三成の関ヶ原 その45 「西軍作戦の不統一」

『西軍作戦の不統一』

歴史に“もし”という言葉はないといいますが、仮に朝鮮役の勇将・立花宗茂をも加えた1万5千の大兵が、

西軍の有力部隊として関ヶ原の決戦に参加していたと仮定したならば、東西の勝敗は、あるいは逆転し

ていたかもしれないのです。

毛利輝元(1553-1625年)
mo.毛利輝元 001

家康との決戦を前にひかえて、西軍の有力部隊を裂いて、丹後の田辺城攻めや、近江の大津城攻めを命

じた西軍の総大将・毛利輝元は実に愚将だったと批判されます。

輝元は戦国の英雄・毛利元就の嫡孫ですが、過保護に育ちの凡将であったという。

叔父に吉川春元。小早川隆景という2人の名将がいて、補佐を勤めたので事なきを得たが1586年に元春、

1597年に隆景が死去してからは、輝元の補佐役が吉川広家(元春の3男)と、毛利の使僧・安国寺恵瓊

の両派に分かれ、輝元は恵瓊のいうままに、大坂に入城し、西軍の総大将に祭り上げられていたのです。

輝元を総大将に祭り上げたのは、恵瓊と三成の合作であり石田三成にも責任があるが、三成としても毛利

一族を西軍の味方とするためには、安国寺恵瓊のいうことを聞き入れざるを得なかったのでしょう。

そして、毛利輝元を総大将とすることで、西軍の作戦統一を極めて不統一のものにしたことが、毛利一族

その他の武将の裏切りとはまた別に、西軍の戦力を弱体化させ、敗因の主と思われます。

sakura 20130130 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:柳川城
立花宗茂は柳川城主として13万2千石を領していたが、関ヶ原の戦いで西軍に与したため改易除封となり、この後は、石田三成を捕らえた田中吉政が筑後一国32万5千石を与えられ柳川城となっています。

≪本日の問題≫


                  
                 <参考文献:石田三成(桑田忠親薯)、大谷吉継と石田三成(工藤章興薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もしかして、さくらちゃんは
朝おやつを探すに忙しかったの?
うふふ、そんな訳ないよね
朝はみんな忙しいものね。

あず さま

いつもありがとうございます!

さくらは、いつも腹空かしですから、そうかも知れませんネ。
女の子ですから、朝は身だしなみも念入りにやっています。^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ