FC2ブログ

月山富田城の戦い その13

『月山富田城の開城』

永禄9年(1566年)11月28日、富田城は開城した。

尼子経久が文明18年、富田城を切り取ってから、ここに80年、山陰・山陽の雄拠月山は、

毛利の手に落ちた。

永禄5年、元就が洗合に陣してから満4年、尼子氏はよく戦ったが、元就もよく待ったもので

す。

毛利元就(1497-1571年)
mo.毛利元就 001

厳島の合戦に、電光石火の行動を見せた元就は、この度は悠々閑々、自信たっぷりの戦いを演

じた。

作戦の妙というか、その幅の広さ、奥の深さが思われます。

月山富田城を下城した、義久・倫久・秀久の3兄弟は、杵築に送られた。

富田籠城の将兵・僧侶ら百数十名は、思い思いに散り、どこまでも、義久と行動を共にしよう

と願った立原久綱・山中鹿介以下49名の者も、杵築から先の同行は許されず、望みを将来に

かけて、東西南北の人となった。

今は捕らわれの身となって、安芸に送られる尼子の当主を、土地の人々はどんな気持ちで眺め

たのでしょう。

尼子氏に代わって、月山富田へ入城する天野隆重の姿や、山陰の総師として、出雲の経営にあ

たる吉川元春にも、戦国乱世の時勢の移り変わりを、いやが上にも汲み取ったことでしょう。



月山富田城の戦いにお付き合い戴きありがとうございました。

次回は、尼子家の再興のために山中鹿介らが戦った、上月城の戦いを勉強してみたいと思います。

よかったらお付き合いください。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20191204.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

月山富田城の戦い その12

『元就の兵糧攻め』

毛利の大軍に囲まれ、孤立無援になった富田城からは、投降者が続出したが、はじめ毛利元就

は許さなかった。

月山富田城中山御殿跡(月山富田城登城記は「こちら」です。)
ga.月山富田城 002

これは城内の兵糧を少なくするためであったという。

ついで、これを許可したので、尼子累代の将も多く降った。

そこで、尼子義久の老臣・宇山久信(久兼)は、どうにかして、これを阻止しようとしたが、元

就が放った間者のため、

「久信は毛利氏に内応する意思がある」

とされ、永禄9年正月1日、ついに斬り殺されてしまった。

こうなっては、富田の命運は尽きたも同様であった。

10月の中頃になると、

「富田の儀、日ならずして一着必定候、23日以前にも、宗徒の者450まかり退き候」

という有様になった。

万策つきた義久は、11月21日、使者を元就の本陣に送って、

「身は籠城の兵に代わって自刃し、城を明け渡そう」

と申し入れた。

元就は

「尼子氏は累代、山陰の豪族である。たとえ、いま力尽きて、わが軍門に降りるとも、その門葉

を断絶させるに忍びない。どうか城を出て、安芸に来られ、平穏に余世を送られたい」

と答えた。

これは人間元就の涙ある態度なのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20191203.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>


テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

月山富田城の戦い その11

『鹿介の勝利は』

富田川の中州で、鹿と狼の決戦はつづく。

棫木狼之介は水際に追い詰められた。

「鹿介、組もう」

「よし、のぞむところ」

と、鹿と狼との格闘にかわった。

山中鹿介(1545-1578年)
ya.山中鹿介 003

鹿は中州の端に片足をすべらした。

狼はここぞとねじ倒す。

組み伏せられた鹿は、すばやく腰刀を抜き、下から狼を2刺し突き落とした。

意外の逆襲に、うなり声をあげた狼之介を、はね返したかと思うと、その首は、山中鹿介の手に

斬り落とされていた。

「石見の国からまかり出た狼を、出雲の鹿が討ち取ったり」

鹿介は高々と叫んで、悠々と味方の中に去った。

以上は、『雲陽軍実記』からですが、

『陰徳太平記』には、鹿介が斬りたてられて危くみえたので、秋上伊織介が狼の後ろへ廻り、け

さがけに斬った。

狼は倒れざまに、鹿の膝口に斬りつけた。

鹿は狼の首を取ったが、深手を負って、郎党の肩を借りて退いたとしている。

また、『吉田物語』や『老翁物語』なども、鹿介にとって名誉な記述はしていないという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20191202.jpg



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

月山富田城の戦い その10

『山中鹿介』

時は来た。

陣所を巡視している山中鹿介の姿を見つけた棫木狼之介勝盛は、大音声をあげて

「やあやあ、それに行く、鹿の角の前立を付けておられるのは、かねて聞く山中鹿介どのと見

うけた。かく申すは、益田越中守が内に、名の知れた棫木狼之介、一騎打の勝負をして、嫡味方

の眠りをさまし申さん」

と呼ばわった。

山中鹿介
ya.山中鹿介 001

これを聞いて、鹿介は

「大勢の中から、よくこそそれがしの名を呼ばれた。しからば勝負つかまつろう」

と、すぐに川の中へ進んだ。

狼之介は大弓に矢をつがえて、流れに飛び込んだ。

尼子陣から、秋上伊織介らが

「一騎打ちに飛び道具は卑怯千万」

と叫んだが、狼之介は弓をすてない。

伊織介が大雁股の矢をつがえ放すと、その矢は狼之介の持った弓の弦をみごとに射切った。

怒り狂った狼之介は、弓を棄てて川中の砂州に上がり、太刀を抜いて、鹿介に斬ってかかる。

鹿介も則光の太刀を抜き、わたりあった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20191201




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

月山富田城の戦い その9

『鹿と狼』

9月になり、毛利軍は、また富田城に戦いを挑んだ。

例の鹿と狼との一騎打ちの話は、この時の話です。

山中鹿介(幸盛)(1545-1578年)
ya.山中鹿介 002

毛利氏に従軍していた石見の益田藤包の家人に、品川大膳という荒武者がいた。

大膳は毛利勢のなかで、尼子の将・山中鹿介の勇名がもてはやされることが、不快でたまらなか

った。

そして

「今に見ていろ、鹿介を討ち取って、あっぱれ武名を天下に轟かせてやるわい」

と野心満々だった。

そこで

「鹿に勝つものは狼だ。また鹿を棫木(たらき)をくえば、その角を落とす」

といって、にわかに棫木狼之介勝盛と名を改め、機会を狙ったという。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20191130.jpg



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム