戦国時代の名馬の条件

『 戦国時代の名馬の条件 』

時代劇を見ていると、背のすらっとした馬が武士を乗せて走っているが、あれは間違いです。

あのような大型の馬は、明治以降に輸入されたもので、当時、日本にいたものはもっと小型の「木曽駒」に

代表される在来馬です。

木曽駒
ki.木曽馬

体高は160cm程度のサラブレッドに比べて、在来種は120cm程度、体重もサラブレッドの約半分の250

Kg程度で、体の大きな武将が乗ると、殆ど足が着きそうなくらいだったという。

また、走る速さもサラブレッドが時速60km以上出せるのに比べて、時速15kmという鈍足ぶり、ですから

甲冑などを着た武将を乗せていると、人間が走ったほうが速いくらいだった。

サラブレッドに比べて見劣りする点が多い在来種ですが、力だけでは負けていません。当時の馬は武器や

鎧で100kg近くになった武士を背負って一応は走ったのです。もしも同じことをサラブレッドでやったら、間

違いなく骨折してしまうのでしょう。


このように、当時の馬に求められていたのは、

第1に、頑丈であること。

背が低くて足も太く、ずんぐりした体型はかえって都合が良かったのです。ただ戦闘には、たとえ一寸(約3

cm)でも背の高い方が敵を威圧できて有利になるし、当然力も強くなるので、馬体は大きければ大きいに

こしたことなない。

第2に、気性が荒く下手な乗り手など振り落としてしまうくらいの勢いがあること。

元来、馬は大きい音や、中には自分の走っている影に脅えてしまう馬もいるほど臆病なものだが戦場では

とてもそれでは務まらない。

とにかく乱暴で、荒々しいほどよい馬であり、その馬を乗りこなせない場合は、人間の方が悪いということ

になっていたのです。


慶次郎くんが欲がる「松風」も、木曽駒のような馬だったのでしょうね。

sakura 20120810 002

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:高山右近
1587年、バテレン追放令により除封されたキリシタン大名高山右近が、利家に呼ばれ尾山城の大改造を行ったといわれます。

≪本日の問題≫


                             <参考文献:戦国武将への大質問(歴史の謎研究会編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

名馬

はじめまして。
今年の春から百名城巡りをはじめました。
まだ十城程度です。
「PIXIV」と「小説家になろう(読むほうは、小説を読もう)」で、おもしろ戦国ショートストーリーを投稿しています。
今朝お千代さまが勝ってくれた名馬を検索してましたので、クイズは、当たりました。
ところで、宇治川の先陣争いの名馬、池月と磨墨のお墓は、それぞれ7~8基あります。
「ぱかぱか詐欺」だったのでしょうか。
それとも、一豊公の持ち馬の一頭のように、「あやかり」だったのでしょうか。

山江まろん さま

はじめまして、
訪問ありがとうございます。

百名城を廻り始められたとのこと、嬉しいかぎりです。♪

私の場合は、戦国時代に生きた武将たちの吐息を感じるために
廻っていますので、観光用に模擬天守などが建てられていると
興味が半減してしまいます。

名馬のことについて調べられているのでしょうか。
私は殆ど判らないですよ・・・。
「鏡栗毛」も小説に出てくるのを読んだ程度です。

また、遊びに来られてくださいね!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ