上総国・久留里城

『里見氏の居城・久留里城』

お盆休み山城めぐりの2城目は、上総久留里城に行ってきました。

1535年(天文4)里見義堯はこの地を本拠とし、改めて古久留里城(上の城)の下に新たに現在

の城地に久留里城を築いた。(年代には異説あり)

1564年(永禄7)、北条軍の上総侵攻により城は一時陥落するも、その後、再び里見氏が奪還し

ています。

ku.久留里城 003

1590年(天正18)、豊臣秀吉による小田原征伐の際に、里見義康は参陣を命じられたが従わず

、秀吉の不興を買い安房一国の領有は許されたが、上総の所領を没収されます。

この年に徳川家康が関東に入封し久留里城には松平(大須賀)忠政が3万石を与えられ入城してい

る。

深い堀切や井戸など多くに遺構が残っています。
ku.久留里城 001 ku.久留里城 002

その後、1600年(慶長6)の関ケ原の戦いの功により、松平(大須賀)忠政が3万石加増のうえ、

駿河国横須賀城に転封となったため、土屋忠直が2万石で入城します。

土屋氏は1679年(永宝7)に改易となり一時廃城となったが、1742年(寛保2)上野国沼田

城より譜代大名の黒田直純が3万石で入城し再び立藩しています。黒田氏は明治維新まで居城し、

明治5年廃城令により久留里城の歴史は終っています。

昭和54年に模擬天守が土壇の天守台脇にRC構造にて建造されています。

左の土盛が実際の天守台です。
ku.久留里城 004

江戸末期に実際に建っていたものは、2層2階であったと推定されていますが、再建された天守は浜

松城模擬天守をモデルとした2層3階であり、実際に建っていたものとは大幅に異なります。


駐車場から100m余の高低差を上がるだけでしたけど、夏の山城はたいへんです。

季節が良くなってからいくべきですね。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

舅どの の城「大多喜城」

『本多忠勝の大多喜城』

真夏の山城を2城たのしんできました。

まず最初は、真田信之の舅どのの大多喜城です。

大多喜城の登城は2回目で、前回はバイクでの登城でした。 (前回の登城記は「こちら」です。)

oo.大多喜城 001 oo.大多喜城 002

大多喜城は16世紀の前半代に武田氏が入城したとも言われていますが、天文期(1532~15

55)に安房の里見氏の重臣であった正木氏が入り、以後4代に渡り、上総正木宗家の居城として

発展しています。

oo.大多喜城 20160815 007

その後、1590(天正18)年に、北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされると、徳川家康が江戸城に入り、

大多喜城を本田忠勝に与えて安房の里見氏の勢力をおさえた城です。

現存の二の丸御殿薬医門 (大多喜高校(二の丸跡地)に移設されています。)
oo.大多喜城 20160815 001

本多氏時代に掘られた大井戸 (二の丸)
oo.大多喜城 20160815 003

本多忠勝【10万石】天正18年(1590) 徳川四天王の一人とうたわれた家康の重臣
                慶長6年(1601)伊勢国(三重県)桑名城に移る

ho.本多忠勝 005

熱演の藤岡さん
ho.本多忠勝 006

本多忠朝【5万石】慶長6年(1601)本多忠勝の次男 
           元和元年(1615)大坂夏の陣で戦死

本多政朝【5万石】元和元年(1615)本多忠朝の甥
           元和3年(1617)瀧野城に移り、後の姫路城主となる

oo.大多喜城 20160815 005

城主は本多氏の後、阿部・青山・稲垣氏へと引き継がれ、1703(元禄16)年に松平氏が入城

し、以後、松平氏は9代続き明治の廃藩置県を迎えています。

oo.大多喜城 20160815 006

無双の忠勝さん、大河ドラマになるといいですね。
oo.大多喜城 20160815 008


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。








                           <参考文献:現地パンフレット>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

『南総里見八犬伝の舞台・館山城』

『今年最初の城は館山城(里見城)』

里見氏の最後の居城・館山城は1580年に、里見義頼によって築城されている。

その後、1614年に里見氏は改易され、館山藩は取り潰しとなり、この時に館山城も廃城となり、破却されて

います。

ta.館山城 20160203 001

1781年に、稲葉正明が館山藩主となって館山に入ったが城を再建することはなかった。

現在、山頂には天守閣を模した館山市立博物館分館(八犬伝博物館)が建ち、里見八犬伝に関する読本・絵

草紙・綿絵などが展示されています。

ta.館山城 20160203 002

館山城に登城したのは5年ぶりです。 この写真は前回撮ったものです。

ta.館山城 20160203 008

今回、登城した最大の目的は、孔雀園の近くで「河津桜」が満開とのことでしたが、河津桜その物が見つかり

ません。

お~い。こっち向いて!

ta.館山城 20160203 004

サービス、さーびすですよ。

ta.館山城 20160203 005

河津桜はありませんが、梅が咲き誇っています。

ta.館山城 20160203 006

まさかの梅と河津桜の間違いなのでしょうか。

ta.館山城 20160203 007



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

巨大な遺構が残る飛山城

『秀吉の宇都宮仕置で破却された飛山城』

飛山城は鎌倉時代後期に宇都宮景綱の家臣・芳賀高俊によって築かれたといわれます。

鬼怒川の東岸を利用して造られた東西240mm、南北420mの長方形の縄張りに築造された平山城です。

to.飛山城 001 to.飛山城 001-1

戦国時代になると芳賀氏や飛山城も関東平野の覇権争いに例外なく巻き込まれ、宇都宮氏や芳賀氏を支援

した常陸国の佐竹義昭による宇都宮城奪回作戦の最前線基地となっています。

現在は国の史跡に指定され、残されている遺構は約ヘクタールと広大な領域に広がり、北側と西側を鬼怒川

およびその支流に沿った断崖(25m)、東側と南側を二重の土塁と堀で囲う、堅固な造りとなっています。

内側空堀も幅15m、深さ4mもある大掛かりな遺構を保持しています。

大手口木橋と空堀
to.飛山城 002 to.飛山城 003

桝形門跡
to.飛山城 004

内堀を越えると本丸ですが、 本丸にある兵将の詰所が妙に貧弱です。
to.飛山城 005 to.飛山城 006

1590年、関東に台頭していた後北条氏を滅亡させた豊臣秀吉は宇都宮城に入城し、関東の支配体制を決

定する宇都宮仕置を行います。

秀吉は宇都宮氏18万5千石の所領安堵を裁決した一方で、「いらざる城は破却せよ」との命令を発したため、

破却され廃城となっています。

西の天然の要害・鬼怒川
to.飛山城 007

同じ鬼怒川の下流方向を逆光で撮ると、釧路湿原のようにも見えます。
to.飛山城 008

二の丸を歩いていると、地震で崩壊し屋根だけが残っていると思える建物が、なんと地下のみの建物です。

入口は施錠されており、中を見ることはできませんでした。

to.飛山城 009 to.飛山城 010

中世の城でありながら、河川を要害として利用し、深い堀を持つ平城は珍しい城です。

to.飛山城 011


この城を見た後、「宇都宮城のライトアップ」を撮りに行きました。







ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

上野国 女渕城

『上野国 女渕(おなぶち)城』

女渕城は群馬県前橋市粕川町の赤城山麓にある戦国期に存在した城ですが、いつ、だれが城を築いたのか

わかっていません。

赤城山麓のこの他は、他の城と同様に武田氏、北条氏、上杉氏らの戦国大名の勢力争いの舞台となった地

で、女渕城もこれらの軍勢に攻められ城主を度々変えたようです。

on.女淵城 001

1590年、小田原の北条方に属していたことから、豊臣秀吉の軍勢に攻められ、小田原氏の敗北と同時期に

落城し廃城となっています。

この城は、この地域では珍しく広大な水掘り(最大幅90m)を巡らせ、北から北曲輪、本丸、二の丸、三の丸

(御霊局和)、 竜光寺曲輪が並んでいます。

on.女淵城 005

on.女淵城 002

本丸で佇むpigletは、朝日がまぶしく固まっています。

on.女淵城 006

沼田城を追われた沼田景義が女渕城城代を務めていたこともありますが、 由良氏の後援を受けて沼田城の

回復を図るが真田昌幸によって謀殺されてしまう。 池波正太郎の「まぼろしの城」に登場する沼田景義の物語

は戦国のならいとはいえ哀れです。 赤城山南麓の小城のひとつひとつに物語があります。


この城の登城は、11月下旬に群馬へ紅葉狩りに行った時に立ち寄りましたが、コンデジの中で眠っていました。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

                                                <参考文献:現地案内板>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ