「兵法者」 その7

『一流の剣客は人を斬っていない』

一流の剣客は人を斬ったことのない人が多い。

戦国から江戸の初期にかけては、合戦に駆り出されたり、また、仕合が果し合いだから、人を斬っている人も

多いが、それ以降は殆どなかった。

坂本龍馬(1836-1867年)
sa.坂本龍馬 001

太平の時代には、人を斬る場面は4つしかない。

1.上意討ちの場合

2.かたき討ちの場合

3.喧嘩の場合

4.賊に会った場合

喧嘩は問題にならない。

一流の剣客はこちらから喧嘩などしない。吹っかけられたら体よく逃げるでしょう。

賊に会う場合も考えられない。会っても、賊などを働くやつはたいした腕はないに決まっているから、斬らない

でやっつけたでしょう。

かたち討ちの場合は、一流の剣客がそれをしたという例は聞かない。

残るのは上意討ちですが、これは江戸時代初期にはあったが、それ以降はありません。

元禄時代日本一の剣客といわれた、堀部安兵衛の師であった堀内源太左衛門正春も斬ったという話はない。

幕末維新の騒がしい時代となっても、斎藤弥九郎や千葉周作も人を斬っていない。

また、維新志士も一流の人たちは斬っていない。

西郷、大久保、木戸、高杉、武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎などは人を斬っていないのです。

人を斬っているのは、二流の少しと、三流以下の連中だったのです。

sakura 20130614 001

ランキングに参加しています


いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:徳川家光
柳生十兵衛は、13歳の頃より徳川家光の小姓として仕え、十兵衛の父・宗矩が家光に剣術を教える時は稽古に相伴などしていたが、1626年、20歳の時に家光の勘気を被り小田原の阿部正次に一時お預けの身となっています。

≪本日の問題≫


                                 <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

まーりたん さま

まーりたんさん、こんにちは~
いつもありがとうございます!

> 又兵衛さんの益富城は、秋頃に訪ねてみたいなと思ってますv-34

はい、山城は夏は避けるべきです。 過去、ひどい目にあったことがあります。
絶対に涼しくなってからがいいです。

>秀吉さんが、抵抗を続ける秋月氏に舌を巻かせるため築いた
>ハリボテの一夜城e-496に因む祭りが開催されるみたいですしe-225[絵文字:e-26
> 益富城は、遡れば大内氏や大友氏の城でもあったんですね。

もう、益富城を勉強されたのですね。
又兵衛さんが、どんな風景を眺めていたのか行ってみたいです。
いつも城址に立つと、近くの山の稜線を眺めながら、この山を見て
いたのだろうなぁ~。
と足を止めてしまいます…。

> そうe-284e-343、ブログでもご紹介しましたが、天井書画で知られる耶馬溪
> 光円寺の住職さんが、後藤又兵衛さん情報をよくご存じですv-410v-426
> とても気さくで親切な方e-420ですので、伊福の里でもし何か
> お困りの時は、是非頼られてみて下さいe-287e-414

ハイ。
この記事のことはしっかり覚えています。
時間があったら、尋ねてみたいと思っています。

久しぶりの九州を楽しみにしています!!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ