FC2ブログ

奥州仕置 その32

『南部信直局面打開できず』

『南部史要』によると、攻撃を開始したのは、当主・南部信直の方で、天正19年(1591年)

正月17日に、世子利直・南康義・七戸直勝・東重政らを率い、大挙して九戸政実の宮野城を攻

めた。

南部信直(1546-1599年)
na.南部信直

しかし攻撃は失敗して三戸に帰ると、今度は政実かたの櫛引清長が南盛義の清水城を攻め、3月

13日には九戸政実みずから将となり、櫛引清長・七戸家国らの軍を率いて出陣、又重・苫米地

・浄法寺・島森などの城堡をめぐって攻防戦を展開したが、政実かたの一戸城は信直の軍隊を引

き寄せて頑強に死守したから、形勢はようやく持久態勢となり、領内の有力な家臣の動向も微妙

になってきた。

根城の八戸氏・剣吉城の北氏・名久井城の東氏・野田城の野田氏などは信直かたであったが、鹿

角・閉伊・志波方面の館主らは政実に味方し、または態度を保留する者が多く、信直としては、

この局面を打開するためには、中央の援軍を求めるほかに打つ手がなかった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190930



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

奥州仕置 その31

『政治の空白を狙う』

九戸政実は南部氏内の実力者で、当主・信直が家督を継いだ時も、領内は政実派と信直派に分

かれて対立し、大勢はむしろ政実に有利であったのを、北信愛(きたのぶちか)が強硬に信直

を推して、信直の家督相続が決定していたのです。

九戸城
ku.九戸城 002

従って、この頃から信直と政実は反目しており、政実はその手腕力量によって南部氏が津軽問

題で失敗したのも両者の対立が原因となっている。

しかし、信直はすでに秀吉にも参謁し、南部の領主として認可を受けているから、政実がいか

に内部で実力があっても、信直に反逆することはすなわち天下の勢力に反抗することになり、

反乱の烙印をおされることになるのです。

そのような危険をおかして政実が一揆を起こしたのは、両者の対立がとうてい和解しえないほ

ど悪化していたこと、秀吉の第1回仕置は大崎・葛西一揆の発生で、事実上崩壊し、第2回仕

置を行なわなければならない状態であったから、この際に信直を倒せば、南部家を乗っ取るこ

とができると判断したこと、などの理由から政実は、大崎・葛西一揆の後、伊達政宗も上洛し、

中央軍も撤退して、一時、奥州の政治が空白になった時期を狙い、反旗をひるがえしたのでし

ょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190929



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

奥州仕置 その30

『土民の蜂起』

大崎・葛西一揆の勃発は、出羽方面にも波乱を生じさせ、天正18年(1590年)10月20

日、一揆発生後まもなく、庄内方面を仕置して帰還しようとする上杉景勝・大谷吉継に対し、土

民が蜂起して襲撃を行なった。

上杉景勝(1556-1623年)
ue.上杉景勝

庄内は上杉氏の所有で、景勝は大浦・大宝寺・藤島・東漸寺の各域に家臣を配置していたが、土

寇(どこう)は各地で一揆を起こし、上杉氏の家臣は大浦に集まって防ぎ、景勝も大浦に入り、

ようやく一揆を平定して11月、景勝は帰国した。

しかし、この時は大浦付近の一揆を破ったのみで、藤島方面の一揆はいぜん城を占領して対抗し、

上杉氏も手を焼いたという。

翌19年5月、直江兼続が庄内に入って藤島城を攻略し、大宝寺城の修築を行ない、はじめて庄

内の治安は復活した。

これは伊達政宗の宮崎・佐沼攻撃に先立つ1ヵ月であった。

しかし、葛西・大崎一揆の連鎖反応としても、もっとも重大な事件は南部領に発生した九戸政実

の反乱であった。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190928



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

奥州仕置 その29

『第2回仕置』

第2回の仕置には、豊臣秀次・徳川家康・上杉景勝のほかに、浅野長政・大谷吉継・石田三成

も従軍した。

石田三成(1560-1600年)
is.石田三成 001

家康は9月に岩手沢・佐沼を巡見して、両城の縄張りをし、10月27日帰途についた。

石田三成は9月に江刺・気仙・東磐井方面に入って諸城を収め、大谷吉継もこの方面に出張し

ていたようです。

この乱に際し稗貫広忠は、胆沢郡平泉に入って一揆軍と対立したが、一揆軍のため攻め滅ぼさ

れ、稗貫氏独立の願望は達せられなかった。

葛西晴信は木村氏の治下においては、桃生方面に居住し。御家再興の運動をつづけたが、この

地方が伊達領となり、政宗もここを本拠とせざるえない立場になったので、晴信の存在も不安

定となり、間もなく金沢に移り、そこで没したらしい。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190925



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

奥州仕置 その28

『政宗の移封』

8月6日、第2次仕置軍の総帥・豊臣秀次が、徳川家康とともに二本松に到着、浅野長政・蒲生

氏郷も参会し、政宗は一揆一掃の顛末を報告、9月23日、徳川家康の縄張りによる岩手沢城が

修築され、政宗は米沢からここに移った。

伊達政宗(1567-1636年)
da.伊達政宗

米沢は伊達氏の故地であり、政宗はここを保有するためいろいろ運動したが、結局功を奏せず、

政宗の新領土は、葛西・大崎の旧領に、黒川・宮城・名取・柴田・伊具・亘理・宇多を加えた2

0郡となった。

一方、政宗から没収した置賜・伊達・信夫・安達・田村・刈田の6郡は蒲生氏郷の領土となり、

氏郷は奥羽最大の大名として睨みを効かすこととなった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


久しぶりに袖ケ浦海浜公園に行ってきました。

ka.海浜公園




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム