『天才軍師・竹中半兵衛』 その24

『武の心掛けは、作法より大事』

その2

半兵衛は平生座っている時、たえず足の指を動かしていたという。

また、寒中にもふところ手をせず、よほど寒い時には擦って暖めていた。瞬時の変に応じることが出来る

ためです。

豊臣秀吉(1537-1598年)
to.豊臣秀吉

秀吉の前に待座している時も、足を動かし、左右かわるがわる休めていた。

ある人が、怪しんで問うたところ、

「目上の人の前で、自分の逸楽のために手足をしびれないようにとの心掛けでするのは忠である。武士た

る者が不意のことが起こった際、不覚をとった後で、やれ足がしびれていたとか、手が凍えていたとか言

っても、言い訳になることではない。武士はいかなる時にも武の心がけを忘れてはならない。これさえしっ

かりしているなら、その他の事は少々作法に違っていても構わないものだ」

と答えたという。

(名将言語禄)


sakura 20130918 001


ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:書状を破り捨てた
秀吉が半兵衛の功績に報いるため、加増を約束した書状を渡そうとしたが、「このような物は不用です。もし私の子が自身の不覚悟を忘れ、父にはここまで殿は懇意にされていたのに、なぜ私にはと恨みに思うようなことがあっては災いとなります」と述べて破り捨てたという。

≪本日の問題≫


                                  <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

何とも深いお話ですね

やっぱり物事「筋を通す」のが大切なのでしょうね


足の大きい乙女・・・

いいですよね〜〜(笑)

ねこやすみ さま

ねこやすみさん、こんにちわ~

本当に昔の武士たちは、深い思量で動いていたのですね!

それに比べると、浅すぎて困ってしまいます。><


> 足の大きい乙女・・・

乙女はお蔭様で、健康で2歳になりました♪
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ