三成くんの足跡

『三成くんの足跡』

現在、「三成の関ヶ原」という題で、三成くんを記事にしていますので、11月18日に三成くんの生地・長浜と

佐和山城、そして関ヶ原と廻ってきましたので、三成くんの足跡を辿ってみたいと思います。

なお、長浜城と伏見城は以前に登城したものです。


「三成出生の地」
三成は、この地・石田村の地侍とも京極氏の被官ともいわれる石田正継の子として1560年に生まれ、幼名
を佐吉といいました。
mi.三成 001

また近くには付近には、一族と家臣の供養塔が建立されています。
mi.三成 002 mi.三成 003

「観音寺」
三成は10歳を過ぎた頃、学問修業のため坂田郡山東町(石田町との距離は数km)にある観音寺という寺に
入っていました。
mi.三成 004

1574年に豊臣秀吉が近くの長浜城主になり、近所で鷹狩をした折に観音寺へ立ち寄った際に、三成は温度
を変えて3度お茶出した「三碗の才」で出世の糸口を掴んだと言われています。
境内には三成が秀吉にお茶を入れる際利用した「水汲ノ池」が残っています。
mi.三成 005

長浜駅前には秀吉と三成の出逢いを再現した、「殿様と茶を献じる小姓」の像が建立されています。
mi.三成 006


「長浜城」 (平成22年7月18日登城 こちらです。)
羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が、織田信長に仕えて近江長浜城主の時(1574年頃)に、父・兄と共に秀吉に仕
官し、自身は小姓として仕えていました。
mi.三成 013 mi.三成 012


「忍城」 (記事はこちらです。)
小田原征伐では、三成くんは埼玉・忍城を水攻めにしますが、失敗しています。
忍城  001

水攻め 002 水攻め 003


「伏見城」 (平成24年4月6日登場 こちらです。)
指月山に築かれた伏見城に、1594年、秀吉が入城し、秀吉が没した1598年まで、三成はこの城で秀吉に
仕官していまいた。
mi.三成 014 mi.三成 015


「佐和山城」 
三成は、事務的な才能を買われ、25歳の時に従五位下、治部少輔に任ぜられ、豊臣政権5奉行のひとりと
して活躍し、30歳で佐和山10万石(後に19万4千石)の領主となっています。
mi.三成 007 mi.三成 008


「関ヶ原の戦い」 (前回は、こちらです。)
1600年9月15日、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元(実質上は石田三成)を総大将とする西軍の
間で一大決戦が行われ、戦いはわずか一日で実にあっけなく終わっています。
結果は家康が勝利を収め、西軍の首脳は斬首・所領没収・減封などの処分を受け、家康は江戸幕府の開設
へと進んでいきます。
mi.三成 009 mi.三成 010

三成くんは、小早川秀秋の裏切りで惨敗、京都六条河原で刑死しました。
天地人の三成くん(小栗さん)
is.石田三成 小栗006


今回、関ヶ原では西軍の陣所を廻ってきましたので、佐和山城とともに別途、記事にしたいと思います。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:朝倉義景
明智光秀は、道三・義龍父子の争い(長良川の戦い)で道三方であったため、義龍に明智城を攻められ一族が離散したため、その後、母方の若狭武田氏を頼り、のち越前国の朝倉義景に仕えたという。

≪本日の問題≫

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ