【知将か表裏比興の者か真田昌幸】 その19

『北条氏の信濃進出・その1』

昌幸が上杉家に帰服して間もなく、北条氏直が4万5千という大軍を率いて、碓井峠を越えて乗り込んで来た。

これまた信州の諸豪

「われらが母は武田信玄の娘である。つまり、われらは信玄の孫である。皆々われらに隋身すべし」

と通達した。

北条氏直(1562-1591年)
ho.北条氏直

信濃の諸豪らは板挟みになった。

彼らにとって義理も理屈もない、家の保全があるだけです。この点では昌幸も同じです。

そこで、上杉・北条の勢力比べが始まった。

どう考えたって、これは北条氏のほうが強かったのでしょう。

上杉方は謙信の死後は強いといっても末勢の感がまぬがれなかったが、北条氏は早雲以来の古い家柄であり、

関東の大部分と伊豆を領有しているし、直近では滝川一益を撃破して、その武力は決して衰えていないとこを示

していた。

昌幸らの信州豪族らは、相談の結果、北条氏に帰服することにした。

この帰服にあたって、高坂源五郎はわざと海津城に止まることにした。北条・上杉両軍の決戦が始まった場合、

裏切りする計略だったのです。

ところが、この計略が上杉方に漏れたので、景勝は高坂を斬ったのです。

北条方ではこれを夢にも知らない。

上杉と決戦すべく、昌幸らを先鋒として川中島に進出してくると、景勝は高坂の首を北条の陣に送りつけた。

氏直は驚き恐れ、戦わずして退いた。

以上は、真武内伝の説ですが、他の説もあります。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


sakura 20140403


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:魚津城の戦い
1582年、織田軍は越中を完全に制圧(魚津城の戦い)して上杉氏は窮地に立たされるが、6月2日、信長が本能寺にて自害(本能寺の変)したために織田軍の北征は頓挫し、上杉家は九死に一生を得ています。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ