前田慶次郎 その60 「慶次郎の威嚇」

戦国風流武士 「前田慶次郎」 その60

【慶次郎の威嚇】

翌日、人々は新たな志願者も加えて10人ほどとなって宿舎を出た。

銭湯は神田にあった。

当時の風呂屋は遊楽の場所となっており、単に入浴を楽しむだけでなく、風呂を出ると座敷に通り、適当に

飲食して楽しむことになっていた。

ゆる~い慶次郎
ma.前田慶次郎(ゆる~い慶次郎)

先ず座敷に行って風呂場の様子を聞いてみると、徳川家の武士らが7、8人来て、今ちょうど入ったところで

あるという。他家の武士らがいつもいびられることを知っているらしく、亭主は気の毒そうな顔をしている。

「そうか、そうか、良くわかった」

慶次郎は亭主をさがらせて、

「これからわしが邪魔者どもを追っ払うから、貴殿方は暫くしたら来ていただきたい」

と人々に言っておいて、風呂場に向った。

当時の入浴は今日のように素っ裸で入るものではなく、男は「ふんどし」をしめ、女は湯具を腰に巻いて入っ

ていました。

風呂場の中には先客の徳川武士らが傍若無人の高話と高笑いで鳴りどよめいていた。

慶次郎は「ごめん」とだけ言って、人々の間をおし通って奥に入った。

人々は無礼と咎めるような目つきになったが、ふと慶次郎の腰に脇差があることに気づいた。

割れるような喧騒だったのが、一瞬の間に凍りつくように静まったのに、慶次郎は知らぬ顔で一番奥に背を

もたれ、大あぐらをかいて目をつぶった。

「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ…、ああ、いい風呂じゃ」

と慶次郎は、つぶやいている。

念仏は坊主の頭にいかにもふさわしいが、腰に脇差はなんともいえず無気味だ。

しかし、暫くの静寂の後に人々は、また談論爆笑を始めた。

とたんに慶次郎が、

「むーッ」

とうなった。

人々が凝視して見ると、脇差の柄に手をかけ、片膝を立て、

「むーッ、むーッ、むーッ…」

と続けさまにうなりながら、カッと目を見開き、今にも脇差を抜かんばかりの態勢になっている。

人々は驚きながらも、斬ってかかってきたら、手桶で防いでやるとばかりに手桶のふちを掴んで様子を覗って

いたが、うなりがいつまでも続くので、たまり切れなくなって、ひとり、また一人と風呂場を這い出してしまった。

pig 20121031

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
正解:豪姫
子供のいない秀吉夫妻のために、豪姫を養女にさせています。その豪姫は15歳で秀吉の猶子であった岡山城主・宇喜多秀家の妻として嫁いでいます。

≪本日の問題≫


                          <参考文献:戦国風流武士 前田慶次郎(海音寺潮五郎暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ