【加藤清正】 その16

『一番隊の敗走』


木山弾正は、激しく弓隊に指図して矢を射かけた。

精兵どもが3百張の弓で射るので、一番隊の3千人は立往生し物陰にすくんだ。

清正は一番隊に下知した。

「清正ここにあるぞ、昨夜も申したるごとく見物の桟敷を前にしての合戦なり、臆病は見苦しいぞ、ただ押し上れ」

しかしながら、乱れ立った軍の常です。聞くには聞いても、体が動かない。

清正は腹を立ててくやしがり、傍にいる家臣どもに

「先勢敗軍の様子であるが、ここでわれらが手で追い返して討ちとうろう」

いきり立っているところに、一番手の者どもが逃げ帰ってきた。

見ると、その中に、昨夜大言した南部無右衛門がいる。

清正は怒って

「無右衛門きたなし! 昨夜の大言はどうしたぞ!」

と恥しめると、無右衛門ははっとした様子で

「南無三! かかる筈ではなかった!」

と言うなり、引き返して、エイエイ声を上げて上って行った。

そこに味方の勇士が重傷を負い、家来に助けられながら退却してくるのに、敵が大勢追いかけて来ていたので、

無右衛門はその中に躍り込み槍を振るったが、また退却してきた。


出陣前に清正が予想したとおりになったのです。

テレビ・映画で見るのと違い、「恐くなると逃げる」 このような戦いの展開が普通だったのでしょうね。


ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。


pig 20140114


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:75%余
1588年当時、天草は人口3万の2/3にあたる2万3千がキリシタンであり、60人余りの神父、30の教会が存在したという。
志岐氏の所領である志岐には宣教師の要請によって画家でもあるイタリア人修道士(イルマン)ジョバンニ・ニコラオが派遣され、ニコラオの指導下で聖像学校が営まれ、油絵、水彩画、銅版画が教えられ聖画・聖像の製作、パイプオルガンや時計などの製作が行われていたそうです。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは〜!

1日寝ていたら、だいぶよくなってきました^^;

コメントくださって、ありがとうございます♪

孫が、産まれるまでは、この歳で「ばぁば」とか呼ばせない!!
と思ってたんですが、
実際、産まれてみると、可愛くて可愛くて・・・
「ばぁば」だろうと「ばぁちゃん」だろうと、
呼び方なんて、どうでもいいって感じでした。

まわりの方の方が、戸惑われます(笑)

りん さま

こんばんわ~

回復されて来ているようでよかったです!

> 孫が、産まれるまでは、この歳で「ばぁば」とか呼ばせない!!

でしょうね^^

> 「ばぁば」だろうと「ばぁちゃん」だろうと、
> 呼び方なんて、どうでもいいって感じでした。

わかる気がします^^
近くにいると、可愛さも倍増しますしネ☆

体調を完全に復調されてください!!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ