前田慶次郎 その43 「上杉軍の撤退作戦」

戦国風流武士 「前田慶次郎」 その43

『上杉軍の撤退作戦』

無念でも残念でも、引き取るより他はないが、それは大変なことである。

退却が進撃よりも困難なことは決まっているが、特に今の場合は味方の勇気が沈着していると反対に、敵方

は勇気百倍になっているのです。

よほどに巧妙な軍配がいる。

直江は諸将を集めて、事情を説明し、こう申し添えた。

「引きあげねばならんが、それでは末代までの恥辱である。されば、明日諸軍を押し出して長谷堂を力攻めに

して、あくまで勇気を敵に示した後、引き上げにかかろうと存じる。各々もひときわ精を出していただきたい。」

各将これを了承し、長谷堂城の最上軍に白旗を振り回しながら、濠まで馬を乗り寄せ大音声で呼びまわる。

「こんどのわれらの出陣は、故太閤の御恩に報いて秀頼様の御奉公のために企てたのでござるが、天運至

らず、上方の味方は打ち負けたとのこと。我々も明日は当地を陣払いして会津に帰ろうと存ずるが、暇乞い

のために一戦つかまりたい。しかしながら、本日は既に日暮れも間近かなれば、明日一戦つかまりたい。」

「仰せの趣承りました。明日の合戦、望むところでござる。はなむけとして、一槍つかまるでござろう」

と、城方は答えた。


長谷堂城攻城
ha.長谷堂城攻撃


翌日、上杉軍は二手に分かれて、一手は伊達・最手勢の押さえとなって菅沢山に残り、一手は直江自ら将

となって城に向った。

城攻めに当たった将士の勢いは烈火のごとく、敵を追いたて二の丸、三の丸に追い込めておいて、さっと引

き、菅沢山の隊とひとつになり、隊を組み直し引き上げにかかった。

一糸乱れない整々たるこの引き上げぶりに最上光義も伊達政宗も

「さすがに上杉家、感にたえた見事さだわい」

と感心して見とれていたが、すぐに

「感心ばかりして追い撃たねば武士の作法でない。それにうわべは落ち着き払って見えても、内心は上方の

敗戦に心臆しているはず。それを追えい!」

と猛追撃にかかった。

sakura 20121003

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:小早川秀秋
家康は内応を約していた小早川秀秋隊が、動かないことに業を煮やして、松尾山に向かって威嚇射撃を加えるように命じる。迷いに迷っていた小早川秀秋は、この家康の督促に意を決し松尾山を降り、ここに小早川隊1万5,000の大軍は東軍に寝返り、東軍の藤堂・京極隊と激戦を繰り広げていた大谷隊の右翼を攻撃しています。

≪本日の問題≫


                           <参考文献:戦国風流武士 前田慶次郎(海音寺潮五郎暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : http://piglet01.blog109.fc2.com/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ