【知将か表裏比興の者か真田昌幸】 その51

『戦争には強かった昌幸』

昌幸は評判ある武将ですが、それほどの人物であったと感じられない。

執念深くて、領土に執着の強かったことは無類であったこと。また、利にさとくて反覆の人であったことも多く

記事にしました。

真田昌幸(1547-1611年) (真田昌幸の墓参りは「こちら」です。)
sa.真田昌幸 002

信義の観念など感じることができないのです。

しかし、戦争には強かった。徳川家の大軍を上田の小城によって前後2回とも散々に打ち破っていますが、

知将であるとは思えない。

第一には当時の心ある武将なら皆が予測していた石田三成の挙兵を全然予知できないで、なぜ前もって知

らせなかったといって三成に怒っている点を見ても、そうとしか思えません。

軍略にはたけていても、大きい意味での知略の人ではなく、人物としての局も小さかったと思われます。

大策士は意外とさらさらしているものです。

黒田官兵衛の生涯を見ても、竹中半兵衛の生涯を見ても、日常の行動、とくに晩年の風趣のすがすがしさは

異なるものがあります。

かれらの本懐が策を楽しむものにあって、物質欲や権勢欲にはないからでしょうか。

昌幸には風趣が全然見られません。先祖の墓があるとウソを言って名胡桃を取り留めたことなど、在郷武士

の執拗強情がむき出しで、垢抜けしないことおびただしいものです。

彼の評判のよさは、豊臣家の最期を飾って悲壮な死をとげた次男・幸村の名声の反映が大きいと思われま

す。


幸村という名は信用できる文献には出てきません。

信繁です。幸村が通用になっていますので、この名を使っています。


長い間、真田昌幸にお付き合い頂き、ありがとうございました。

次の戦国武将は、「中国の覇者 毛利元就」を取り上げてみたいと思います。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


sakura 20140610


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:米沢城
伊達政宗は、1567年9月5日出羽国米沢城で生まれ幼名は梵天丸で、1577年に元服して伊達藤次郎政宗と名乗っています。

≪本日の問題≫


                                      <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

地元の郷土史家の皆様は、
圧倒的に依田信審>>>>>>真田昌幸ですね。

上田市は再来年に向けて盛り上がり凄いです。

K2 さま

訪問&コメントありがとうございます。

大河ドラマは「真田丸」のようですから、三谷幸喜さんに期待ですね!

> 上田市は再来年に向けて盛り上がり凄いです。

上田でのロケもたくさんあるといいですね☆
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ