『黒田官兵衛』 その50

『黒田官兵衛まとめ』 その2

一田舎大名の家老から身を起こし、ついには嫡子・長政にいたっては筑前50余万石の地位を得たという結果

から見れば、まさに国盗りゲームの勝利者ですが、彼には下剋上はなかったのです。そればかりか、臣である

自分を裏切った主人(小寺政職)の助命運動さえしています。

黒田官兵衛(1546-1604年)
ku.黒田官兵衛 002

官兵衛の生涯において最も不可解な部分は関ヶ原合戦の時、他に先んじて九州北部を制圧したことであり、

あわよくば石田三成に代って家康と一戦、という気配を見せたことです。

あるいは、自分がその気になれば天下だって取れるのだぞ、というところを見せたかったのかも知れません。

もし、そうだとしたら、それはそれで官兵衛の持っていた稚気のようものでしょうか。

それまで寡欲であった官兵衛が、とたんに城取りゲームを開始したのです。

とはいってもその合戦は、城は取っても血を流さないという方法で、城方も

・官兵衛に攻められたら敗ける

・官兵衛に敗けても辱ではない

・官兵衛に開城すれば全城兵の命は保証される

と信じていて、短時間で九州制圧になったのでしょう。

官兵衛は戦国時代を勝ち抜きながら、ヒューマンな人間対応の寛容さは稀有というほかはなく、官兵衛を単に

「軍師」のみで評価することは足りないということでしょう。

死に及んで長政に与えた遺訓などは時代を超えて、上に立つ者の心がけを明示していて、心にくいほどです。


官兵衛さんに一度お会いして、一献交わしてみたい気がします。

一年に渡り、黒田官兵衛にお付き合い戴きありがとうございました。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141129


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫ (11月23日の問題)
正解:荒木村重
官兵衛は、荒木村重を翻意させるために、有岡城に乗り込んだが土牢に幽閉されています。

≪本日の問題≫


                                     <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「4回目の代官山ラビット・ラン」 その3

『元気を取り戻し、もうひと遊び』

この状態で帰ると、いい思い出として残りませんので、もうひと遊びです。

da.20141124 034

しばらく抱っこしていると、また遊びたくなったのか膝から降りて遊び始めました。

かわいいお子さんに、なでなでして貰って至福の時間です♪

da.20141124 041

ゴマくんのママさんにカツラを着けて貰って、山中鹿助の支援に行こうかと!

da.20141124 042

ネザーはネザー同士で遊ぶのが一番だと・・・。

da.20141124 043

十分に遊んだので、帰りの仕度をしていたら、ゴマくんが現れてケージの中へ

da.20141124 044

まだ帰るのは早いと押し出しています

da.20141124 044-1

また、二人男祭りが始まってしまいました

da.20141124 045

この二人は本当に相性がいいようです

da.20141124 046

また遊ぼうね。 ゴマくん。

ゴマくんのお陰で楽しい一日になりました。

da.20141124 047

12月中旬にも開催されるとか、また行きたいね piglet!

da.20141124 048



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

「4回目の代官山ラビット・ラン」 その2

『おとこ祭りだよ!』

二人では輪になれないからと、ゴマくんと仲間探しです。

ちょっと、彼も連れていこうよー

da.20141124 022

はい。ちゃんと仲間にはいっています。

da.20141124 024

三人の男祭りが始まりましたが、ママさんに制されてしまいました。

da.20141124 025

廻るのがダメなら重なるのはいいのかと・・・、ゴマくんがんばっています

da.20141124 026

じゃ、いきましょうかとpiglet

da.20141124 027

新しい仲間も入りたさそう・・・

da.20141124 028

ゴマくんは気がつく子です。  強引に入れてくれています。

da.20141124 029

また、また、水が入ってしまいました。

da.20141124 030

それでもpigletは遊び足りないと馬乗りになっています。  大丈夫でしょうかゴマくんがいないのに・・・。

da.20141124 031

大丈夫な筈がありませんよね。 たちまち逆転です。

da.20141124 032

あまりに大きさが違うので、お姉さんに助けて貰いました。

da.20141124 033

pigleteくんは煎餅になってしまいました。

da.20141124 034

大丈夫なのでしょうか。

このままでは、いい思い出になりませんので、次回もう一回、ラビットランにさせて頂きます。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

「4回目の代官山ラビット・ラン」 その1

『二人男まつり』 

24日は穏やかないい天気でしたので、4回目の「代官山ラビット・ラン」に行ってきました。

前回は寒かったので、今回はお昼過ぎに代官山に到着です。

da.20141124 001

会場に着き暫くは雰囲気に馴れるため、ひとり遊びです。 でも、みんなの方が気になります。

da.20141124 002

会場はこんな状態ですから、先ずはランチでも。

da.20141124 003 da.20141124 004

春のラビットランでも一緒に遊んだ「ゴマくん」がいました。

da.20141124 006

挨拶を済ますと、もう二人男まつりの始まりのようです。

da.20141124 007 da.20141124 008

ガッツリと甘噛で組み合っていますが、二人ですから廻ることができません。

da.20141124 009

おっーと、ゴマくんが禁じ手を始めています。

da.20141124 010

よーしゃ、わしも禁じてを行くデー。 

スリーパーホールド! どーだ、参ったかぁ~。 ゴマくん、苦しそうー。

da.20141124 011

こんなにイキイキしている顔は、自宅では見たことありません。

よほど楽しいのでしょうね。

da.20141124 012

この後に、集団男祭りが始まりました。 次回に・・・。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

関東も色づき始めました! その2

『紅葉の名所・平林寺』 その2

グラデーションが綺麗なモミジの下を通過して「もみじ山」へと入っていきます。

1.5kmくらいでしょうか、1時間でゆっくり散策ができます。

he.平林寺 20141122 011

そうなのです。

今年は触れないで通り越そうと思いましたが、プロともの「つねまるさん」に気づかれてしまいましたので、紹介

したいと思います。

この平林寺には、江戸時代前期の大名、武蔵国忍藩主、武蔵国川越初代藩主の松平伊豆守信綱のお墓が

あることでも有名なのです。

彼は秀忠の嫡男・徳川家光が誕生すると家光付の小姓に任じられ、また、キリシタン一揆が発生した(島原の乱)

では、幕府軍の総大将に就任するなど活躍した人です。


信綱公のお墓(左)と島原の乱の供養塔(右)
he.平林寺 20141122 012 he.平林寺 20141122 012-1

ここを通過すると、いよいよ「もみじ山」です。

he.平林寺 20141122 013

最近、光と遊ぶのがすきなようです。

he.平林寺 20141122 014 he.平林寺 20141122 015

画像はクリックで、すべ拡大します。

he.平林寺 20141122 017

he.平林寺 20141122 018 he.平林寺 20141122 019

he.平林寺 20141122 021

この写真が結構お気に入りです^^

he.平林寺 20141122 022

he.平林寺 20141122 020 he.平林寺 20141122 023

he.平林寺 20141122 026


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


よそのおばちゃんに連れられて、武者修行に行ってきます♪
pig 20141124

テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

関東も色づき始めました! その1

『紅葉の名所・平林寺』 その1

今年も行ってきました埼玉の平林寺。 

ここは東京の隣町ですから、人気の紅葉スポットです。

情報では、「紅葉はじめ」ということでしたが、22日(土)に行ってきました。

境内への入口、これは無料の写真です^^
he.平林寺 20141122 001

山門は残念ながら工事中で、 まだ黄色が多いです。
he.平林寺 20141122 002

じゃ、横から撮りましょう。 ただし、上部だけ、下を撮ってはなりませぬ!

でも、足場のパイプがニョキニョーキと・・・。

he.平林寺 20141122 003

圧巻の紅葉です。

he.平林寺 20141122 004

画像はすべてクリックで拡大します。

he.平林寺 20141122 005 he.平林寺 20141122 006

he.平林寺 20141122 007

真っ赤なモミジも綺麗ですが、黄色のモミジもいいですね♪

he.平林寺 20141122 008 he.平林寺 20141122 009

ここが一番のお気に入り、グラデーションが素晴らしく綺麗です。
he.平林寺 20141122 010

今回は境内の紅葉でしたが、裏山の「もみじ山」を廻りましたので、紹介したいと思います。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。





テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

『黒田官兵衛』 その49

『黒田官兵衛のまとめ』 その1

黒田官兵衛は「軍師」として有名ですが、軍師のイメージは策謀がつきまとってしまうものです。

この策謀家は、どちらかといえば日本人の好みに合わないのでしょうか、大河ドラマはかなり家庭的な場面を

多く取り入れていたような気がします。

日本人の多くは、成否を問わず節義に殉じた、山中鹿助のような武士に強い共感をもつ人が多いのではない

でしょうか。

黒田官兵衛(1546-1604年)
ku.黒田官兵衛

しかし、あらためて官兵衛の生涯を見ていくと、その人物の奥の深さに感動を覚えたりもします。

官兵衛の生涯を通覧して感じるのは、志の高さでしょう。

播州の田舎大名の一家老から天下の情勢を省察して、近隣がどちらかといえば毛利家に傾いていた時、信長

の天下流布に賭けたことは、信長の志の高さに共感したからであると同時に、官兵衛の歴史を洞察する先見

性にあったのでしょう。

しかも、官兵衛の先見性は、信長になかったヒューマニズムが含まれます。

官兵衛はまぎれもないキリシタン大名でしたが、黒田家がそのうち鎖国時代に入るにおよんで官兵衛のその部

分の証拠を隠滅してしまったらしく、官兵衛の遺言により、かなりの金額が博多の協会に寄付されていますが、

その協会跡も確認ができないのです。

「まぎれもなくキリシタン大名」というのは、大友宗麟ら九州の大名がそうであったような功利性によるものでは

なく、その具体的生活面、たとえば生涯一婦を守ったことや、その領民の撫育に如実に表れています。

戦争においてはプロ中のプロでありながら、血を見ることが嫌いで、敵に対してはこれほど寛大な武将はいな

かったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


昨日は紅葉狩りに行ってきました。次回、記事にしたいと思います。
he.平林寺 20141122 000


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:長生きを祝う
千秋万歳(せんずまんざい)は、長生きを祝う言葉としても使われ、浅草の浅草寺で節分会では、「鬼は外、福は内」ではなく「千秋万歳、福は内」という掛け声を用いているそうです。

≪本日の問題≫


                                    <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ