前田慶次郎 その21 「慶次郎の仲裁」

戦国風流武士「前田慶次郎」その21

「慶次郎の仲裁」

すると、少年のことばが追いかけて来た。

「ちょっとお待ちください。仇はかたきでも普通の仇ではありません。戦場で尋常の勝負をして討ち取った

ものです。戦場の勝負に後に恨みを残すことがありましょうか」

「エッ! 本当でござるか」

「卑怯ないつわりは申しません」

「それなら、また話しが違う」

くるりと向き直り、奥州武士らの前に帰って来た。

「これ、今聞いたことに文句があるか。あるなら聞こう」

相手方は答えなかった。途方にくれたような形だ。

慶次郎は気の毒になり、仲裁しようと思い立った。

「相談がある」

と呼びかけて、一歩進み出た。

「他でもない。こんなばかげた敵討というものがあってしかるべきものではない。戦場の勝負を根に持って

敵討ちなど、土台理屈に合わんじゃないか。ましてや、それに後ろ見じゃの、助太刀じゃのと、とんでもな

いことだ。拙者が仲裁に立つ。中止仲直りということになさらんか。源ノなにがし殿はいささか傷を負われ

て気の毒ではあるが、治療すれば結構なおる傷だ。武士として少しも差し支えはない。いわんや、武士の

向こう傷は誇りとなる飾りだ。がまんして貰いたい。かく申す拙者は、加賀浪人・前田慶次郎利太、加賀

にある頃は5千石取っていた者だ。仲裁人として不足はないと存ずる。私に任せていただきたいのだ」


さ~て、慶次郎の仲裁で納まるのでしょうか。



昨日は北ノ庄に行って、勝家さんに会ってきました。

このミニチュア北ノ庄城は「大河ドラマ お江」で、チョイ流しをしていましたね。
北ノ庄城

いかちい勝家さんは、いつも怒っています。
柴田勝家

この後、福井城に行きましたが「結城秀康さん」が、泣いていました。


次は、慶次郎さんの故郷、金沢城へ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。


今日は旅先のため、「戦国クイズ」は、お休みにさせていただきます。

                           <参考文献:戦国風流武士 前田慶次郎(海音寺潮五郎暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
旅行中なんですね

楽しいですよね、お城めぐり。

お気をつけて!

まにゅの子 さま

おはようございます!

今日は、富山城を廻って帰る予定にしています。

> 楽しいですよね、お城めぐり。
> お気をつけて!

真夏の城巡りは暑くて大変ですが、楽しい限りです。♪
ありがとうございます!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ