『逆臣の武将・明智光秀』 その9

明智光秀はなぜ謀反したのか。

その真相は闇の中で怨恨説、久しい計画説、危惧説など多くの説があります。この闇の中を一緒に覗いて

みませんか。


『信長の丹波・丹後経略』

1574年には、信長にとって東方が安全になってきた。

信長が最も恐れていた武田信玄が、この前年の4月に没したのです。信玄の死は秘せられていたが、数ヶ

月後には確報として信長の元に届いたのです。

武田信玄(1521-1573年)
ta.武田信玄

引き続いて、朝倉・浅井家も滅ぼしてしまった。

当然、信長の手は西方に伸びます。これまでにも、信長は毛利家の軍勢と戦ってはいるが、それは毛利家

が本願寺の援助をするからやむなく戦ったので、積極的に踏み出して戦うことはなかった。

志はあっても、できなかったのです。

東方が安全になったので、踏み出す時がきたのです。

その第一手が山陰道の丹波・丹後の経略であった。それを命ぜられたのが、光秀と細川藤孝であった。

信長は1574年の正月にこのことを命じていますが、この年には長篠合戦や越前・加賀の一向一揆が勃発

しており、光秀が丹波に入ったのは翌年の冬でした。

丹波の国は丹後と同じく、元来は足利氏の一族である一色氏の領国であったが、戦国の世になると一色氏

は衰えて、丹後の一部分だけを領有し、丹波は一色氏の守護代であった内藤氏に奪われ、内藤氏はまた国

人・波多野氏に勢力を奪われ、わずかに亀山城を保っているという有様であった。


ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。

DSC_0041.jpg

『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:最澄
「延暦寺」とは比叡山の山上から東麓にかけた境内に点在する東塔、西塔、横川など、三塔十六谷の堂塔の総称である。788年に最澄が一乗止観院という草庵を建てたのが始まりで、開創時の年号をとった延暦寺という寺号が許されたのは、最澄没後の824年だそうです。

≪本日の問題≫


                                 <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ