『キリシタン王国を夢見た 大友宗麟』 その24

『キリスト教国の建設』

日向の伊藤氏は数代前から薩摩の島津氏と攻戦を繰返していた。

最初のうちは伊藤氏の方が形勢が良かったが、次第に島津氏の勢いが良くなり、ついにその全領域を奪わ

れて豊後に来て、宗麟にすがった。

宗麟がキリスト教に入信した前年の12月であった。

宗麟は伊藤氏と姻戚の関係にある。また、当時日向の半分は大友氏の属領であった。

宗麟としては、直接、島津氏と境を接することが不安でもあったでしょうし、後の半分も自分のものにしたかっ

たのでしょう。

「よろしい」

と、承知して、1579年3月、日向に兵を出して島津氏に心を通わしている北日向の土持親成を撃って伊藤

氏の旧領を回復した。

宗麟はこの地方の務志賀(今の延岡市無鹿町)という土地に新都市の建設にかかり、出来上がると、家督

を嫡子・義統に譲って、ここに移った。

ki.キリシタン

宗麟が洗礼を受けて間もなくの時期です。この時、義統も父の勧めによって洗礼を受けています。

西教史では、この新都市のことをこう言っています。

「この都市は国王が余生を平穏に送るためのものであり、住民はキリスト教信者だけにし、ひとつのキリスト

教寺院とひとつの聖教12会友のための家を建て、ここでは日本の法律によらずして、他の法律を以って収

める計画であった。」

つまり、別天地であるキリスト教国を建設する予定であったというのです。

sakura 20130730 001

ランキングに参加しています


いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:総合病院
宗麟は領内に、宣教師が伝えた西洋医学の病院を作り、領民は無料で診察を受けることが出来たそうです。これは日本最初の総合病院と言われています。
大分県庁舎本館前には「日本における西洋外科手術発祥の地」の記念碑が立っています。

≪本日の問題≫


                                <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>

いつもありがとうございます。
コメントを頂ける場合は、半角文字はご使用にならないようお願いします。
特に絵文字など・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ