前田利家 その64 『前田利家の評価』

『加賀百万石の礎を築いた前田利家』

【前田利家の評価】

作家・海音寺潮五郎氏は、「槍の又佐」を次のとおり評価しています。

「利家は幸運な武将であったと言えるのであろう。

若いとき、彼は武勇の武将として名が挙がったが、武将としての働きは末森城の後巻き以外には見るべき

ものがない。

金沢城
ka.20100404 金沢城 001-1

大きな戦を指揮したこともなければ、その力量もなかったと思う。

彼は智謀の人ではなかったからある。

しかしながら、よき友・秀吉を持ったために、そしてまた秀吉の政治的機略が必要としたために、彼は大大名

となり得、大納言となり得たと僕は見る。

けれども、彼は世に稀な篤実さ、信義心がなかったら、秀吉といえども、彼をあれほどまで重用しなかったで

あろう。彼の幸運は、その篤実さと信義心を持って得たものであろう」


う~ん、同感ですね。

長い間、前田利家にお付き合い頂きありがとうございました。

金沢城には幾度も登城しましたが、また行きたくなってしまいました。

9月初旬に金沢に行きたいと思っています。



『戦国武将の人気投票状況』(中間報告)

たくさんの方に投票して頂きまして、ありがとうございます。

27日0時現在の投票状況です。

◇ 石田三成:16票

◇ 加藤清正:10票

◇ 徳川家光:8票

◇ 前田慶次郎:13票

◇ 直江兼続:7票

sakura 20120726 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:宇喜多秀家
豪姫は15歳で秀吉の猶子であった岡山城主宇喜多秀家の妻として嫁ぎ、2男2女を産んでいます。
秀家が関ヶ原の戦いで石田三成ら西軍方に属していたため、戦後に宇喜多氏は息子2人と共に1606年に八丈島に流罪とされる。豪姫は他家へ嫁ぐことなく金沢西町に移り住み、賂を秀家に送り続け余生を送っています。

≪本日の問題≫


                                     <参考文献:前田利家(井口朝生暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ