【加藤清正】 その9

『秀吉の九州平定』


賤ヶ岳合戦の後、清正は物頭となり鉄砲5百挺、与力20名を預けられから、以後は部隊長としての働きとな

った。

この時、清正は主計頭(かずえのかみ)に任官したという。

秀吉と徳川家康・織田信雄との合戦、すなわち犬山城攻めや小牧合戦にも相当な手柄を立てているが、特別

に目立つことはなかった。

この小牧合戦の時、清正は26歳であった。

犬山城 (犬山城の登城記は「こちら」です。)
in.犬山城 001

3年後に九州征伐がありますが、この時は諸大名だけが戦闘して秀吉の本隊は全然戦闘はしていないから、

清正も戦闘はしていません。

九州平定の後、秀吉は肥後を佐々成政に与えた。

佐々は以前、柴田勝家を中心とするアンチ秀吉党の有力メンバーであり、勝家の敗死後も頑強に抵抗し、勢い

窮してついに秀吉に屈服した男です。

本来なら首を刎ねられても不思議でなかったのを、秀吉は助命して越中新川の一郡だけを与えてお伽衆(話し

相手)としていたのです。

この時、すでに秀吉は外征の志があったので、その先鋒に佐々を用いる気持ちがあったのではと思われます。

後に佐々の後任として肥後を半国ずつ貰った清正と小西行長がともに朝鮮入りの先鋒をうけ賜ったことから、

そう考えられます。

外征には兵糧と費用が莫大に必要になり、先鋒部隊であれば一層必要となります。

肥後は天下の美国であるから、十分にそれに耐え得るのと見たのでしょう。九州征伐の途上、秀吉は肥後の

八代から毛利輝元にあてた書状に肥後の豊かさに感嘆しています。

「こんな国は今まで見たことない。老後はこういう国に隠居したいものだ」

と書いている。



ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。


pig 20131229


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:秀吉と親友であったため
茂山に布陣していた柴田側の前田利家の軍勢が突如戦線離脱しています。
その理由は諸説ありますが、秀吉とは信長の部下時代からの親友であったが、勝家とは主従関係にあったこと、この相関関係に耐えきれなかったことが一番有力な説といわれます。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

犬山城址

きゃきゃ(人'▽`)

犬山城址だわぁー♪

ご老人達が…普通に天守の周りを歩いてたのに…
高所恐怖症の私は半周がいっぱいいっぱいでした(泣)

城下町の雰囲気も鵜沼方面の手付かずな感じも好きですわ♪

時間が許せば伊木山も登ってみたかったなぁー☆
高所恐怖症だけどね(笑)


清正公も好きな武将なので楽しく拝見してますょ♪

No title

おはようございます。
この一年 ありがとうございました。
良い新年を。   ごろぉ

Soive さま

こんにちわ~

現存城はいいですよねー☆

> 高所恐怖症だけどね(笑)

同じく高所恐怖症ですから、いつも遠くばかりみています(´ω`)

> 清正公も好きな武将なので楽しく拝見してますょ♪

ありがとうございます!
本多忠勝みたいに理知的でないところが、戦国武将らしくて
いいですね♪

ごろぉ さま

こんにちわ~

こちらこそ、ありがとうございました!
来年も素敵な絵をみせてください。

よい新年をお迎えください☆
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ