FC2ブログ

征夷大将軍 『徳川家康』 その38

『武辺のことは糾明する三河武士』

一向一揆の内乱を通じて我々を楽しませてくれる話がいくつかあります。

【その2】

浪切孫七郎も家康の配下の勇士であるが、一揆に加わっている。

家康が一揆勢と小豆坂で戦った時、浪切は家康が突進して来るのを見て、退却にかかったが、敵もかねて

知った者どもなので、あわてて逃げるのを恥じ朋輩3人とゆるゆると馬を打たせて退く。

家康勢は追いかけ、中に包んで3人まで討ち取った。

浪切は決して反抗しない。馬に捨鞭打ってひたすらに逃げ、ついに逃げのびた。

小豆坂古戦場
az.小豆坂古戦場の碑

和平になって浪切も帰参した。

ある時、家康がこの話をして、浪切に

「あの合戦で、おれはそちの逃げるのを追いかけ、2槍ついたが薄傷であったようだな」

と言ったところ、浪切は

「拙者生涯に後ろ傷を負うたことはござらぬ。あの合戦でお突きになったのは余人でござろう」

と答えたので、家康は腹を立て

「おれが突いたは、どことどこだ、はだかになって見よ」

と言った。

さすがの浪切も赤面したが、なお言った。

「拙者のからだには確かに槍傷が2ヶ所ござるが、これは余人のために負うたのでござる」

「後傷はないと申したではないか。阿呆め!へたなうそを申すな」

と家康が笑ったので、座中の皆がドッと笑ったという。

君臣ともに強情で、執拗で、こと武辺に関することはあくまでも糾明してやまない当時の武士の気質が良く

出ている話です。

このあたりが、三河武士が強かった所以なのでしょうね。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141022のコピー



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:松平定勝
松平定勝は徳川家康の異父弟で、徳川二十将に入る武将です。
定勝系久松松平家宗家初代で、その子孫は現在フリーのアナウンサーとして活躍されています。
異父弟とはいえ親子ほどの年の離れた末弟であり、家康からは可愛がられていたようです。

≪本日の問題≫


                                           <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

征夷大将軍 『徳川家康』 その37

『家康家臣の忠誠心』


一向一揆の内乱を通じて我々を楽しませてくれる話がいくつかあります。

その1

蜂谷貞次は家康麾下(きか)の勇士として有名な人物ですが、熱心な一向宗門徒なので一揆に加わった。

家康が小豆坂で一揆勢と戦った時、水野信元の弟・藤十郎忠重はその頃、兄と不和になって刈谷を去って浪

居していたが、一揆が起こったことを聞き、家康の下に馳せ参じてこの合戦に出陣した。

岡崎城
ok.岡崎城 20100508 001

蜂谷が散々に戦った後、引き退くのを見て

「逃がさじ、返せ!」

と槍をかざして追いかけた。

貞次は

「脛(はぎ)の白い分際で(青二才の分際での意)、おれと槍しようとは笑止な」

と、つぶやきつつ取って返した。

貞次は場数を踏んだ勇士であり、忠重は若武者です。

たちまち下槍になって、すでに突き伏せられようとした時、家康が馬を駆け馳せ

「貞次め、のがさぬ!」

と、槍を突いてかかった。すると、今まで鬼神のような勇猛さを見せていた貞次は槍を引いてすたこら逃げ出し

た。

これを見て、松平金助が

「きたなし、返せ!」

と大音をあげて追いかけると、貞次は

「殿のいらせられる故に逃げるのじゃ。汝らになに逃げよう」

と取って返して、一槍に突き殺し、首を取ろうとしていると、また家康が馬を駆けつけた。

「にくい奴め!」

貞次は、またすとこらと逃げ出したというのです。

信仰に凝り固まった者も、家康に対する忠心は失っていないことを物語っています。

君臣と難苦の何年も送って、相寄り相いたわって来た三河武士の君臣の情けがいかに温かかったものである

ことを物語っています。

家康の家臣らが一揆に加わったのは、主君に対する忠誠心が薄かったのではなく、信仰心の方がより強烈で

あったからなのでしょう。

一揆が家康によって鎮圧されると、貞次は大久保忠政の仲介を受けて家康に降伏し、罪を許されて再び家臣と

なっています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141021のコピー


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:羽柴秀吉の養子
結城秀康は1584年10月、羽柴秀吉の養子となり羽柴の苗字を称し、元服したとき羽柴秀吉の一字を賜り秀康と名乗っています。
しかし、1589年、秀吉に実子の鶴松が生まれると、秀吉は鶴松を生後4ヶ月で豊臣氏の後継者として指名すると。秀康は他の秀吉の養子同様に、他家に養子に出されています。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋バラを探して

『初めての赤塚植物園』

ブロガーさんたちが、きれいな秋バラをアップされているので、バラを探してみました。

バラといったら例年、旧古賀庭園や埼玉・伊奈町制記念公園に行っていますが、昨日は近くの「赤塚植物園」

に行ってみました。

ak.赤塚植物園 20141019 001

ak.赤塚植物園 20141019 003

ak.赤塚植物園 20141019 004 ak.赤塚植物園 20141019 005

この園は、小さな植物園ですから多品種・少量の植物が育成されています。

ak.赤塚植物園 20141019 012

ak.赤塚植物園 20141019 008

ak.赤塚植物園 20141019 006 ak.赤塚植物園 20141019 011

ak.赤塚植物園 20141019 010

ak.赤塚植物園 20141019 002

関東の紅葉は11月下旬から12月上旬ですが、11月になったら紅葉を迎えに北関東あたりまで、足を伸ば

してみたいものです。

この後、赤塚城二の丸にある「東京大仏」に行ってみました。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

『黒田官兵衛』 その44

『家康の次男・結城秀康が如水を慕う』

如水は大坂から京に上り、一条猪熊の邸に入った。

短期間に九州を切り平いたとの武名が京に伝わっている。

上洛の噂を聞いた大名、小名、公家らの訪問客がひっきりなしで、門前に市が出る有様だった。

なかでも家康の次男・結城秀康が、特に如水を慕って、毎日使者を遣わして安否をたずね、自分も3日に

あけず訪問した。

結城秀康(1574-1607年)
yu.結城秀康

すると、ある日、山名禅高がやって来て、

「貴殿のもとに、諸大名や歴々衆が切々とおいでになり、ことに夜間人を遠ざけて御密談もあるとかで、世

間の人々疑惑の目をもって見ています。なかでも結城宰相(秀康)様は貴殿をうやまいたもうことが親に対

するようであられるとか、かようなことは内府(家康)様は、お気に入られぬでござろう。内府様は奥の深い

方でござれば、ひょっとして、こちらに心やすく出入りしている人々のなかに目付を入れておられるかも知

れませぬ。御子息・甲斐守(長政)殿は内府様の御前よろしく、恩賞も浅からずあられますのに、貴殿が

そのようでは甲斐守殿のおためにもならぬかと存ずる。内府様がしきりに御用心あるも、みな貴殿を恐れ

てのことであると、世の人ども申しています。また、真偽は存ぜぬが、醍醐・山科・宇治、その他京に近い

在家に浪人が多数います由、これは貴殿が隠しおかれている人数であると、世間では申しています。

かえすがえすも御勘考ありたきこと」

と忠告した。


恐らく、これは家康の命を受けてのことであったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


広島・大久野島で遊ぶpiglet (2014.5.1 記事は「こちら」です。)
pig 20141018


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:風魔小太郎
風魔小太郎 - 北条家に仕える。風魔党
鉢屋弥之三郎 - 尼子家に仕える。鉢屋衆
青山虎之助 -徳川家康に仕えた。甲賀流忍者

≪本日の問題≫


                                   <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

服部半蔵の墓参り

『 二代目服部半蔵は忍者ではなかった 』

先日、四ツ谷に仕事で行きましたので、服部半蔵の墓参りして帰りました。

この半蔵さんで有名な話は

1582年、信長の招きで家康が少数の供のみを連れて上方を旅行中に本能寺の変が起こり、このとき堺

に滞在していた家康が甲賀・伊賀を通って伊勢から三河に抜ける神君伊賀越えに際し先祖の出自が伊賀

である半蔵は商人・茶屋四郎次郎清延とともに伊賀、甲賀の地元の土豪と交渉し彼らに警護させて一行を

安全に通行させ伊勢から船で三河の岡崎まで護衛したという話は有名ですね。

2代目服部半蔵の墓がある「西念寺」
ha.服部半蔵 001

服部半蔵は最も名の知れた伊賀忍者のひとりとなっていますが、この服部半蔵正成は忍者でなかったこと

をご存知でしょうか。

彼は、初代服部半蔵保長の4男として三河国に生まれ、「半蔵」を通称の名乗りとした服部半蔵家の2代目

当主なのです。

服部半蔵正成田(1542-1596年)
ha.服部半蔵正成

服部半蔵正成の墓
ha.服部半蔵 002

1590年の小田原征伐で家康に従軍し、その功により家康の関東入国後、与力30騎および伊賀同心200

人を付属され同心給とあわせて8千石を領しています。

自身は武将でしたが、父親が伊賀出身であった縁から徳川家に召し抱えられた伊賀忍者を統率する立場で

あったそうです。

この先に江戸城の半蔵門がありますが、半蔵の屋敷が門前にあったことから名づけられたそうです。 

ha.服部半蔵 003

(半蔵門の記事は「こちら」です。)







ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


sakura 20141018のコピー



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:三成は徳川家に大功を立てた
関ヶ原の後、家康は三成の嫡男・重家の処遇に悩まされたという。
本多正信に相談したら、正信は「親父の三成は我が徳川家に大功を立てましたから、それを考慮すべきでしょう」と言った。
家康が「大功とは何か?」と尋ねると、「三成は無用の戦を起こし、そのおかげで日ノ本60余州は全て徳川家に服すことになったのです」と答えた。
家康は「わかった。正信の言うことには一理ある」と答えて重家を赦免したという。

≪本日の問題≫

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

征夷大将軍 『徳川家康』 その36

『一向一揆は家康にとってプラスになった』

三河に一向宗の寺が復活したのは、これから30年たってからで、これは石川家成の母の嘆願によって

であった。

本多正信(1538-1616年)
ho.本多正信

石川家成の母は本多正信の姉で熱烈な門徒であったので、この嘆願をしたという。

彼女は家康が駿府に人質になっていた時、一緒に行って家康の面倒をみたという縁があるので、家康も

すげなくはねつけることが出来ず、願いを許したのでしょう。

一向宗門徒も一旦結束を解くと、前の力はなく泣き寝入りするほかはなかった。

本多弥八郎(後の本多正信)を含む幹部連中が国を逃げ出したのも、この家康の強引な違反を見て、身

の危険を感じたからなのでしょう。

家康が信義的であるのは、相手が強力な時だけです。

相手が弱いと見れば、ごく無造作に約束を踏みにじる。

関ヶ原戦争後の毛利家に対する態度、晩年の豊臣氏に態度もみなそうなのです。

しかし、乱世の英雄は皆そうであったのでしょうけど・・・。

家康は一揆の鎮定に難儀はしたものの、過ぎてみると、かえっていい結果になっています。

三河の人々にある意味では宗教的な権威をもって仰がれていた旧守護家・吉良氏の勢力を根こそぎ掃除

できたことが1つ、今川家に心を寄せて両端を持っていた松平一門のある者を含む豪族らを一掃できたこ

とが2つ、結果として家康を中心とする三河の強固な統一ができたのが3つです。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141016のコピー



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:茶釜を持って自爆した
みなさん良くご存知ですね。
信長は松永久秀が所有していた名器・平蜘蛛茶釜を差し出せば助命すると命じる。
それに対して久秀は「粉々に打ち壊すことにする」と返答し、織田軍の総攻撃が始まると平蜘蛛に爆薬を仕込んで自爆したという。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

征夷大将軍 『徳川家康』 その35

家康さんをサボっていたので、少し進めたいとおもいます。


『一向宗の寺を破却』

一向一揆の和議の条件が実際に履行されたのは、第1条だけであった。

一揆の張本人と目される有力幹部は、みな三河を逃げ出したのです。

その一人に本多弥八郎がいた。

後年帰参して家康の謀臣となった本多正信の前身です。

この頃は身分もごく低く、一説では鷹匠だったといい、三河物語によれば衣食も不自由して、常に大久保家に

来て恵まれていたというほど貧困であったというが、なかなかの知恵者で一揆の有力な指導者の一人になっ

ていた。

松永久秀(1510-1577年)
ma.松永久秀pig

彼は京へ逃れて松永久秀に身を寄せ、さらに北陸に行って加賀の一向一揆を指導したという。

知恵才覚が優れているのに身分が低く、しかも野心に胸を焼いているとあっては、一揆の指導者になりたが

る筈です。

こんなことで、第3条は履行されなかったのです。

また、第2条もまた同様であった。

参州一向宗一揆宗乱記では、家康は一向宗の寺々を全部破却せよと命令を出したところ、門徒らは

「それは約束が違い申す。寺々は前々の如くなしおかるべしとのご誓詞でござる」

と異議を申し立てると、家康は

「そうじゃとも、前々は寺のあったところはみな野原であった故、寺々を破りすてて前々のように野原にしようと

いうのじゃ」

といって、三河じゅうの一向宗の寺を全部破り棄てた。


う~ん。さすが家康さんです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



sa-ko 20141015



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫(10月12日の問題)
正解:石垣原の戦い
官兵衛の軍は、石垣原(別府市)で大友義統軍と衝突し、母里友信が緒戦で大友軍の吉弘統幸に破れるなど苦戦するも井上之房らの活躍もあって、黒田軍は石垣原の戦いで大友軍に勝利しています。

≪本日の問題≫


                                   <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム