前田慶次郎 その48 「本阿弥光悦と再会」

戦国風流武士 「前田慶次郎」 その48

【本阿弥光悦と再会】

慶次郎は、久しぶりに本阿弥光悦の家を訪れた。

「中納言様の御首尾よろしからぬとか、お気の毒に存じます」

と見舞いを言った。

「残念であります。しかしながら、あれほど思いのままのことをなすったのです。その代価じゃと思えば、いた

し方のないことでありましょうよ」

と、慶次郎は笑った。


最上合戦激戦の地「主水塚」(長谷堂城登城は、別途記事にしたいと思います)
su.主水塚 001


光悦は最上合戦における慶次郎の武功についても、もう知っていて、祝儀を述べた。

「度々の御高名、なかでも須川とやらでの返し口の一番槍のお働きなど、世外のわたくしですら、胸の湧く

ものがあります」

「ほう、これは驚いた。悪事千里ですな」

「加賀の御家中はもとより、この京のお武家仲間でも、大変な評判でございますぞ」

「いや、恥ずかしゅうござる。たかの知れた田舎大名相手の働き、そんなに褒められるより、伊勢物語の研

究を褒められた方が、拙者はうれしゅうござるぞ」

と、慶次郎は笑った。

酒が出て、いろいろな話が次から次へと出た。

「今日はゆっくりなすっていいのでしょうな」

「別段に急いで帰らなければならないこともありません」

「そんなら、少しつき合ってくださいまし」

光悦は奥へ引っ込んだが、すぐ外出の支度をして出て来た。

「さあ、出かけましょう」

「どこへ」

「伏せておきましょう。その方が趣深い。行ってみれば分ります」

と、光悦は笑った。


*山形訪問記は準備ができしだい、慶次郎余生の地・堂森、兼続の足跡、長谷堂城、山形城などをアップ
 したいと思います。


sakura 20121012 001




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:上杉輝虎
初名は長尾景虎。
関東管領上杉憲政から上杉氏の家督を譲られ、上杉政虎と名を改め、上杉氏が世襲する室町幕府の重職関東管領に任命される。後に将軍足利義輝より偏諱を受けて、最終的には上杉輝虎と名乗っています。

≪本日の問題≫


                           <参考文献:戦国風流武士 前田慶次郎(海音寺潮五郎暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ