったが、金の御幣の馬標を中心に防戦に努めたが、ついに力つき、家照は

壮烈な討死を遂げている。

午後2時であったという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190115




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

賤ヶ岳の戦い その50

『羽柴軍優勢に』

勝家は堀秀政と対峙したままで、午前中を過ごした。

この間、勝家は盛政が無事に撤退できることを願い、また秀政は秀吉の進撃がすみやかに達

成することを祈っていた。

堀秀政(1553-1590年)
ho.堀秀政

両軍は対峙したままで、西方の峯筋における戦闘を望見していたのです。

ところが戦闘は、しだいに羽柴軍に有利に展開し、午前11時頃には、文室山は羽柴軍の蹂躙

するにまかせ、正午近くになって、秀吉は兵を集福寺坂の麓にまとめ、いまや勝家の本隊の側

背を衝こうとする気配を示した。

また、前面の東野の羽柴軍もしだいに増加していた。

そのような情勢に圧倒されて、勝家の本隊では脱走兵がしだいに多くなり、留まる者はわずかに

3千にすぎない有様であった。

ところが勝家は、この残兵を率いてあくまで秀吉と決戦を行なおうとしたという。

しかし、近臣らは、みなこれを諌止し、いちど越前に帰国し、再起をはからんことを主張した。

なかでも、毛受家照は勝家の馬印を持って身代わりに討死すること願った。

勝家も、しかたなく衆議に従った。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20190114.jpg


<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

賤ヶ岳の戦い その49

『羽柴方の攻勢』

柴田勝家は、賤ケ岳決戦の前日(4月20日)の早朝、佐久間盛政の大岩山急襲に呼応し、左

禰山の堀秀政以下、堂木山付近の羽柴方の軍勢を牽制するため、内中尾山の本陣を出発し、約

4km南下して、狐塚に陣取った。

柴田勝家(1522-1583年)
sh.柴田勝家 03

そうして盛政から、大岩山を陥れたという報告を受けると、ただちに撤兵を命じたが。盛政が、

いうことを聞かずに、大岩山付近に野陣したため勝家もひきとることができずに、そのまま狐

塚に陣取っていた。

ところが、その夜、秀吉が美濃の大垣から戻って来て、木ノ本に到着したという急報が届き、

そのうちに、盛政が大岩山から背進するという知らせを受けた。

そこで翌21日は、朝早くから盛政と取っていたらしい。

しかし、この日の早朝、左禰山にあった堀秀政が山をくだって東野に陣し、中ノ郷にいた小川

祐忠もこれに加わり、木ノ本および田上山にいた羽柴秀長の麾下も前進して、これに加わろう

とし、羽柴方は全体的に攻勢に出てきた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190113




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

賤ヶ岳の戦い その48

『鬼玄蕃敗走』

佐久間隊より後方に陣していた柴田方の諸隊は、佐久間隊が敗退したと見なし、まったく戦意

を失い、敗走者が続出したという。

しかし、佐久間盛政は柴田勝政の兵を収容し、勇敢にもその陣地に拠って、なお防戦しようと

したという。

鬼玄蕃(佐久間盛政)
sa.佐久間盛政 04

しかし、この頃になって、秀吉の兵力は増大し、賤ケ岳の砦にいた桑山重晴はもとより、大溝

から来援した丹羽長秀の兵も参加し、南方からも、東方からも、盛政の軍勢に強烈な攻撃を

加えた。

これに対して、盛政方では佐久間安政・原彦次郎らが大いに奮戦し、行市山の陣地へ、峯筋を

北方に背進したが、ついに力およばず、佐久間勢はまったく壊乱に陥り、その一部は峯伝いに

柳ヶ瀬方面へ、また一部は山をくだって塩津方面へ敗走した。

秀吉は、権現坂から北方約2kmの集福寺坂付近に至って、ようやく追撃を中止した。

この時、正午近くであったという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190112



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ