「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その24

『本当のところは』

家康は千姫が助かったことに深く感動して、直盛にいった。

「かたじけない。もともとない命だった。姫をそなたに与えよう」

千姫19歳。直盛は50過ぎの色黒のむくつけき男。

それに宇喜多家の内訌のいきさつや、直盛の性格などを家康はよく知っている。

いくら感動したからといって、そんなそそっかしいことを言うわけないのでしょうが、家康は

そう言ったのだという。

徳川家康(1543-1616年)
to.家康 駿府城

いま一つもあります。

このとき直盛は家康に言った。

「千姫を救い出した者に恩賞として姫をとらせるとおっしゃたそうでございますが、たしかに

さようでございますか」

「うむ、さよう申した」

「しからば、千姫をわたしめにいただけるのでございますね」

「う~ん」

と、うなって家康は言った。

「約束だ。つかわす」

この説も苦しいです。理由は同じです。

かりに直盛が家康にそう尋ねたとしても家康は返事を濁したはずです。

風聞を聞いた直盛が本気にして、そのあと偶然に千姫を助けたものだから、自分が千姫を貰

えるものと思い込んだ・・・・・というのが真相なのでしょう。

家康が千姫を救い出した坂崎直盛に感謝したのは確かで、戦後の論功行賞で新たに5百石を

加増しています。

同じく、大野長治から護衛につけられた堀内主水は大坂方だったのにもかかわらず、家康は

幕臣に取り立て、下総で5百石の采地を与えています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170822.jpg



                    <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その23

『千姫救出』

坂崎直盛は茶臼山に着いた。

家康に直接面会して、千姫を引き渡すほどの大名でない。

家康の謀臣であり、知恵袋だった本多正信に会って、しかじかと語り、正信に千姫を引き渡した。

正信は千姫を家康のもとに伴った。

茶臼山
ch.茶臼山

家康は千姫の無事な姿を見て、瞼にうっすら涙を浮かべ、いたわるように言った。

「そうか。よくぞ、無事に戻ってまいった。よかった、よかった」

家康はつづけて侍女の刑部卿局に聞いた。

「どうやって逃げてきたのか」

「かようかようです」

刑部卿局は答え、家康はいった。

「されば坂崎出羽守と堀内主水(氏久)なる者に会おう」

2人は家康の御前まで進んでひざまずいた。

家康はいう。

「大儀であった。礼をいう」

2人は声をそろえた。

「かたじけのうございます」

それだけのことだったのだが、坂崎直盛は千姫を助け出したのだから、自分が千姫をいただける

ものと思い込んだ。

以上が直盛による千姫救出の真相だと思いますが、家康との対面のとき、こんなことがあったとい

われますが、これは次回に。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170820.jpg



                    <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その22

『千姫出城』

3万石というと家来を5、6百人はいたのでしょう。この時もそのくらいを従えていたのでしょう。

二ノ丸に立つ秀吉公
to.二ノ丸に立つ秀吉

5、6百人の家来を引き連れ、三ノ丸から二ノ丸の猛火をわれ先にと潜り抜け、本丸に差し掛かっ

たところで、堀内氏久の

「われら・・・千姫様をお守りして城を落ちようとする者・・・御助成をお願いいたす」

という途切れ途切れの声を聞いた。

これこそ神慮、神の御心、神がおのれに千姫を遣わされたのだ。直盛はそう確信し、まっしぐらに

千姫の輿に近づき、ひざまずいていった。

「石州津和野で3万石を頂戴しております坂崎出羽守と申す者でございます。それがしがお供つか

まつります。どうか、大船に乗ったつもりで、御安を安んじくださいませ」

力強い言葉に不安がいっぱいだった千姫は安堵して声を返した。

「かたじけない。よろしく頼みまいらせる」

「いざ」

坂崎直盛はそういい、5、6百人の家来に千姫の輿の守りを固めさせ、家康が本陣をおいている

茶臼山に向かった。

千姫には乳母の刑部卿局のほか、ちよぼ(後の松坂)といわれた、当時14歳だった侍女もつき

従っていた。

この時、ちよぼは出羽守の家来である騎馬武者の一人に、ひょいと掬われるように馬の背に乗せ

てもらって千姫の輿に従った。

馬上から見下ろすと、大坂城から茶臼山までいたるところに、2日をかけての戦闘の死骸が無数

に転がっていた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170811.jpg


                   <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その21

『坂崎直盛はおじいちゃん』

坂崎直盛の年齢は諸説があって、よくわかりません。

宇喜多秀家は直家が44歳のときに遅く生まれた子で、このとき八丈島で奇しくも父親とおなじ

44歳を迎えています。

直盛の津和野城
tu.津和野城 006

秀家の従兄弟で重臣だった坂崎直盛は直家の腹違いの弟・忠家の子ですが、秀家よりずっと

早く生まれている筈ですから、50歳より若いということはないのでしょう。

そんな年寄りの、色が黒くてよく太った大男が

「千姫を救い出した者に恩賞として姫をとらせる」

と家康が言ったというのを耳にしてその気になるものどうかと思いますが、その気になってしま

った。

孫の可愛さのあまりの、家康の失言と受け取っておけばいいものを、生来粗忽者の坂崎直盛は本

気になった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170810.jpg




              <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その19

『津和野城主・坂崎直盛』

秀家の従兄弟にあたる宇喜多直盛というのがいて、重臣として秀家に仕えていたが、直盛は反対

派でかつ日蓮宗徒派の急先鋒となり、大坂での自身の屋敷に立て籠もって、主君・秀家とあわや

一戦という事態まで立ち至っていた。


津和野城(津和野城は百名城巡りを達成した記念すべき城です。記事は「こちら」です。)
tu.津和野城 004


捨ておけない。

家康と大谷吉継らが仲に入り、直盛は両派の戸川達安父子らとともに家康に預けられることになっ

た。

その後すぐ、関ケ原の戦いとなり、石田三成についた宇喜多秀家は堺に、さらに薩摩へと逃れるも、

島津家ではかばいきれず、幕府に自首させ、やがて秀家は八丈島に流される。

家康に預けられた宇喜多直盛にはむろんそれなりに家来を抱えていて、関ケ原の戦いに参戦。

性来勇猛果敢だったからそれなりに働き、戦後の論功行賞により、石見津和野で3万石を頂戴する

に至った。

ついでに縁起でもないからと、直盛は宇喜多の名を坂崎とあらため、出羽守を名乗った。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pigletは、いまでもさー子嬢と一緒です。

pig 20170808


                <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ