中国の覇者「毛利元就」 その3

『元就は尼子氏に属する』

一方の尼子氏は近江の佐々木氏の一族で、出雲守護代として出雲に来ていた家です。

一度、家が滅んで出雲から姿を消していましたが、経久の代にどこからか帰って来て、遺臣らを集めて家を

回復しています。

尼子経久(1458-1541年)
am.尼子経久01

この人はなかなかの豪傑で、僅かの間に非常な勢いとなり、山陰諸国はもとより山陽の諸国にかけて、その

傘下に収める大勢力となっています。

このように大勢力が対立している場合、その間に存在する群小豪族はあわれです。

どちらかに所属しなければ存立を保つことは出来ないのですが、どちらを選択するか、随分難しかったので

す。

芸州、石州、備後等の豪族らはそれぞれに利害をはかり比べて所属を決めたが、概ね石州と備後の連中は

尼子の旗風になびき、芸州は北部と東部とは尼子、西南部は大内に属しています。

吉田は中部にありますから、両勢力の境目です。

元就は尼子に所属しています。

多分、“大内氏は古い家柄だけに諸事大様であるが、尼子氏は新興の家だけに諸事辛辣猛烈である。尼子

に属しなければ、危険が目前である”

と、思案したのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


sakura 20140618


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:謀神
毛利元就は、小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大、中国地方の覇者となり「謀神」などと後世評されています。
彼は用意周到かつ合理的な策略及び危険を顧みない駆け引きで自軍を勝利へ導く稀代の策略家として名高いようです。

≪本日の問題≫


                                      <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ