前田利家 その56 『五大老と五奉行』

『加賀百万石の礎を築いた前田利家』

【五大老と五奉行】

7月13日に五大老と五奉行の制度が決められた。

年寄りとか奉行という役職は前からあったが、これを5人と定めたのは、太閤がその臨終に、豊臣家の前途

を憂慮した末に、法規遺令の力で政権を維持しようと考えたからであった。

五奉行とは浅野長政、前田玄以、石田三成、長束正家、増田長盛です。

五大老とは徳川家康、前田利家、毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家で、秀頼を助け五奉行と協力して豊臣

政権の枢要となって働くものであるが、おそらく秀吉は利家ひとりに秀頼を託すことができれば、どれほど安

心であろうと思ったに違いないことでしょう。

豊臣秀吉(1637-1598年)
to.豊臣秀吉 小

しかし、家康を無視する訳にはいかない。五大老の制度を創設したのは、そのためであったろうと考察され

ます。

利家ひとりでは家康に対抗できない。そこで他に大名を3人こしらえて利家の補佐をさせて家康に対抗させ、

その野心を封じ込めようと計ったのでしょう。

上杉景勝も毛利輝元も、篤実な人柄である。宇喜多秀家は正直者であるばかりか、幼少時に秀吉の猶子

となって可愛がれて育った人物である。篤実派を集めて利家と合体させ、家康に対抗させる算段であったと

思われます。



『日光東照宮』

日光東照宮はご存知のとおり、1617年徳川初代将軍徳川家康公を祀った神社です。
平成24年6月30日に、中禅寺湖・千手ヶ浜に行った際に立ち寄って来ましたので、数日かけて観察して
みたいと思います。

【五重塔】(重要文化財)
1648年、若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納されています。
1815年に火災にあいましたが、その後1818年に、同藩主酒井忠進公によって再建されています。
5重塔 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

ホントですか~

若狭のお殿様酒井忠勝公様が、奉納された五重の塔なんですか?

歴史は奥深いですね、日光東照宮も行ったことありますで~

「みざる、きかざる、いわざる」 のお猿さんもありました、

そしてね、嘘か誠か分かりませんが我が実家の言い伝えを

弟が今実家を八代目で継いでいますが何代か前のご先祖さまが

小浜城主酒井忠勝公より名字帯刀を許されていたそうですわ、

初代か二代目も神主さんだったらしいですよ。田舎の昔話ですね。

wakasaママ さま

こんばんは~

小浜藩の酒井お殿様は、徳川家譜代の重鎮ですから忠義が厚かったのでしょうね。

日光東照宮は世界遺産に登録されていますので、外人さんがとても多かったです。

次回、東照宮に行かれた際には「五重の塔」もしっかり見られてくださいね!

> 小浜城主酒井忠勝公より名字帯刀を許されていたそうですわ、
> 初代か二代目も神主さんだったらしいですよ。田舎の昔話ですね。

いや、いや、“火がないところには、煙たたず”ですから、調べられると
見えてくると思いますよ!!

最近、声は聞こえど、姿が見えないので「wakasaママ」をリンクさせてくださいね。

No title

こんにちは

リンクの件ですが

私のような田舎ブフグですのに結構に言って頂いて

ありがとうございます、

今7月7日16時50分に私のほうは済みましたので、

リンク欄のほうでご確認をお願い致します。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ