【加藤清正】 その30

『慶長の役』


清正は秀吉の目通りを遠ざけられて邸に蟄居していたが、20日ばかり後に慶長伏見大地震があり、この地震

で伏見城が倒壊し、清正が秀吉を助け出す一幕があって勘気赦免となった。

伏見城 (伏見城登城記は「こちら」です。)
fu.伏見城 001

余震がまだ止まぬ深夜の庭上で清正を見た秀吉は涙を流したと言うが、幼い時から手塩にかけた清正が数年

の異国の帯陣でやせ黒ずんだうえに、この頃の蟄居の心労で一層やつれているのを見ては、時も、時であり終

生心の温かさを失わなかった秀吉としては、最もありそうなことです。

これから間もなく、秀吉は大坂城で明の講和使を引見したが、その講和条件の中に彼の要求が全く認められて

いないばかりでなく、日本にとって最も屈辱的なものであることを知った秀吉は激怒して、使節を追う返し2度目

の朝鮮役が起こっている。

2度目の朝鮮役は1度目(文禄の役)と違って、日本軍は明の大軍に押され気味で、朝鮮南部の近海にしかい

ることができなかったが、それでも蔚山(うるさん)の籠城戦と四川の合戦は見事な戦いであったという。

この蔚山の籠城戦の立役者が清正であった。


ランキングに参加しています


いつもありがとうございます。


pig 20140204


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:福島正則
豊臣政権の五奉行は、司法担当:浅野長政(筆頭・甲斐甲府22万石)、行政担当:石田三成(近江佐和山19万石)、土木担当:増田長盛(大和郡山22万石)、財政担当:長束正家(近江水口5万石)、宗教担当:前田玄以(丹波亀山5万石)の5人です。

≪本日の問題≫


                                     <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ