将軍が亡くなったら、大奥の側室は?

『将軍が亡くなったら、大奥の側室たちはどうなった?』

徳川将軍が逝去すると、将軍を生前お相手した側室たちは、髪を下ろして棺に毛髪を供えたという。

その後、彼女たちは、それぞれ将軍の位牌を貰って「桜田御用屋敷」に入り、そこで余生を過ごした。

江戸城天守台から見る大奥跡
ed.江戸城 20110306 022

「桜田御用屋敷」は「比丘尼(びくに)屋敷」と呼ばれ、そこでの生活は厳格を極めたという。

衣食住に不自由はなかったものの、朝は将軍の位牌に向って経を唱え、その後は就寝まで古参の尼の監視

下で禁足の一日を過ごした。

外出が公認されるのは正月10日の年賀の登城、御台所のご機嫌伺い、将軍の命日の参拝のみで、物見遊

山は許されなかった。

それ以外には、古参の尼から手渡される「御門切手」がなければ外出はできず、しかも切手は2枚だったの

で、順番を待って交代で外出しなければならなかった。

彼女らがこのような軟禁生活を強いられたには、それなりの理由があったのです。

これはいつなんどき「天一坊事件」のような御落胤事件が起こらないとも限らなかったからです。

この事件は、1728年品川の常楽院に寄宿していた天一坊なる者が、8代将軍吉宗の御落胤と詐称し、時の

町奉行・大岡越前忠相に見破られて、処刑されたという事件です。

つまり落胤を詐称する事件は現実に起こっていたのです。

大奥跡から江戸城天守台を見るpiglet
ed.江戸城 20110306 019

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
正解:前田慶次道中日記
家康への謝罪の上洛から帰路、1601年10月15日に京都を発ってから11月19日に米沢へ着くまでを記した道中日記は、「前田慶次道中日記」(市立米沢図書館蔵)として文中には本人が詠んだ俳句・和歌なども挿入しつつ、道中の風俗を詳しく書き残しています。

≪本日の問題≫


                             <参考文献:戦国武将への大質問(歴史の謎研究会編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ