FC2ブログ

小田原平定 その33

『あっぱれ!韮山城は500人で死守』

別動隊の堀秀政らも、その予定どおりに日金山を越え、根府川の要害を撃破し、早川方面より

小田原城に迫った。

韮山城・・・この富士山を見ながら、氏規は韮山城を死守したのでしょうか。
(韮山城登城記は「こちら」です。)
ni.韮山城 101

韮山城に向かった織田信雄らは、4万余りの軍兵で早雲以来の要害を攻めたが、守将・氏規は

防戦よく、なかなか攻略できなかった。

そこで秀吉は、韮山城を持久包囲することにして、主力を小田原に招き、韮山城は蜂須賀家政

・福島正則らのみを残すことにした。

それにしても氏規はわずか500人に満たない兵力で4万余の大軍に包囲されながら、ついに

落城することもなく6月24日に至って開城したことは、北条一家中の傑物であった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190731


<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

小田原平定 その32

『山中城半日で落城』

韮崎城攻略の総大将は織田信雄、しれに蜂須賀家政・福島正則・蒲生氏郷・仙石秀久・森忠政

・細川忠興らが従った。

羽柴秀次(1568-1595年)
to.豊臣秀次

山中城攻略の総大将は羽柴秀次、これに中村一氏・田中吉政・堀尾吉晴・山内一豊・一柳直末

らが従った。

なお、別動隊として山中城の南方から伊豆日金方面に堀秀政・丹波長重らが向かい、山中城北

方から箱根に向けて家康の軍勢が進撃することになった。

合戦は3月29日に正午には終わった。

山中城の守将・松田康長は戦死し、北条方の敗兵は箱根・小田原に退いた。

家康は、箱根でこの敗走兵を討ち、鷹巣城を攻略して宮城野方面に進撃した。

氏政・氏直らが頼みとした山中城は、たった半日にして氏政方の敗北に終わった。

秀吉は、この山中城の緒戦の勝利を、つぎのように諸将に報告している。

きつと筆を染め候。中納言(秀次)山中城へ今日29午刻取り懸り、即時に乗り崩す。城主(

康長)の事は申すに及ばず、首千余討ち捕り、そのほか追い討ち数を知らず候。しからば明日

朔日(ついたち)、箱根山峠へ陣取りをなし、小田原面(おもて)に至り、手遺りせしぬべく

候条、落居程あるべからず。なほよき左右、申し聞かすべく候。

3月29日       (秀吉朱印)

羽柴新庄侍従どのへ

秀吉の得意顔が見えるような一文です。

秀次・秀吉の軍兵は、4月1日には箱根に入り、4月6日には湯本に入り、北条氏の菩提寺であ

る早雲寺を本陣とした。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20190730.jpg



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

小田原平定 その31

『山中城』

山中城は、三島の東北8km、箱根町の西南6kmの地点にあった。

本丸・二ノ丸・三ノ丸の曲輪があり、城南に岱崎(たいざき)という出丸があった。

山中城 (山中城登場記は「こちら」です。)
010 物見台下の障子堀

北条氏政らは、天正14年(1586年)ごろから、この築城をはじめていた。

秀吉は沼津に着いた翌日(3月28日)、家康とともに山中城西方の高地にのぼって、山中城

の地形を視察した。

そして家康の長久保城に入って戦略を討議したという。

秀吉はいう

「北条方は、山中と韮崎の両城で、箱根の険を扼し、主力は出戦する模様がない。こころみに

この両城を攻めてみたらどうか」

家康は、この秀吉の作戦に賛成し、全軍を4つに分けて、山中・韮崎両城を攻略することにし

た。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190729



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

小田原平定 その30

『後北条氏の防衛線』

後北条氏の分国の西境は駿河で、駿河は家康の分国であった。

この家康の分国内に侵入して、秀吉の東征軍を迎え撃つことは、家康の縁者である氏政父子に

は、とうてい考えられない策であった。

山中城
001 山中城案内図
<クリックで拡大します>

このために氏政らは、秀吉の東征軍を防ぐ場所として、箱根と伊豆の自領内の諸城の構築と修

補に重点をおかざるをえなかった。

とりわけ後北条氏が重要視した城は、山中・足柄・韮山の3城であった。

氏政らは、天正17年(1589年)12月8日、旗本衆に対して出陣命令を出した。

それは

「明春(天正18年)正月の3ヵ日過ぎたら、4日には各在所を出発して、小田原に参集せよ」

というものであった。

小田原城以外の各支城も、だいたいこの本城と歩調をあわせていた。

この参集した軍兵を、氏政らは伊豆・箱根方面に配置した。

韮山城には北条氏規、獅子浜城は大石直久、安良里城は梶原景宗と三浦茂信ら、田子城は山本

常任らが守った。

また下田城の守将は、清水康英であった。

箱根方面では、山中城に老臣・松田憲秀が派遣され、玉縄城主・北条氏勝らが従った。

足柄城には佐野氏忠、新庄城には遠山景政が派遣されたという。

北条氏方の軍兵配備の正確な史料は、後北条氏が滅亡したこともあり、残っていません。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190728



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

小田原平定 その29

『後北条氏の誤算』

天正16年(1588年)に、刀狩りを終えて、鉄砲と大筒という近代兵器とその戦術によって、

十分に訓練された秀吉の武士と農民の実情を、不幸にしも北条氏政と氏直は理解することが出来

なかった。

北条氏政(1538-1590年)
ho.北条氏政

それに加えて氏政らは、家康の人間とその領国政策をも十分理解していなかった。

三河・遠江・駿河・甲斐・信濃の5ヵ国の東海の大名となった家康が、ここ数か年の間に、いか

に領国支配の確立に専念したかも、さらには、その家康でさえ秀吉と妥協してこそ自立の道があ

ることを悟っていたことも、氏政らには認識することができなかった。

これらの点に、氏政・氏直らの誤算があった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190727



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

小田原平定 その28

『後北条氏の準備』

北条氏政と氏直は、すでに佐竹義重が秀吉と連絡しはじめた、天正10年(1582年)の頃か

ら、秀吉の東征を予測し始めてという。

小田原城馬出
od.小田原城馬出 20110717 001

諸城を修築し、兵を集め、武器を造らせて、兵力補充の策を準備していたのも、そのためであっ

た。

特に関東の各社寺の梵鐘を徴発したり、15歳より70歳までの男子の総動員計画を発表(天正

15年)、小田原に鋳物師を集めて、大磯の土を運んで、鉄砲の玉や大筒の鋳造を命じたりした。

氏政らは、たとえ秀吉の東征軍が北上してこようとも、後北条氏には5代に渡る武士と農民の堅

い結びつきがあり、かつ箱根山という天下一の天然の要害があるから、十分これにできると考え

ていたのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190726



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

小田原平定 その27

『家康逆心の流言』

秀吉は、進発の日は大津に泊まり、近江八幡(3日)・柏原(4日)・大垣(5日)・清洲(6

日)・吉田(10日)をへて、3月19日には駿府城に入った。

家康は20日、駿府城に秀吉を訪ねて饗応し、22日には、ふたたび長久保城に帰った。

秀吉は清見寺(3月23日)・吉原(3月26日)を通って、3月27日沼津の三枚橋城に入っ

た。

三枚橋城址(沼津城址)
nu.沼津城址(三枚橋城)

この城は、沼津駅の南方に位置し、狩野川にのぞんだ北豆の要害であった。

家康は、秀吉が三枚橋城に着いたときには、織田信雄とともに秀吉を出迎えたという。

このころ家康と信雄が、秀吉を殺そうとしているという流言が飛んだという。

そのために家康と信雄が秀吉を出迎えると、秀吉は馬から降りるなり、太刀に手をかけ

「信雄と家康とに逆心ありときく、一太刀参ろうぞ」

と、叫んだという。

信雄は驚いたが、家康は少しもあわてず、左右の者ども

「関白殿が、合戦はじめに御太刀に手をかけられたことは、誠にめでたいことである。お祝い申

し上げよ」

と、笑って受け流したので、秀吉も安心したという話が伝わります。

家康の周辺には、督姫の存在のためか、小田原合戦の対陣中も家康謀反の流言が、しばしば流布

したという。

秀吉も少しは、この流言を気にしていたのでしょう。

翌28日、秀吉は家康とともに、山中城の地形を巡視した。

こうして北条討伐の緒戦は、目の前に迫ったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20190725.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ