三成の関ヶ原 その22 「増田長盛の寝返り」

『増田長盛の寝返り』

上方での動きの第一報が家康のもとに届けられたのは、家康が江戸を出馬する2日前の7月19日であった。

それは大坂城にいた増田長盛が、12日付けで家康の直臣・永井直勝に送った書状であった。

この書状の原本は伝わっていませんが、家康の侍医・板坂ト斎の覚書に掲載されていますので、信頼性が

高いと思われます。

石田三成の兜
is.石田三成 兜

これによると、三成が挙兵出陣について大谷吉継と相談しているといった風説を知らせるもので、5奉行の

一人の増田長盛が西軍側にあって、最も早い裏切り者であったことがわかります。

このために関ヶ原敗戦後も、命を許され高野山に登っています。しかし、大坂陣の時その子・盛次が大坂に

入城したため、切腹を命ぜられています。

家康の会津遠征については、家康の挑発作戦であったとする説が有力、または定説であると思われます。

つまり、家康は会津の上杉景勝を攻めるのが目的でなかった。会津遠征は、“上方で石田三成に兵を挙げ

させるための誘導作戦だった。”というのです。

ならば三成か、若しくは誰か反徳川派の大名が、家康に兵を挙げて挑戦してこなければ、いつまでたって

も家康は天下の政権を我がものにすることできない。

第2案を家康さんに聞いてみたいものですね。

sa-ko 20121226 003

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:下野小山
7月24日、家康は下野小山で、鳥居元忠の急使により三成らの挙兵を知っています。
この後、小山評定が行われています。

≪本日の問題≫


                 <参考文献:石田三成(桑田忠親薯)、大谷吉継と石田三成(工藤章興薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ