日本百名城 35 「復元が進む金沢城」

『 280年間の前田氏居城・金沢城 』

日本百名城を廻り始めて3年半、この金沢城には3回目の登城になります。

いつも車での登城でしたが、今回は電車で平成24年8月30日の登城です。

久しぶりの金沢駅ですが、3年後に新幹線が開通するとのことで駅が大きく変わっていました。


【進化する金沢駅】
ズ太い柱は、太鼓の「鼓」だそうです。
ka.金沢駅 001 ka.金沢駅 002


【 百年後を見すえて、復元が進む金沢城 】

加賀一向一揆で支配権を握った本願寺が、1546年に尾山御坊を建てた地に、1580年、佐久間盛政が築城

を開始。


【石川門下の前田利家公】
ka.金沢城 0001

1583年、加賀初代藩主前田利家が能登から入城し、本格的に城造りを開始しています。

1602年に天守閣が落雷による火災により焼失し、その後は江戸幕府への遠慮から再建されていません。

1869年(明治2年)まで加賀藩前田家14代の居城でした。

金沢城は、その後終戦まで陸軍の拠点として用いられ、その後1995年まで金沢大学キャンパスとして利用

されていましたが1996年から金沢城公園として一般に開放されます。

度重なる火災によって消失した金沢城は1999年から復興が開始され、2001年7月に菱櫓・五十間長屋、橋

爪門続櫓が完成しています。

金沢城公園では今後も復元の規模を広げる計画があるそうです。


【菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓】
2001年に120年ぶりに復元された金沢城公園のメインスポット。
長い期間天守閣を持たなかった金沢城にとってはシンボル的な建物であり、現在もその威風には圧倒させら
れます。
ka.金沢城 0002


【海鼠壁】
石川門や五十間長屋などの外壁に見られるモザイク模様の壁。均一に並べられた平瓦を盛り上げられた白漆
喰で接合。
漆喰部分の盛り上がりが珍味として有名なナマコに似ているのでこう呼ばれているそうです。
ka.金沢城 0003


【鉛瓦】
石川門や五十間長屋などの屋根を見ると、雪が薄く積もったように白いですが、これは木の瓦に鉛の板を張
りかぶせているからだそうです。
他の城郭には見られない金沢城の特徴のひとつになっています。
ka.金沢城 0004


【石垣】
金沢城の石垣は全国でも珍しいほど種類に富んでいます。
主な石積みの種類には、「野面積み」・「打ち込みハギ積み」・「切り込みハギ積み」があり、それぞれの場所
の石垣を見比べてみると面白いです。
今回の登城テーマは、この石垣で城内を廻ってみましたので、次回の記事にしていみたいと思います。
ka.金沢城 0005


【石川門】
兼六園から石川橋を渡ると先ずあるのがこの石川門。
重要文化財に指定されている。現在のものは1788年に再建されたもので、重要文化財に指定されていま
す。
今回は修復中でした。
ka.金沢城 0006 ka.金沢城 0007


【河北門】
「河北門」は、金沢城の大手から入り、河北坂を上がったところに位置する「三の丸の正面」であり、金沢
城の実質的な正門です。石川門と同様に枡形門になっています。
前回の登城時には、再建中でした。
ka.金沢城 0013 ka.金沢城 0014


【菱櫓】
名前のごとく、建物の床がひし形(内角が80度と100度)になっています。
大手門の城の表裏を見張るための物見櫓であった。また、天守閣を持たなかった金沢城にとってはシンボル
的な存在であった。
現在の菱櫓は平成13年に復元されたものです。
ka.金沢城 0008


【五十間長屋】
外からの眺めも壮観ですが、この建物は釘やボルトなどを使わない昔の製法で再建されています。もともと
武器などを納める倉庫で、戦争の際には二の丸を守る城壁としての役割を持っていました。
平成13年に復元されています。
ka.金沢城 0009


【橋爪門続櫓】
橋爪門続櫓は二ノ丸大手の橋爪門枡形を見張る物見櫓です。
平成13年に復元されています。
ka.金沢城 0010


【三十間長屋】
1759年の大火で焼失し、1858年に再建された倉庫で、二層二階の多聞櫓です。
防壁の機能を持つ兵器や食料の倉庫です。
国の重要文化財に指定されています。
ka.金沢城 0011


【鶴丸倉庫】
土蔵造2階建の大型土蔵で、武具蔵として使われていました。
城郭内に現存する近世の土蔵として希少な遺構です。
平成20年6月に国の重要文化財に指定されています。
ka.金沢城 0012


城の周囲には、大手堀、いもり堀、百間堀、白鳥堀が存在しましが、現存するのは大手堀のみで、他の3つの

堀は明治時代末から大正時代にかけて埋め立てられ道路などになっています。

このうち、いもり堀は復元作業が行われ、2010年4月に再び水が張られています。


【現存する大手堀】
ka.金沢城 0015


【復元された、いもり堀】
ka.金沢城 0016

今回の登城で、新しく復元された「河北門」と「いもり堀」を見ることがでしました。

金沢市に感謝です!!


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:蒲生秀行
会津若松城には、上杉景勝が120万石で入封。1600年徳川家康は関ヶ原の戦いで西軍に加担した景勝を30万石に下げ、出羽国米沢に移封。翌1601年には、蒲生氏郷の子・秀行が再び入城しています。

≪本日の問題≫


                                          <参考文献:金沢市HP>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・歴史的遺物
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

学生の頃、金沢に行ったことがあります。高校時代の友達が金沢大学の学生だったので遊びに行ったのです。
その時は兼六園は行っても金沢城に行きませんでした。

こうして今日の記事を読むと、いずれ行かねばという思いが強くなりました。

よんちゃん さま

こんにちは、

金沢は総てにおいて進化しておりました。
金沢駅に香林坊、そして金沢城と・・・。

金沢城址には金沢大学が鎮座していたのですが、今や完全に立ち退き
が終わっていました。
最近復元された「いもり堀」は、金沢大学のテニスコートがあった
場所ですね。

ぜひ、久しぶりの金沢を楽しまれてください。☆
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ