『キリシタン王国を夢見た 大友宗麟』 その13

『弟・義長が滅びる』

陶晴賢に迎えられて、大内氏を継いだ義長(宗麟の弟)の運命が傾き始めたのは、彼が山口に行ってから

3年目の初冬からであった。

この年の10月初めに厳島合戦が行われて、陶晴賢は毛利元就に滅ぼされた。

厳島の戦い(1555年10月16日)
it.厳島神社 002 鳥居

義長は他家から入って大内氏の名跡を継いだため、頼りになる大身の家臣はいない。

自分を迎えて擁立した晴賢だけが支えだったが、その晴賢が倒れたのだから、根を切られた植木のような

存在になってしまったのです。

この後、1年半も保ったというのが不思議なくらいです。

厳島合戦の翌々年の4月初め、毛利の大軍のため義長は長府に逃れ且山城(府中城)に入ったが、また

毛利軍に攻められ長福寺に入って自殺した。

「ひとまず長府に行って篭り、援を豊後の御実家に乞わるべきであります」

と、勧めたのに対して

「とても兄は助けてはくれまい。兄は全九州を征服せんとの野心を持っている。毛利とことを構えることは避

ける筈だ。ここで腹を切ろう」

と言って、なかなか長府行きに同意しなかったという。

sa-ko 20130708 001

ランキングに参加しています


いつも応援ありがとうございます。


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫(7月4日)
正解:ドン・フランシスコ
フラシスコ・ザビエルは、日本に初めて聖教を伝えた人であり、わしが上帝の恵みを受けることが出来るようになったのは、この人のお陰である故、この人に感謝せねばならん。それでこの人の名前を戴きたい。ということで、宗麟の名はフランシスコとつけられたという。
ちなみに、レオンは蒲生氏郷、アウグスティヌスは小西行長です。

≪本日の問題≫


                                  <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ