黒田官兵衛は幽閉されていなかった

『黒田官兵衛から荒木村重への書簡の写し発見 本能寺の翌年』


通説では、「織田信長に謀反を起こした村重の説得に訪れた官兵衛は1年間幽閉された。」と伝わります。

しかし、兵庫県伊丹市立博物館は2日、戦国武将、荒木村重(道薫)に幽閉された黒田官兵衛が、後に村重

に送った書簡の写しが見つかったと発表しています。

この書簡は、幽閉から4年後の手紙ですが、文面からは親しげな関係がうかがえ、研究者は「幽閉は過酷な

ものではなく、2人は変わらずに親しい関係だったのでは」と分析しているそうです。

黒田官兵衛(1546-1604年)
ku.黒田官兵衛

当時、官兵衛は秀吉の配下で、茶人となっていた村重は茶道を通じて秀吉との関係を深めていた。書簡は、

村重から光源院の領地問題の相談を受けた官兵衛が返書を出し、これを村重が書き写し、交渉が順調だと

伝えるために光源院に送ったものだという。

「秀吉様のお考えどおりに間違いのあるわけがありません」と秀吉をたたえる言葉や「姫路へのお供をされ

るのであれば、この地へお出(い)でになるだろうと存じていたところ、お出でになられず、とても残念」と再

会できなかったことを惜しむ文がつづられいるという。

黒田官兵衛が荒木村重(道薫)に宛てた書状の写し(相国寺光源院所蔵)
ku.黒田官兵衛書簡
<クリックで拡大>

神戸女子大の今井修平教授(日本近世史)は「文面からは遺恨は感じられない。茶人となった村重が政治

に関与し、秀吉の下で力を合わせて政策を実現しようとする2人の関係を示す貴重な資料だ」と評価してい

るそうです。

(毎日新聞電子版 2013年12月03日)


来年の大河ドラマはどう展開するのでしょうね。



ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:観音寺城
安土城は六角氏の観音寺城を見本に総石垣で普請された城郭と言われ、ここで培われた築城技術が安土桃山時代から江戸時代初期にかけて相次いで日本国中に築城された近世城郭の範となっています。

≪本日の問題≫


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

智謀の士

こんばんわぁー(*´∀`)b

また興味深い書簡ですねー♪

とかく…知恵がまわって野心的で自信家でアクの強い?
描かれ方をしている気がする黒田官兵衛ですが…
実際はどうなんでしょうねー(*´∀`)>

徳川政権下では、アクの強い豊臣恩顧の先代と…
従順な当代の長政って感じで、より親幕府色の印象付けのような気もします…。

茶人でキリシタン…
意外と…高山右近みたいな爽やかな人柄だったのかもー!?

歴史って楽しいねー☆

Soive さま

Soiveさん、こんばんわ~♪

本当に歴史に詳しいですね☆

興味深い、書簡が見つかってしまいましたね~

> とかく…知恵がまわって野心的で自信家でアクの強い?
> 描かれ方をしている気がする黒田官兵衛ですが…
> 実際はどうなんでしょうねー(*´∀`)>

はい、ハイ、そうなんです。
もし、本当であると官兵衛さんへの評価が変わってしまいますね。
通説では、彼の後半の人生は劣悪の幽閉からスタートしていますから、
認識を変える必要があるのかもしれませんね。

秀吉が恐がったくらいですから、相当な巧妙家であったことは舞い違い
ないのでしょうね。
九州の関が原の戦いを契機に、全国制覇も視野にいれていたみたいですから・・・

> 意外と…高山右近みたいな爽やかな人柄だったのかもー!?

右近さんは恵まれていないから、結構スキですよ☆


> 歴史って楽しいねー☆

わからないことだらけですから、自分で思考できるところがいいですよね!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ