【知将か表裏比興の者か真田昌幸】 その29

『昌幸の策略』

3日間が過ぎて、城内から使者が来ていう。

「御厚情により掃除はすでに済みましたが、家来どもの妻子を路頭に迷わせては、安房(昌幸)生涯の恥辱

でござる。いず方へなりとも安堵いたすよう引取らせたいと存ずれば、とてものお情けにて、今3日お待ちく

ださるまいか」

なるほど安房ほどの者、郎党どもを哀れむ心の厚いことではある。これを許さぬは武士の情けを知らぬとい

われよう。

上田城
ue.上田城 20100626 003

それでは徳川武士の恥と、また待つことにした。

その2日目の夜から天が曇って、夜が明けてもなお陰雲がこめている。

これは信州で「峡雲(さいぶり)」といっている特殊な気象現象で、里には降らないが奥山では大雨が降ってい

て、その水が昼頃に千曲川支流・神川に洪水となって流れて来る。

「しめたな!」

ほくそえんで、昌幸は寄せ手の陣に使者を遣わす。

騎馬の使者は、馬を陣頭に乗り付けるや、大音声に

「先日申し送りましたように、家中の者どもの妻子を引き取りくれるように方々へ頼みつかわしたのでござる

が、徳川殿のおん敵となったる者の家族なれば引取ることはかなわぬと、いずれも申し引取ってくれませぬ。

今はもう致し方なくござれば、主従城を枕に討死いたす覚悟をきめ申した。各々方お手柄にお攻め下さるべし」

と呼ばわり捨て、一目散に逃げかえった。

徳川方は驚き怒り、逆上した。

「憎っくき、真田め!」

合戦の相談もせず、われ先にと駆け出して行った。

昌幸は足軽を少し前に出して鉄砲を撃ちかけた。

徳川勢は怒り心頭している。

ものともせず、追いたて、追い立て城に迫る。

小川があったが、瞬間もためらわない。一気に渡って真一文字に大手の町口に乗り入ってきた。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


千曲川要害(今は公園)から攻めるPiglet
ue.20100529 上田城 002


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫ (4月22日の問題)
正解:千曲川
上田城は、千曲川の断崖を利用し南側が最も天然の防御力が強く、当時の情勢から東(徳川氏)からの攻撃を想定した城と言われます。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ