【知将か表裏比興の者か真田昌幸】 その27

『不識庵(謙信公)以来の弓矢に傷がつく』

昌幸は家康から命令に対し、これを昌幸は拒絶し、先年家康から貰った起請文を送り返した。

同時に越後の上杉家に使者を馳せて

「先年一旦貴国に服属しながら、中途にして志を変じたことは、誠に申し訳なきことでござった。斬鬼骨を

刺す思いでござる。何とぞお許しいただきたい。ただ今われら上州沼田のことで、徳川家と弓矢におよぶこ

ととなりました。伏して願わくは貴国の武威をかりて、この危難をまぬかれて家運をひらきたく存ずる。もし

嘆願を聞き入れ給うて御救援をたまわるならば、愚息・源次郎(幸村)に軍兵100騎差添えて御城下に遣

わします。御家来の端に加えていただき、ことある際には御先手を仰せつけられならば、幸いこの上はご

ざらぬ。」

と申し入れ、誓書を持たせてやった。

春日山城の謙信公 (春日山城登城記は「こちら」です。)
ka.春日山城 01 小

上杉景勝は昌幸を憎んでいたが

「真田が往年の反覆は憎いが、今の危難はあわれじゃ。家を保つためにあるいは降伏し、あるいは他家の

助けを借りるのは、小身な武士にはありがちなこと。昔のことを穴ぐり立てることはすまい。また真田が無勢

を侮り、徳川の大軍を恐れる故、助けてやらなんだと世に取沙汰されては、不識庵(上杉謙信)公以来の当

家の弓矢に傷がつく。助けてやろうぞ」

と、6千5百余の兵を助勢として送った。

これは真武内伝が伝えるところですが、景勝は謙信の弓矢の骨法を誠によく伝えています。

上杉氏2代、悪く言えば少年小説じみた。

誉めて言えば、男性的爽快さにあふれた父子であった。

2人は実の父子ではありませんが、叔父・甥の関係です。

好感は持てますね! 遺伝なのでしょうか。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20140418


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:織田信雄
小牧・長久手の戦いは1580年に、羽柴秀吉陣営と織田信雄(徳川家康支援)の間で行われた戦いで、当時は長久手ではなく長湫と表記されていたそうです。
実質的には、秀吉Ⅴs家康です。

≪本日の問題≫


                                      <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

有難うございます。

こんにちは~ご訪問くださり有難うございますm(__)m

☆~(^_^)v

よっこたん さま

こんにちわ~

こちらこそ、コメントまで頂きありがとうございます。

よかったら、また遊びにこられてくださいm(^д^)m

ありがとうございます。

こんばんわ~
いつもご訪問頂き感謝ております。
こちらにも近いところでは丸亀城があります。
歴史には弱いですがお城は好きでワン連れてお散歩
にいきます。
又宜しくお願いいたしますm(__)m

よっこたん さま

おはようございます!

丸亀城は石垣がすばらしいお城ですね♪
城跡で散歩できるワンちゃんは、幸せ者ものです^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ