【加藤清正】 その14

『天草伊豆守の支援』


清正は陣取りした後、小西行長の陣所に行って城攻めの相談をし、ついでに

「貴殿のご人数は少ないようでござる。拙者の手の者をお貸し申そう」

と、15百人を小西陣営につかわした。

加藤清正(1562-1611年)
ka.加藤清正 002

間もなく本戸(本渡)城主・天草伊豆守が、両方面から志岐城後ろ巻の兵をつかわした。

その一手は木山弾正という勇士が大将となり、弓3百張、歩行の兵2百の合計5百人を率いてやって来て、清正

の陣所に向かい合った山に陣取り、もう一手は天草主水という者が大将として7百の兵を率いて来て、小西の陣

所に相対する山に陣取った。

天草勢は日時を合わせ三面から合撃して、小西、清正の討ち取る計画で、城中にもこの計画は伝えてあったが、

城中では小西によって吹き込まれた和平待望の気分が尾を引いて、兵士たちの心が決戦にまとまらず、はっき

りした返事ができないでいた。

「かような計は即時に決するようでなければ、ことは成らぬものじゃ。城中の様子心もとない。未練を残さず帰

って、籠城の用意などしようばい。」

と、天草主水は引き上げてしまい、木山弾正だけが残った。

木山弾正は天草一の猛将です。堅い決心を持って本戸(本渡)を出て来ている。主水の退陣をこころともせず、

清正の陣所を見下ろす山に上がって陣を張った。


ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。


sakura 20140112


『戦国クイズ』


≪前回の解答≫
正解:国府山城
秀吉を播磨に進駐させた孝高は、一族を父の隠居城である市川を挟んで姫路城の南西に位置する国府山城に移らせ、居城であった姫路城を秀吉に提供しています。

≪本日の問題≫


                                     <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメ さん

少し復活されて、よかったです!!

寒いですから、お互い注意しましょうね。^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ