2016年 日本百名城巡りのまとめ

『2016年の城めぐりは、日本百名城など5城を攻略 』

今年も最後の一日となりました。

今年もたくさんの人に遊びに来て頂き、また、多くのコメントを頂き、ありがとうございました。

今年の城廻りは低調で、5城6回という過去最低の記録でした。

来年は頑張るぞー。 毎年のことですから、鬼に笑われていますよね。

4月26日 大津城  何もありませんでしたねー。

2016.4.26 大津城

6月16日 大多喜城  本多忠勝さんの城ですから賑わっていました。

2016.6.16 大多喜城

6月16日 久留里城 模擬天守ですけど、郭がたくさん残っています。

2016.6.16 久留里城

8月26日 金沢城 2回目のライトアップ撮影です。

来年の1月下旬に、ライトアップされ城内が開放される『冬の段』に行こうと思っています。

2016.8.26 金沢城

12月16日 大阪城  15日の夜にライトアップ撮影を予定しましたが、厳寒で中止しました。

2016.12.16 大坂城

12月21日 大阪城 寒さに負けてはダメということで、翌週にリベンジ。

2016.12.21 大坂城

今年も一年ありがとうございました。

健やかな新年をお迎えください!



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

東海道五十三次は、なぜ53なの

『東海道五十三次は家康さんが決めた?』

江戸と京都を結ぶメインルートは、126里余の東海道でした。

東海道の大半の宿駅は、江戸幕府の開設当初からあったが、寛永年間(1624~43年)に53

の宿駅が整います。

「東海道五十三次」の「次」は、「人馬を継ぐ」を意味し「次ぐ」です。

東海道五十三次 日本橋
ni.日本橋

江戸時代、公的な荷物は宿場ごとに止められ、中身を改められたうえで先の宿場まで継いでいく決

まりになっており、そこからきた言葉なのです。

江戸幕府は大坂冬・夏の陣で豊臣家を滅ぼしたあと、「天下の台所」として発展する大坂に城代

を置くとともに、東海道の大津宿から分岐して伏見・淀・枚方・守口の4宿を経て、大坂にいたる

13里の街道を整えています。

これを、伏見から京へ向かう街道を「京街道」と呼んでいました。

各街道の再整備は、そもそも大名の参勤交代のために行われたが、大名たちは政治的配慮から

京都へは立ち寄らず、大津~大坂のルートをとっていた。

東海道といえば江戸・京都間の「53次」を示しますが、江戸時代には、江戸~京都のルートに

大津~大坂のルートを加えて「五十七次」ともいっていたそうです。

東海道が基本的に「53次」だったことについては、味わい深い由来が語られています。

華厳経における「入法界品」の善財童子が、文殊菩薩の命により、53人の師を経て普賢菩薩の

ところで悟りを開いた。

その一説にちなんで、徳川家康が江戸(穢土)から京(普賢菩薩の住まう所)への53に定めた

というのです。

この由来は、後世につくられたこじつけと思われますが、昔の人の信心深さを考えれば、十分あ

りえる話かも知れません。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20161229.jpg



          <参考文献:いまさら聞けない長年の大疑問(歴史の謎を探る会)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「風流人 塙団右衛門」 その7

『団右衛門の最後』

塙団右衛門は、大坂夏の陣では部将のひとりに任じられ、緒戦における紀州攻めで大野治房の

指揮下で出陣し、浅野長晟と対戦。

団右衛門の墓
ha.塙団右衛門の墓 006

4月29日、樫井の戦いで、一番槍の功名を狙い、仲が悪かった先陣の岡部大学(則綱)と競

い合って突出し、治房本隊や和泉国の一揆勢との連携が取れないまま、混戦に陥った。

団右衛門は浅野家臣の田子助左衛門、亀田大隅、八木新左衛門らと交戦。

一説では、団右衛門は田子の弓矢を額に受けて落馬したところを、八木に組付かれて首を打ち

取られたという。

団右衛門も死に場所を求めて集まったひとりだったのでしょうか。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20161228.jpg


                  <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「風流人 塙団右衛門」 その6

『派手なダテ者』

とたんに、団右衛門は膝の上に引き裂きためた紙をパッと宙に投げた。

落花が散るような華やかさです。

ha.塙団右衛門 006

団右衛門はすくっと立ち上がり、左手に弓を取り大音声に呼ばわった。

「これはこの手の大将、塙団右衛門直之である。お退屈しのぎに、日ごろ手慣れの矢を進上する。

受けてごろうぜよ」

そして、散々に射込んできた。

たちまち、数人が倒れた。

蜂須賀家の方では

「すわや、はかりごとにかかったぞ!」

と、驚き、狼狽して、やっと応射にかかったが、もうその時には、牛の革の盾が左右から閉まって、

引っ込んで行った。

この団右衛門の茶目気たくさんの、人を食ったしかも派手で豪快なやり方は、フランスのシラノ・

ド・ベルジュラック的伊達者です。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20161227.jpg





                     <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

「木更津恋物語 冬花火」 24.12.2016

「lover's sanctuary in 中の島大橋」

今年も木更津冬花火に行ってきました。

毎年、12月から翌年のバレンタインまで、毎週土曜日に開催されていますが、今年は出遅れて

先週の土曜日が初見学でした。

20161224 木更津冬花火 001

花火打ち上げ時間は、今年も5分間です。 アッという間に終わってしまいます。

20161224 木更津冬花火 002

打ち上げ開始後は、アッという間ですからカメラの調整もできません。

20161224 木更津冬花火 003

特性うちわを忘れてしまいましたので、重ね撮りも上手くいきません。

20161224 木更津冬花火 004

20161224 木更津冬花火 005

夏花火に比べると、小ぶりの花火ばかりです。

20161224 木更津冬花火 006

次回は、カメラの設定を確実に行い、小道具も忘れないように行きたいものです。

20161224 木更津冬花火 007


年末始は中止とのことで、次回は1月7日開催のようです。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

大阪城落城

『大阪城2度目のライトアップ』

先週、15日に上阪した際は、あまりにも寒くて大阪城のライトアップを撮れませんでしたので、

リベンジとして21日に大阪城のライトアップを撮ってきました。

大阪城のライトアップ撮影は2回目で、前回はKKRホテルから手抜きしての撮影でした。

 (前回は「こちら」です。)

今回は、ホテルを谷町にとり「大手門」からの入城です。

入城する前に、まず千貫櫓をバチリと

大阪城 20161222 001

大手門の多聞櫓から入城です。

大阪城 20161222 002

怪しい人影が・・・。君は何者だ!

私は多聞櫓を守る番兵のネコです・・・。 お疲れ様です。。

大阪城 20161222 002-1

あやや、西の丸から天守を見るも、街明かりに浮かぶ天守です。 ライトアップ撮影にならずか・・・。

大阪城 20161222 003

桜門から本丸に入るも、天守はただのコンクリートの塊です。

大阪城 20161222 004

売店の自動販売機でコーヒーをゲットし、しばし休憩をしていると、西の丸側がライトアップ

大阪城 20161222 005

西の丸が喧騒となり

大阪城 20161222 010

天守に火が放され

大阪城 20161222 006

たちまち、天守は大炎上です

大阪城 20161222 008

確か、天守が炎上したのは夏の陣だと思っていましたが、冬の陣で落城していまいました。

大阪城 20161222 009

秀吉さんも、肩を落としていました

大阪城 20161222 011

まったく知らずに登城しましたが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンによる「戦国・ザ・リアルat大坂城」

12月16日から来年3月まで開演されるそうです。

上方に上洛の際は、いかがでしょうか。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。

テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

「風流人 塙団右衛門」 その5

『何をやるんだ団右衛門』

塙団右衛門の行動の中で、それを最も良く示しているのは、大坂の陣におけるある日の彼の行動

です。

団右衛門が阿波橋と名付けられた橋の内側の陣所を守備し、彼に対して陣しているのは、阿波の

蜂須賀家です。

団右衛門VSハッチ―家です。

ha.塙団右衛門 005

ある日、団右衛門の陣中から、阿波橋の上に牛の皮でこしらえた2枚の大楯を並べて押し出して来

て、橋の途中まで来ると、ピタリと止まった。

蜂須賀家の方では、いったい何であろうかと、不思議がって見ていると、その盾が両方に分かれた。

すると、そこに一人の武将が床冗に腰かけ、悠然と控えている。

黒糸おどしの鎧に、金襴の陣羽織を着、乱髪に白綾の鉢巻をしている。

これが団右衛門なのです。

「何だ、塙団右衛門じゃないか」

と、蜂須賀家の陣営でも知っている者が多数いるのです。

何をするかと見ていると、団右衛門は鎧の引き合わせから懐紙を出して、小さく引き裂きはじめ

た。

相当な時間をかけて、余念なく引き裂いているが、蜂須賀家の方ではまるでわけがわからない。

益々謎感をつのらせながた見ていた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


うさぎの耳は声のする方向に向きます

20161223.jpg



                  <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ