三成の関ヶ原 その39 「伏見城の攻略」

『伏見城の攻略』

山城の伏見城は、家康が豊臣家五大老の筆頭として、政務を執っていた根城であったので、守備が厳重を

極めていた。

家康は6月16日(1600年)大坂を発して伏見城に入ると、三河譜代の家臣・鳥居元忠らに命じ、伏見城の

居留守を命じた。

伏見城 (伏見城登城記は、「こちら」です。)
fu.伏見城 002

その後、家康が会津遠征のため東下すると、7月18日になって豊臣家の奉行衆から、伏見城の引渡しを求

めてきた。

西軍の総大将・毛利輝元の命令だという。

しかし、城将の鳥居元忠は

「拙者は徳川のために、この城を守るものだ。他の命令に従うことはできぬ。」

といって、使者を追い返し、家康の側室・侍女などを淀城に避難させて、伏見籠城のための部署を定めた。

城将・鳥居元忠は7月19日、将士を集め

「汝らのうちで、もし命を惜しむ者があったならば、敵軍の包囲に先立って城を出よ。城兵わずか千余人を

もって、何十倍の大軍と戦うには、君恩のために屍を戦場にさらし、武門の亀鑑となる覚悟を定めよ」

と述べて、決別の宴を開き、それぞれの部署につかせたという。

城外に脱出する者は誰もいなかったという。三河武士の根性の強さなのでしょう。

西軍の伏見城攻撃は、この日(7月19日)の夕刻から開始され、21日から烈しさを加えた。

宇喜多秀家の部隊も25日に到着し、寄せ手の諸将の部署を次のとおり決めている。

東方 宇喜多秀家

東北方 小早川秀家

西北方 島津義弘

西方 毛利秀元

このなかで、小早川秀家は近年においては家康の特恩を受けた人物であり、西軍はその去就を疑い試み

に伏見城攻めに参加させたのだという。

sakura 20130122 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:茶の湯
細川忠興は、父・幽斎と同じく、教養人・茶人としても有名で、利休七哲の一人に数えられます。

≪本日の問題≫


                 <参考文献:石田三成(桑田忠親薯)、大谷吉継と石田三成(工藤章興薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

piglet01さん、おはようございます♪

お忙しい中いつもご訪問、温かいコメントを頂き
心より感謝していますe-446v-238

鳥居元忠さんのこと、詳しく知ることができ嬉しいですv-410
関ヶ原決戦までの経緯を少しだけ勉強した時に、鳥居さんは
岩屋城で戦い抜いた高橋紹運さんのイメージと重なりました。
情景が浮かんでくる様です。 
piglet01さん、いつもありがとうございますv-421

さくらちゃん、可愛いですi-176
ヌイグルミのウサちゃんe-391はお友達かなi-236

まーりたん さま

こちらこそ、いつもありがとうございます☆

確かに鳥居さんは、岩屋城の高橋招運さんと重なりますね。
鳥居さんは高齢で、上杉成敗に参加しなくて留守居になったようです。

一度でいいから、戦国の兵にあって会話してみたい感じです。♪
けっして、軟弱になった日本人とは思っていませんが・・・。^^

早く気候が良くなって、城廻りしたいこの頃です。^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ