『キリシタン王国を夢見た 大友宗麟』 その29

『秀吉の九州征伐と宗麟の没』

1587年3月、宗麟は京に入り秀吉に拝謁し、島津家の横暴を訴えた。

「軍勢をお向け下されば、拙者おん先をつかまり、九州御平定のお手伝いをいたすでございましょう」

天下平定は秀吉の素望です。訴えがあろうとなかろうが、九州征伐はやらなければならないと思っている。

「おれは関白じゃ。天下の切り盛りはおれが役目じゃ。よいよい。すぐにやるぞ。その方は帰って支度して待っ

ておれ」

と受け合った。

大友宗麟(1530-1587年)
oo.大友宗麟 001

この時、宗麟は大坂城の壮大豪奢に驚嘆し、また秀吉から黄金製3畳敷きの茶室で茶の湯接待にあずかり、

驚嘆感激して国元に書を送っている。

宗麟はすっかり秀吉信者になって帰国したことはいうまでもありません。

秀吉の九州征伐は翌年行われ、5月8日に島津義久は秀吉に降伏した。

同じ月の23日、宗麟は領内の津久見で没しています。

うらみ重なる島津家の降伏を見て、さぞ満足であったことでしょう。享年58歳。

彼の法名は「瑞峯院休庵宗麟」です。禅宗の法名なのです。

キリスト教の信仰はどうなったのでしょう。

西教史には、彼は篤信なクリスチャンとして死んだと書いています。

宗麟の死の直後は、キリスト教式の葬儀が行われ墓は自邸に設けられたが、後に嫡男・義統が改めて府内

で仏式の葬儀を行い墓地も仏式のものに改めたという。


宗麟公の墓所は、京都大徳寺の塔頭・瑞峯院にあります。 (瑞峯院参拝は「こちら」です。)


大友宗麟は、家督相続した直後に「政道十九条」を制定発布し、領国統治に力を注ぐとともに、南蛮の優れた

文化を取り入れるためにキリスト教を保護し、豊後国を繁栄させた九州の名君だと思います。

要害の城・臼杵城に機会があれば再登城したいと思っています。


長い間、大友宗麟公にお付き合い頂き、ありがとうございました。

次の戦国武将は「軍師・竹中半兵衛」を取り上げてみたいと思います。

pig 20130809 001

ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:豊臣秀長
豊臣秀長軍は、先着していた毛利輝元や宇喜多秀家、宮部継潤ら中国勢と合流し、豊後より日向へ入って縣(延岡市)を経て日向松尾城(延岡市)を落とし、さらに耳川を渡って根白坂(木城町根)に城塞を築いています。

≪本日の問題≫


                                 <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もpigletさんと一緒で毎日が夏休みだよ~(笑)

昨夜の花火は大失敗でした
三脚、レリーズ忘れずに持って行ったけど
残念ながらビルの10階からで鍵が掛ってベランダには出れず、
窓は汚れて不透明窓際には棚があり三脚は設置出来ず、
小さな三脚だと窓枠におけたのに下見不足で残念
綺麗に見えたけど手ぶればかりでした(笑)
来年またチャンスがあればリベンジをしてみたいと思っています。

あず さま

あずさん、こんばんは!

あら、あら、ビルの特等席で花火見物の予定でしたか。
三脚は忘れなかったに、設置できずとは、、

> 綺麗に見えたけど手ぶればかりでした(笑)

手持ちはチョット辛いですよね!
次回は、確実な情報が必要ですね。

来年の楽しみにしましょう!!

☆〇〇〇 さま

いつもありがとうございます!

地元にいると、なかなか気がつきませんよね。

大分は、宗麟公のお陰で戦国時代の宝庫です!
まだ、まだ訪れてみたい所がありますので、大分は再訪
したいところです。☆

宗麟公にお付き合い頂き、ありがとうございました。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ