豊後の海川を取り入れた堅固な縄張の「大分府内城」

『日本百名城94 大分府内城』

「西の丸西南櫓や宗門櫓、到着櫓が水面に映える」

府内城という名称は、大分市が中世に府内と呼ばれ、鎌倉時代から戦国時代にかけては豊後国の守護職・

守護大名であった大友氏の拠点でした。

大分駅東方に、大友氏館と呼ばれる守護館が築かれ、南方の上野丘陵には上原館と呼ばれる堀や土塁を

備えた防衛拠点が置かれていたが、2度ほど府内への侵攻を受けた際には、いずれも府内を捨てて近隣の

高崎山城などへ拠点を移しています。

府内城の大友宗麟公
天守台前の目立たないところにありました。
fu.府内城宗麟公 001

安土桃山時代後期、府内に12万石で入封した福原直高(妻は石田三成の妹)が府内の荷落に築城を始め

たが、三成派の直高は徳川家康に6万石に減封の上、再び臼杵に転封され、直高入封前に府内代官であ

った早川長政が入城します。

西丸宗門櫓と東丸到着櫓(奥)
fu.大分府内城西丸櫓

この長政は関ヶ原の戦いで西軍に属したため、3万5千石で入封した竹中重利が府内城完成させています。

現在の府内城は、大分城址公園となっていて、本丸跡北西隅に人質櫓と西丸に宗門櫓が現存し、3棟の二重櫓

と大手門、土塀、廊下橋が復元されています。

大分府内城図
fu.府内城内図

山里から西丸への廊下橋           廊下橋から見る二重櫓(人質櫓)
fu.府内城廊下橋    fu.府内城二重櫓(人質櫓)廊下橋より

天守台                      二重櫓(人質櫓)
fu.大分府内城天守台    fu.大分府内城二重櫓(人質櫓)
天守の構造は不明ですが、天守台には約17mの天守が建っていたそうです。

天守台への石段
fu.大分府内城天守台への石段

天守台から見る人質櫓と東丸の櫓
fu.府内城天守台から見る二重櫓(人質櫓)    fu.府内城東丸二重櫓

西丸跡には1966年に文化会館が建てられ、本丸跡は駐車場になっています。

1960年代といえば、九州においても小倉城、唐津城、平戸城、島原城、熊本城などが復興してきた時代

です。戦国時代ファンとしては、大分市の取組みが残念でなりません。

今後の取り組みに期待したいものです。

翌朝、宮崎に向かう前に大分駅前の宗麟公に挨拶して、豊後を後にしました。

fu.大分駅前の宗麟公像 fu.大分駅前の宗麟公像2

日本百名城87登城目(平成24年6月1日登城)
*スタンプは文化会館の玄関に放置されています。
94 大分府内城

pig 20120610 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 平時忠
「平氏にあらずんば、人にあらず」の発言オリジナルは「此一門にあらざむ人は、皆人非人なるべし」で、平時忠の発言とされます。(平時忠は、清盛に嫁いだ平時子の兄弟です。)

≪本日の問題≫

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・歴史的遺物
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ