武者としての心得とは?

『武者としての心得とはいったいどんなもの?』

武者としての心得、つまり合戦に当たって槍一筋を携え馬にも乗らず、従者も連れず、体ひとつで突撃に

あたって功名を競う武者たちの心得こそ、戦国時代を生きた無数の男達の姿を彷彿させるものでしょう。

彼ら下級の武者は、端武者、葉武者、羽武者とも呼ばれ、雑兵ではあるが先手の足軽衆よりは格上とさ

れた者でした。

彼らは、まず何よりも身命を軽んじることを第一とし、次に命令を破ってはならない、と説かれている。

これは、いまだ戦機が熟さぬのに血気にはやって、自分の功名を求めて勝手に暴走することを戒めたも

のです。こういう抜け駆けは、しばしば全軍を危険に陥れたり、合戦の駆け引きを狂わせてしまう。

しかし、ひとたび突撃の下知がくだれば、真っ先駆けて一番槍、一番首、陣取り組み打ち分捕りに獅子

奮迅の働きをなし、命を惜しまず戦い続けるのが、端武者の本分とされた。

もうひとつは、一軍の将、あるいは武将、大名としての心得です。

こいった心得は、武将の父から子へ家長から一族、家臣へ残された数多くの教訓状、家訓、遺訓となって

残されています。

徳川家康(1543-1616年)
to.徳川家康

戦いを起すのはよくよくのことであり、自分自身や自らの一族、多くの家臣や家臣の一族、領国の民百姓、

さらに敵国の中まで責任を負うのだから、そうみだりに兵は動かせない筈です。それを忘れ、版図拡大に

熱中し、かえって自分の身や国を滅ぼした例は数かぎりない。

こういう将たる人物の器を備えていたのは、長い日本の歴史でもそんなに多くはない。主だったところでは、

源頼朝、足利尊氏、武田信玄、徳川家康などでしょう。

こういった将器を持った武将の下では、たとえ逆賊の汚名を着ても部下は生死を共にし、身代わりとなって

討ち死にするものです。

まず、武将たる者の心得として、第一に挙げられるものは、それぞれの人物を見る目を養い、家柄ではな

く、本人の実力や器量、得手不得手によって、適材を適所に配置すること。そして賞罰を正確、公正にし、

ときとしては慈悲をかけることも必要です。

また領民の暮らしや国内の状態にも絶えず配慮し、有能正直な家臣に領国内を巡視させ、人々の不満や

訴えを聞く。

また、武将が自ら身をやつして直接領国内を歩き回り、役人の不正があれば正しく刑罰に処すなど、下意

上達を心がける。

また合戦に当たっては、敵の強さや弱点、敵の行動パターン、峠や大きな河といった地理上の特徴、経済

の様子など、さまざまな情報を味方に徹底させておく。

こうしておけば、往々にして不足の事態が起きる実際の作戦にあたっても、個々の軍勢が状況に応じて柔

軟に対応することができます。

勝敗では六分か七分の勝で十分とし、八分の勝ちは危うく九分、十分の大勝利は、かえって味方が大敗を

喫する下地である。という。

このように勝ち過ぎないように心がけるのは、将来良い結果を招かないことを、器の大きい武将は体験から

知っていたのです。


長野・龍岡城に行ってきました。別途、記事にしたいと思います。
ta.龍岡城 wiki


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:本多忠刻
千姫は、1616年、桑名藩主・本多忠政の嫡男・本多忠刻と結婚しています。
翌年には、本多家が播磨姫路に移封になり、姫路城に移って播磨姫君と呼ばれるようになっています。
1618年には長女・勝姫、1619年には長男・幸千代が生まれています。

≪本日の問題≫


                              <参考文献:戦国武将への大質問 歴史の謎研究会編>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

S さま

こんばんは~

いつもありがとうございます。☆

> 学生時代は遊びまわった阿蘇 とのコメントで~♪
> 地元~若しくは九州の方でしたか~?

出身が熊本ですよ~^^
貧乏な学生でしたが、車がありましたので夏は涼しい
阿蘇によく遊びに行っていました。
無料温泉もたくさんありましたし・・・。

こちらの記事をご覧ください。
熊本の自慢をしています。♪
http://piglet01.blog109.fc2.com/blog-entry-50.html

> きょうのクイズは「小牧・長久手の戦い」
> 以前 15年ほど前ですが 長久手に住んでまして
> 近くでしたからここの古戦場あとに よく行ってました^^

日進JCTの近くなのですよね。
場所は確認してあるのですが、まだ立ち寄ったことがないです。
城廻りが終わったら、古戦場を廻りたいと思っていますので、
ぜひ、行きたいと思っています。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ