『逆臣の武将・明智光秀』 その7

明智光秀はなぜ謀反したのか。

その真相は闇の中ですが、怨恨説、久しい計画説、危惧説など多くの説があります。この闇の中を一緒に

覗いてみませんか。


『織田信長の危機』

浅井長政は

「あれほど念をおしていたのは、かかることがあってはならぬと思うたればこそのことじゃに、信長め、煮え

湯を飲ましおったか!言おうようなき表裏ものめ!もう縁者とはいわさないぞ!」

と起ち上がって、朝倉家と謀を通じ、信長軍の背後から襲いかかる気勢を見せた。

木下藤吉郎(豊臣秀吉)
to.豊臣秀吉 001

信長は進退両難に陥り、木下藤吉郎(後の秀吉)を殿(しんがり)として残しおき、朽木越えの間道をとって

命からがらに京都に逃げ帰った。

この後、阿波の三好党が本願寺を通じて、浅井・朝倉と通謀して、淀川の下流に城を築き付近の豪族らを

誘い込んで勢いをふるい始める。

比叡山の浅井・朝倉への援助、北伊勢の長島一揆と大厄難となってくるが、朝廷による両軍に和平の仲

裁があり、信長は厄難を乗り切っている。

この和平工作に光秀が動いたとも思われます。

光秀のこの間の働きと功績がどの書にも伝わらないのは、事柄の性質上きびしい秘密のうちに運ばれ、

また後年に光秀が反逆の臣になったので、ことを知る者も事跡を伝えなかったのではないかと思います。


sakura 20131008 001

ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:守護・京極氏を落とした
浅井氏は、下克上によって、直接の主筋で北近江の守護であった京極氏を追い落とし、北近江を領地としています。

≪本日の問題≫


                      <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ