中国の覇者「毛利元就」 その6

『間者を利用する元就』

元就の領地拡大に対し、尼子氏は元就征伐にかかります。

当時の尼子氏の主は、経久の孫・晴久です。

3年前に、尼子氏の家来で内別作助四郎という者が吉田に来て、元就に目通りを求め

「尼子晴久は、拙者のわずかな過失を怒り、拙者も伝来の所領を没収して、国を追い出しました。行きどころ

ないままに、以前お知り合いをいただいたのを頼りに、ご当家を頼ってまいりました。お召し使いいただくて」

と、嘆願した。

「そなたは筆が上手であったな。よくぞまいった。よしよし、召し使ってやるぞ」

元就は機嫌よく受け入れて、右筆にした。

尼子晴久(1514-1561年)
am.尼子晴久

人々は、右筆は機密のことを知りやすい職分でござる。罪を償って尼子に帰参しなくても内通するかも知れま

せぬ。かねてのご明知にも似ぬことを遊ばすと、諫言しましたが、

元就は

「内別作が律義者であることは、わしは昔から知っている。心配いらぬぞ」

と、退けて、益々信用したという。

いよいよ尼子氏が押し寄せることが近づいて来ると、度々重臣らと軍議を開いたが、軍議の度に元就は言っ

た。

「尼子が本陣を冑山にとってくれたらしめたものじゃ。わしは甲立の宍戸安芸守と示し合わせて南北から攻め

上がって尼子晴久を討取ることが出来る。しかし、三猪口に陣取られ、周防からの通路を絶ち切られたら、運

命窮する。一応、山口を頼って落ち、大内家の軍勢を繰り出してもらって奪還を図るより他はない。今は運を

天に任せて、尼子が三猪口に陣を取らぬように祈るほかはない」

すると、尼子勢の到着が一両日にせまり、城中ひしめき合っている最中、内別作は出奔した。

人々は騒ぎ立て、元就、それごらんなされよと言う。

元就は笑って

「これで第一段は旨く行ったのじゃよ。わしは敵が冑山に陣取り、真上から城内を見下ろす位置に立ったらど

うしようぞ、心配していたのじゃ。三猪口も急所ではあるが、冑山に陣取られるよりもいいわい。内別作が敵

の間者であることを、わしが知らいでか」

と説明したので、人々は驚いたという。

尼子勢は攻め寄せて来たが、元就は巧妙な戦をしたので尼子勢は攻めあぐんだ。

9月初めから12月初めまで、3ヵ月に渡って善戦し少しも屈しなかったのです。

12月初めに大内軍1万が陶(すえ)晴高らを大将として来たので、尼子方はどうにもならず、10数日の後、折

からの大雪を幸いとして、対陣し国もとへ引き取った。

これは元就の最初の大難であったが、人は生涯のうちで何度か大難に合い、それを打開する度に大きくなると

いいます。大をなす人物は大飛躍の好機到来として勇敢にしてこれにあたり、元就もこの大難を見事に跳ね飛

ばすと、勢力は飛躍的に伸び、もはや芸州内に敵対する者は一人もいなくなった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


sakura 20140625


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:周防
大内氏は、周防国府の介を世襲した在庁官人から守護大名、そして戦国大名へと成長し、周防・長門、石見、豊前、筑前各国の守護職に補任されたほか、最盛期には中国地方と北九州の6か国を実効支配しています。

≪本日の問題≫


                                 <参考文献:乱世の英雄(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(*^^*)

ですよねぇ(*´ω`*)

大難を撥ね飛ばしてこそ成長するんですよね

私も頑張ります<(`^´)>

あんまり白くなってるようには見えませんね(笑)

たけぞう さま

たけぞうさん、いつもありがとうございます。

大難は跳ね飛ばすことができたら幸いですけど、

押しつぶされないように、なるだけ避けて通りたいものですね^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ