秀康さんが泣いていた「福井城」

『秀康さんが泣いていた 「福井城」』

福井駅前にある「北ノ庄城址」から至近距離にある「福井城」に、8月30日に登城してきました。

1600年に家康の次男である結城秀康が68万石で北ノ庄に入封されると、翌1601年より天下普請による

築城を開始。

fu.福井城 001

1604年に秀康が松平氏を名乗ることを許され、名実共に御家門の居城にふさわしい城となるよう、全国諸

大名の御手伝普請で約6年の歳月をかけて完成しています。

完成した城は2km四方におよび、水堀が囲む本丸には4重5階の天守が建てられていたが、1669年に焼

失し、以後藩財政の悪化や幕府への配慮などから再建されることはありませんでした。

(幕府から再建の許可が下りなかったとの説もあります。)

1624年に福井藩第3代藩主松平忠昌によって、「北」の字が「敗北」にあたり不吉であるとして「北ノ庄」

から「福居」に改名され、さらに後に「福井」と改名される。

さすが天下普請、堀が広大すぎます。
fu.福井城 002 fu.福井城 003 fu.福井城 004

本丸北西隅に天守曲輪と天守台の2段の石垣をついて望楼型4重5階の天守が建てられた。白漆喰総

塗籠の外壁仕上げで、最上重には、外廻り縁高欄と西面に向唐破風があり、元和大坂城天守に見られるような

配置に破風が並べられていたという。

広大な天守台
fu.福井城 006 fu.福井城 008

1669年に焼失した後は、同じように類焼した本丸南西隅の2重巽櫓を3重に再建し天守の代用としている。

古写真では、複合式望楼型で1重目と2重目の窓が上下にあることから、3重5階の櫓であったと見られて

います。

天守
fu.福井城 005

天守台のそばには「福の井」という井戸が残っており、この井戸が「福井」の語源由来となったという

説がある。この井戸には城外へ通じる抜け道があるとの言い伝えがあり、過去に調査がされたそうです。

「福の井」井戸、結果はどうだったのでしょうか…。
fu.福井城 007

本丸跡には福井県庁、県会議事堂、県警察本部などがあり、公園としても整備されている。石垣の一部

崩壊に関して、これら施設の重量のせいではないか、と議論されたています。

膨らんでいる箇所が数箇所あります。
fu.福井城 009

本丸を福井県に攻城され、泣いている「結城秀康公」
左の建物が警察本部、右が県庁
fu.福井城 010
結城秀康公像
fu.福井城 011 fu.福井城 012

この後、金沢城と富山城に登城しましたので、後日、アップしたいと思います。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:源頼朝
伊豆の在庁官人であった政子の父・時政は、平治の乱で敗れ伊豆に流されていた源頼朝の監視役であったが、時政が大番役のため在京中で留守の間に政子は頼朝と恋仲になってしまい、頼朝の正室になっています。

≪本日の問題≫

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメント致します。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
今回の城めぐりが北陸とのことで大変嬉しいです!
私の出身が富山で、現在石川在住ということもあり
次回の記事楽しみ過ぎます!





ともや さま

こんにちは、
いつもありがとうございます。

富山、石川とも歴史の宝庫ですから大好きです。♪
特に、金沢城は行くたびに復元が進んでいますよね。

今回は、尾山神社にも立ち寄ってきました。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ