戦乱の世の結婚式

『結婚式には “三三九度” も “お色直し” もあったの?』

戦乱の世でもちゃんと結婚式は行なわれていたようです。

そしてそこには、現代の結婚式でお馴染みの「三三九度」や「色直し」の原形が既にありました。

当時の武家の結婚式を再現してみると、

まず花嫁は輿に乗り、嫁入り道具の品々とともに花婿の家に向う。嫁入りのことを“輿入れ”と称するのは

ここに由来します。

ko.輿入れ

嫁入り道具は御貝桶、御厨子黒棚、荷い唐櫃(からと)、長櫃、長持、御屏風箱、行器など。

貝桶の中には、貝合せの貝(蛤)360個が2つの亀甲型の箱に納められていた。これは夫婦和合を象徴す

るもので、婚礼の儀式には欠かせないものでした。

また、唐櫃や長櫃、長持の中には花嫁の衣装や化粧道具、調度などが入っていたそうです。

上級武家の娘の嫁入りともなると嫁入り行列は豪華を極め、武田信玄の息女・黄梅院が北条氏政へ嫁入

りする際は、御供衆3000騎1万人、輿12挺、長持42挺が連なる大行列であったそうです。


現代では花嫁衣裳は洋装・和装とも先ずは白ですが、それは当時も同じで白は清浄を表すとともに、無地

で相手方の家に入るという意味も持っており、花嫁は「うは着にさいはい菱、白き小袖うちかけたるべく候」

(嫁入記)、すなわち幸菱を浮織にした白綾の小袖と打掛姿。

そして夫婦愛敬の護符を収めた守り袋を胸にさげていました。

婚礼が行われるのは夜で、婿の家の門前には門火が焚かれ、中門または玄関入口の妻戸で婿方の役人

による貝桶と輿の受け渡しが行われます。

輿を降りた花嫁は侍女臈の介添えにより、先ずは化粧の間と称する控え室に案内され、やがて白直垂姿

の花婿が入室し、花嫁と向かい合って座につく。

花嫁と花婿はこのとき初めて顔を合わせたのです。

祝言の席といっても親族など他の人の列席はなく、この場にいるのは花婿と花嫁、侍女臈のほか酌・給仕

を努める侍女が数名のみでした。

式の中心は盃事で、盃3つを載せた膳と第1から第3の膳が用意され、式三献が行われた。これは侍女3

名が銚子・提で嫁、婿、侍女臈の順に酒を進め、3度ずつ注ぎ、3度繰り返すというものです。

いわゆる“三三九度”ですが、現代のように新郎と新婦が盃を交し合う訳ではなく、さらに侍女臈を加えた

3人で行う点が大きく異なっていました。

式が終わると花婿と花嫁は身を清め、寝所に入ります。

この寝所の布団の敷き方にもしきたりがあって、花嫁の布団を先に敷いて、その後に花婿のものを敷き、

その配置は、“おとこの左に女のなるように”(花嫁記)枕は東または南になるように床を取ったという。

花婿と花嫁は婚礼の翌日まで白装束で過ごし、3日目に色柄の着物に改めた。これを“色直し”といい、

色直しが済むと初めて花嫁は舅・姑をはじめ花婿の親族達と対面することになります。

これが江戸時代になると、盃事が終わった直後に色直しが行われるようになり、また祝言の席に舅・姑も

同席するようになるなど、現代の結婚式にだいぶ近づいています。

sakura 20120707 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 中忍
スミマセン、完全なひっかけ問題でした。
忍者といえば、伊賀と甲賀が有名ですが、忍者は上忍、中忍、下忍に身分が分かれており、甲賀では上忍ではなく中忍が最高位とされていました。
上忍は伊賀では郷士(地侍)で、地主として小作人である下忍を支配し、中忍は下忍達を率いる小頭(こがしら)だったそうです。
実際に各地の戦国大名に雇われていたのは下忍達だったと言われています。

≪本日の問題≫


                       <参考文献:いまさら聞けない長年の大疑問(歴史の謎を探る会編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

^^

昨日から?テンプレート変えたのですね^^ちょっと!びっくりしちゃいました^^

自分の所かと^^;

シオンパパ さま

本当ですね!

暑くなってきましたので、涼しいテンプレートに替えて

みました。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ