FC2ブログ

『天才軍師・竹中半兵衛』 その28

『粗相は家の名誉』


半兵衛が武士としても心掛けを語るような話が、名将言語禄(江戸末期)などにありますので、これを少

し記事にしてみたいと思います。


竹中半兵衛(1544-1579年)
ta.竹中半兵衛 001


その7

ある時、半兵衛が人々を相手に合戦談をしている時、子の左京(重門)が席を立ってよそに行き、しばらく

して帰って来た。

「戦さ物語の途中で席を立つということがあるものか」

と、半兵衛が叱ると、

左京は

「小便にまいったのです」

と言い訳した。

半兵衛は一層腹を立て

「何でその場に垂れ流さぬぞ。竹中の子が武道の話に聞き惚れ、粗相をしてしまったと言われることは、

家の名誉になることぞ」

と、言ったという。

(名将言語禄)


こうして半兵衛の伝記を見てみると、小説で読みより伝記のほうが面白い人物と、その反対の人物とが

あることがわかります。

半兵衛の場合は、伝記よりも小説で読んだ方が面白い人物であることがわかります。

半兵衛の詳しいことが分からないこともありますが、彼の人物の面白さは外見的なところではなく、内面

的なところにあるからなのでしょう。


長い間、竹中半兵衛にお付き合い頂き、ありがとうございました。

次の戦国武将は、「逆臣の武将・明智光秀」を予定しております。


sakura 20130926 001


ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫(9月20日の解答)
正解:松風
前田利家を氷のような冷水風呂に入れて、慶次郎は利家の愛馬松風に乗って国を去ったという。
ちなみに、帝釈栗毛は加藤清正、鏡栗毛は山内一豊の愛馬です。

≪本日の問題≫


                                 <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム