前田慶次郎 その7 「慶次郎の謹慎」

戦国風流武士 「前田慶次郎」 その7

「慶次郎の謹慎」

加賀に帰った慶次郎は、利家から謹慎を伝えられますが、どんな境遇にいても楽しみを見つけ出すには困ら

ない慶次郎です。

謹慎蟄居なら謹慎蟄居で、読書という楽しみがある。源氏物語だの、伊勢物語だのの研究が好きなのです。

おとなしく屋敷に籠って、日夜読みふけった。

金沢城
ka.金沢城1

慶次郎は仲の良い家中の若武者を呼んで、利家の機嫌のほどを聞いてみた。

「まだ、お悪いですぞ。あなた様の話が出ますと、たちまちご機嫌が悪くなります。」

「あー、そうか。今度はずいぶん長いな。当分、読書を続けるより他ないな」

「それがよろしゅうございましょう」

慶次郎はべつだん謹慎生活を苦にはしていない。

ただ叔父に気をもましたことが気の毒でならないから、早く機嫌が良くなって欲しいと思うのであった。

しかし、その叔父の機嫌も、年が新しくなる頃にはやわいだらしい。

「もう一度ああいうことがあると、もう決して許さんぞ。よいか」

と厳しくいましめて、謹慎を解いてくれた。

「重々恐れ入りました。必ずともに身を慎むでございましょう」

と、慶次郎は答えた。

持って生まれた性格が急に改まるものではないし、改まらない以上、何をやり出すことか、自分でも見当

はつかなかったが、人のよい叔父をそう苦しめたくなかったから、まず当面をつくろっておいた訳です。


やはり、慶次郎の反省は猿の反省のようですね!

sakura 20120805 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:ハゲネズミ
“ねね”から秀吉の浮気を訴えられた信長は、彼女に激励の書状を送っています。
この中で、「…あの『ハゲネズミ(=秀吉)』があなたほど良き女を他に得られるはずはないのだから、あなたも奥方らしく堂々として、嫉妬などしないように。この書状は秀吉にも見せてやりなさい…」 と書いています。

≪本日の問題≫


                            <参考文献:戦国風流武士 前田慶次郎(海音寺潮五郎)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ